Sponsored Link

ケルンのエースに退団の可能性?本人残留希望もSDは「魅力的なオファーが来たら…」

1

ケルンに所属するアントニー・モデストは来季もチームに残るかどうかまだ決まっていないようだ。

現地時間20日に行われたブンデスリーガ第34節でケルンはマインツと対戦し2-0で勝利を収めた。この結果、クラブは5位となり来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010032-footballc-socc

勝ち点106、無敗優勝達成のセルティック指揮官「もう二度と起こらないだろう」

1

20日と21日にスコットランドのスコティッシュ・プレミアシップ第38節が行われ、2016-17シーズンの全日程が終了。圧倒的な強さを見せたセルティックが無敗優勝を達成し、チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が喜びを語った。イギリス紙『テレグラフ』が伝えている。

セルティックは今シーズンから就任したロジャーズ監督の下、快進撃を続け、4月3日の時点で8試合を残してのリーグ制覇を決めていた。しかし優勝決定後も気を緩めることはなく、勝利を積み重ね、12日に行われた第36節のアバディーン戦も3-1で勝利を収めると、ついに勝ち点は「100」の大台に到達。最終節のハート・オブ・ミドロシアン戦でも2-0で快勝し、最終的には34勝4分無敗、勝ち点「106」という驚異的な数字でシーズンを締めくくった。2位のアバディーンとは勝ち点30差と、大差がついている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00590923-soccerk-socc

カンテがプレミアリーグ年間MVP受賞…PFA、FWA最優秀賞に続き個人3冠達成

1

チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、プレミアリーグ年間最優秀選手賞にあたる、EAスポーツ・プレイヤー・オブ・ザ・シーズンに選ばれた。21日、プレミアリーグの公式サイトが発表している。

同賞はファンの投票と記者の投票とを合わせて、受賞者を決定。今シーズンのプレミアリーグで目立った活躍をした8選手がノミネートされ、リーグ優勝したチェルシーからはカンテの他、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタ、ベルギー代表MFエデン・アザール、2位のトッテナムからはイングランド代表MFデレ・アリ、ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲン、得点王に輝いたイングランド代表FWハリー・ケイン、エヴァートンからは得点ランク2位のベルギー代表FWロメル・ルカク、アーセナルからは得点ランク3位のチリ代表FWアレクシス・サンチェスが候補に挙がっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00590894-soccerk-socc

鳥栖がベアスタ満員に挑戦…観客が自由に金額を決める“値段のないチケット”販売

1

サガン鳥栖は、27日に行われる2017明治安田生命J1リーグ第13節の北海道コンサドーレ札幌戦にて、「第1弾 一夜限りの『値段のないスタジアム』チケット販売」を実施する。

22日にクラブ公式サイトで発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00591132-soccerk-socc

ハメスの“マンU行き”にPSGが横槍?移籍成立の鍵は来季CL出場権の有無か

1

レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍が濃厚と伝えられているが、ここにきてフランスのメガクラブが横槍を入れる可能性が浮上している。スペインのサッカーメディア「ドン・バロン」が報じた。

ジネディーヌ・ジダン監督の下では出場機会が限られているレフティーには、今夏去就問題が浮上している。なかでも有力なのはプレミアリーグへの参戦で、大手ブックメーカーの「ラドブロークス」と「スカイ・ベット」は、ハメスのユナイテッド移籍実現に対する今後の入札を停止。もはや賭けにならず、事実上の決定事項と判断されるほどだ。)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010024-soccermzw-socc

去就注目のシメオネ監督が残留宣言…「このクラブには未来がある」

1

リーガ・エスパニョーラの第38節が21日に各地で行われ、アトレティコ・マドリーは本拠地であるビセンテ・カルデロンでの最終戦でビルバオに3-1で勝利した。試合後に行われたセレモニーではディエゴ・シメオネ監督から“残留宣言”も飛び出した。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 3-1 アスレティック・ビルバオ
【得点者】
1-0 8分 フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)
2-0 11分 フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)
2-1 71分 イニャキ・ウィリアムス(アスレティック・ビルバオ)
3-1 89分 アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-01639988-gekisaka-socc

Jリーグ電撃復帰も?山田大記がカールスルーエ退団を発表…「あっという間の3年間」

1

ドイツ2部カールスルーエSCの元日本代表MF山田大記が22日に自身の公式フェイスブックを更新し、今季限りでの退団を自ら発表した。4月29日のカイザースラウテルン戦で1-3と敗れ、無念の3部降格が決まった後、「この悔しさを、経験や学びという言葉で片付けてしまいたくはないので、時間を掛けて、しっかりと向き合いたい」と語っていた山田だが、退団という決断を下した形だ。

カールスルーエはドイツ2部最下位でシーズンを終え、山田は「シーズンが終了しました。ただただ悔しかったシーズン。色んなことを感じ、色んなことを学びました。チームは3部に降格が決まり、多くの選手がチームを離れます。僕自身もチームと話し合い、3年間過ごしたこの地を離れることになりました」と報告。山田は14年7月、25歳の時にカールスルーエに移籍し、今季で在籍3シーズン目を迎えていた。14-15シーズンには1部との入れ替え戦に山田が先発し、2戦合計2-3とあと一歩のところで昇格を逃した悔しい経験もしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010026-soccermzw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ