Sponsored Link

ラージョ戦先発が予想されたヘタフェ柴崎岳、結局は起用されず…5試合連続で出場機会なし

1
21日のリーガ・エスパニョーラ第9節、ヘタフェは敵地バジェカスでのラージョ・バジェカーノ戦に臨み、2-1の勝利を収めた。先発での出場も予想されたMF柴崎岳は、結局出番がなかった。

直近の3試合でベンチ外だった柴崎だが、このラージョ戦ではMFポルティージョが出場停止であったために右サイドで先発する可能性が予想されていた。しかし蓋を開けてみれば、4試合ぶりのベンチ入りこそ果たしたものの、右サイドハーフとしてスタメンに名を連ねたのはMFディミトリ・フルキエで、日本代表MFの出番は最後まで回ってくることはなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000025-goal-socc

日本人対決は実現せず…植田が失点に絡んだセルクル・ブルージュ、アザール弟投入も2-4完敗

1
[10.21 ベルギー・リーグ第11節 アンデルレヒト4-2セルクル・ブルージュ]

ベルギー・リーグ第11節が21日に行われ、DF植田直通の所属する暫定10位セルクル・ブルージュは敵地でMF森岡亮太所属の同4位アンデルレヒトと対戦し、2-4で敗れた。植田は3試合ぶりにスタメン出場し、90分間プレー。森岡は前節に続いてベンチ外だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-03291506-gekisaka-socc

酒井&伊藤はともに先発…ハンブルガーSV、ボーフムとスコアレスも4戦負けなし

1
[10.21 ブンデスリーガ2部第10節 ハンブルガーSV0-0ボーフム]

ブンデスリーガ2部第10節が21日に開催され、MF酒井高徳とMF伊藤達哉が所属するハンブルガーSVがボーフムをホームに迎え、0-0で引き分けた。酒井は先発フル出場を果たし、同じく先発出場した伊藤は後半18分に交代している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-03293716-gekisaka-socc

先制点お膳立ての堂安律、バー&ポスト直撃シュートなど存在感発揮も…フローニンゲンは勝利ならず

1
日本代表MF堂安律の所属するフローニンゲンは21日、エールディビジ第9節でヘラクレスと対戦した。

ここまで5勝1分け2敗で4位につけるヘラクレスと、同1勝1分け6敗で17位と苦しむフローニンゲンが激突。日本代表戦から戻ってきた堂安はトップ下で出場した。

■試合結果
ヘラクレス 4-1 フローニンゲン
■得点者
ヘラクレス:ダルマウ(25分、46分)、クワス(78分、90+2分)
フローニンゲン:マヒ(14分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00010016-goal-socc

ネイマール温存のパリSGが怒涛の開幕10連勝、あと1勝で5大リーグ開幕連勝タイ記録に

1
[10.20 リーグアン第10節 パリSG 5-0 アミアン]

フランス・リーグアンは20日に第10節を行い、パリSGはアミアンと対戦。5-0で勝利し、リーグ戦全10試合で連勝を継続させた。

パリSGはFWネイマールを来週行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のために温存。FWキリアン・ムバッペやFWエジソン・カバーニ、MFアンヘル・ディ・マリアが3トップで前線に並んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-03263977-gekisaka-socc

モウリーニョが激昂!両軍入り乱れる騒動に…「私もキャリアを通じてたくさん過ちを犯してきた」

1
マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が激昂した。試合終了間際に追いつかれたからではない。チェルシーのコーチが彼に何らかの言葉を口にしたようだ。

20日、ユナイテッドはスタンフォードブリッジでチェルシーと対戦。先制点を許しながらも、FWアントニー・マルシャルの2ゴールで逆転に成功したが、後半アディショナルタイムにMFロス・バークリーに劇的な同点ゴールを決められ、2-2で引き分けに終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-03254525-gekisaka-socc

モナコ、アンリの初陣飾れず…川島永嗣が初ベンチ入りのストラスブールに敗戦

1
リーグ・アン第10節が20日に行われ、モナコはアウェイで川島永嗣の所属するストラスブールと対戦し、1-2で敗れた。ティエリ・アンリ氏を新監督に迎えたモナコだったが、黒星発進となっている。また、今シーズンよりストラスブールに加わった川島は、移籍後初のベンチ入りを果たした。

開幕9試合を終えて1勝3分け5敗の勝ち点「6」で18位に低迷するモナコは、レオナルド・ジャルディム監督を解任し、アンリ氏が新たに指揮を執る。不振脱却を図りたいところだったが、先手を取ったのはストラスブールだった。17分、アドリアン・トマソンが先制点を挙げ、モナコの出鼻をくじく。早く追いつきたいモナコだが、ストラスブール守備陣を前に1点が遠い。すると、84分にはストラスブールが追加点をゲット。2点差をつけられたモナコは後半アディショナルタイム1分にユーリ・ティーレマンスが1点を返すも、反撃はここまで。ストラスブールが2試合ぶりの勝ち点3を手にした一方、モナコは9試合勝ちなしとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00850830-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ