Sponsored Link

「カフーになれる」英代表の先達が三笘薫に翻弄された後輩を熱烈指導!W杯欠場もポジティブに「キャリアで最良の6週間となるかも」

1
元イングランド代表のガリー・ネビル氏が、批判の的となっているトレント・アレクサンダー=アーノルドに助言を送った。英紙『Daily Mail』が伝えている。

今月7日に24歳の誕生日を迎えるアレクサンダー=アーノルドは、下部組織からリバプールのトップチームに昇格以来、正確無比な右足を武器にアシストを量産。超攻撃的SBとして名声を高め、同ポジションの第一人者である元ブラジルのカフー氏も「ここ数年の進歩は素晴らしく、間違いなく世界最高の右サイドバックの1人だ」と絶賛していた。

しかし今シーズンは、チームの調子が上がらないなかで、度々守備の脆弱性が槍玉に。先日のブライトン戦では三笘薫に翻弄され、現地メディアからは「アーノルドの悲惨さは守備の観点から再び悪化した。ミトマがドリブルで彼を葬った」と報じられるなど、カタール・ワールドカップ(W杯)行きも危うい状況となっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b9168817fc9a5fced874aab70619d201f13f76a
このエントリーをはてなブックマークに追加

森保監督が明かしたMF遠藤航の症状 DF板倉滉、FW浅野拓磨はW杯に間に合うと強調

1
森保ジャパンで不安視された故障禍は11月開幕のカタールW杯までに払しょくされそうだ。

日本代表の森保一監督(54)が4日、欧州視察や代表活動などを終えて帰国し、成田空港で取材に応じた。11月1日に発表されるW杯メンバーについて「大体固まっている。改めて一から考えるということではないので、大枠としては決まっている」と、選考が詰めの段階に入っていると説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/124fae2fe9644516716f661d506406be6fb73af8
このエントリーをはてなブックマークに追加

高卒でリーガ挑戦の勝島が久保建英と2ショット! ファン「身長高っ」「背伸びた?」「歳上に見える」

1
ジローナに所属するFW勝島新之助がソシエダの日本代表MF久保建英とのツーショットを披露し、ファンの反響を呼んでいる。

久保は2日にアウェーで開催されたラ・リーガ第7節ジローナ戦(○5-3)でスタメン出場し、後半40分にダメ押しの5点目を奪取。開幕戦以来となる今季2ゴール目を記録し、ソシエダの公式戦3連勝に貢献した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d20439c4a194d1a071715c6fab1f338b7357164b
このエントリーをはてなブックマークに追加

「なぜ代表に呼ばないのか」古巣から技あり決勝弾の森岡亮太、4戦3発で森保ジャパン入り待望論

1
現地時間10月2日に開催されたベルギーリーグの第10節で、森岡亮太が所属するシャルルロワが、アンデルレヒトと敵地で対戦。1-0で勝利を飾った。

この試合で、古巣から決勝点を奪ったのが森岡だ。65分、ボックス内で左サイドからマイナスのクロスを受けると、合わせるようにして左足で絶妙のコントロールショット。見事にネットを揺らしたMFは、古巣へ敬意を表し、両手を上げて喜ばないポーズを取った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e607f845c729d9e1aa1708c69591defaa5968dd5
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸ボージャン、日本の風情あふれる美しい景観に感動「曲がっても折れない竹のように」

1
J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが自身の公式SNSを更新。京都・嵐山の名所を訪れ、日本の風情あふれる「竹林の小径」に感動した様子を見せ、「曲がっても折れない竹のように」とすっかり心を奪われたようだ。

現在32歳のボージャンは2021年8月に神戸へ加入。9月5日のJ1リーグ第24節サンフレッチェ広島戦でJデビューを飾り、10月2日の第31節浦和レッズ戦で移籍後初ゴールをマークするなどフィットし始めた矢先、同24日の第33節名古屋グランパス戦で負傷して離脱を余儀なくされた。

Jリーグ1年目を6試合1ゴールで終えたなか、今季は開幕戦から出場。コンスタントにプレーしていたものの、7月13日の天皇杯ラウンド16(対柏レイソル)で膝を負傷し、全治約12週間の左膝内側半月板損傷と診断され、スペイン・バルセロナで手術も行った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d0d13c34e31f05c84812fd8e3e04c50cdfed12b7
このエントリーをはてなブックマークに追加

クロップ監督、本領発揮できないFWヌニェスの適応に言及「昨日、長く話をした」

1
リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、レンジャーズ戦を前にした記者会見に出席し、今季加入したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスについてコメントした。3日、クラブが公式サイトで伝えている。

4日にチャンピオンズリーグのグループステージ第3節レンジャーズ戦を迎えるリヴァプールのクロップ監督は、前日記者会見に姿を見せ、いまだ本領発揮とはいかないD・ヌニェスに言及。今夏ベンフィカから高額の移籍金で加入したものの、ここまでプレミアリーグでは4試合出場で1ゴールにとどまる23歳のストライカーについて、チームへの適応は問題なく進んでいると口にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/164542f62e3891c954f224d6638e731f84eb707a
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨季ブンデス8ゴールの“古都のネイマール”はどうなる まさかの3部降格を心配する大低迷に

1
昨季はシャルケとブレーメンがブンデスリーガ2部からの昇格を決めることになり、やはり伝統と力のある両クラブは1部の舞台がふさわしい。

代わりに1部から降格してきたのは、グロイター・ヒュルトとアルミニア・ビーレフェルトだ。当然彼らが狙うは1シーズンでの1部復帰であり、アルミニア・ビーレフェルトには26歳の日本人MF奥川雅也がいる。京都サンガで活躍してきたことから古都のネイマールとも呼ばれる2列目のテクニシャンで、昨季はブンデス1部で8ゴールと結果を残していた。実力的には1部でプレイすべき実力者と言える。

しかし、1部から降格してきた両チームに元気がない。グロイター・ヒュルトは17位、アルミニア・ビーレフェルトは2勝2分6敗で最下位の18位とかなり苦いスタートだ。昇格どころか、3部への降格を心配しなければならない位置だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b63cc67ceb1fa3d6ff9c0b8b11894bc4534fac63
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ