Sponsored Link

負傷明けの武藤嘉紀が45分間出場も…清武不在のセビージャがマインツ撃破

1
FW武藤嘉紀が所属するマインツが28日、今季からMF清武弘嗣が加入したセビージャと練習試合で対戦。清武は怪我の影響によりメンバー外となったが、マインツの武藤はベンチ入りを果たした。

【スコア】
マインツ 0-1 セビージャ
【得点者】
0-1 58分 セルヒオ・エスクデロ(セビージャ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00010000-theworld-socc

新サプライヤーはJAKO!レヴァークーゼンの2016-17新ユニフォーム

1
ここ10年のブンデスリーガにおいて、バイエルン・ミュンヘンに次いで安定した成績を収めているといっても過言ではないバイアー・レヴァークーゼン。特に過去7シーズンは、毎年のように指揮官が代わりながらいずれも5位以内の成績を収めており、昨季も3位に入った。

ロジャー・シュミット体制3年目を迎える今季、主力の一人だったクリストフ・クラマーがボルシアMGへ移籍したものの、同じ守備的MFのユリアン・バウムガートリンガー(マインツ)を獲得。そして、昨季17得点のチチャリートがマンチェスター・ユナイテッドへ帰還した前線には、ドイツ代表のケヴィン・フォラント(ホッフェンハイム)を補強した。

http://news.livedoor.com/article/detail/11820988/

規律違反のサコを“追放”したクロップ「彼がどう反応したかは内緒」

1
リバプールのユルゲン・クロップ監督がチームの規律に違反したDFママドゥ・サコをアメリカツアー中のチームから“追放”したようだ。英『ミラー』などが伝えた。

プレシーズンのアメリカツアー中のリバプールだが、サコは三度も練習へ遅刻。そのため、指揮官はイングランドの自宅へ帰らせたようだ。今後はチームがアメリカツアーを終えての帰国後、サコと今後についての“面談”を行う予定だという。

クロップ監督は「深刻なことではない」と言いつつも、「彼は飛行機が出発する時間にも間に合わなったし、練習も欠席した。しかも食事にも遅刻してきた」と険しい表情。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-01629706-gekisaka-socc

今季は欧州の舞台で“奇跡”を…ヴァーディ「CLでプレーするのが楽しみ」

1
レスター・シティは27日、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと2020年までの4年契約を結んだことを、正式に発表した。

ヴァーディは昨季、11試合連続ゴールのプレミア新記録を達成するなど、24得点を記録。プレミアリーグ年間最優秀選手賞、イングランド・サッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手賞と個人で2冠に輝いていた。そのため、アーセナルへの移籍が噂されたが、6月23日に契約延長を発表。EURO2016後のオフを過ごしたのちに新契約に正式にサインした。

http://news.livedoor.com/article/detail/11820483/

リベリ、グアルディオラの指導に苦言…「経験が不足している」「話が多過ぎ」

1
バイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の退団を惜しんでいないようだ。マンチェスター・シティへと向かった指揮官について「経験が不足している」と苦言を呈している。

元フランス代表MFは先日、ドイツ『キッカー』でカルロ・アンチェロッティ新監督の下で「やっと信頼を感じることができている」とコメントした。前監督については直接言及しなかったが、相性がそれほど良くなかったことをうかがわせていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/11820633/

ミラン監督の言葉に潜む本田復活のキーワード…「自己犠牲精神」

1
日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、現地時間27日にアメリカのイリノイ州シカゴでインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のバイエルン・ミュンヘン戦に臨んだ。試合は3-3で90分を戦い終えると、PKスコア5-3でミランがドイツ王者バイエルンを下している。本田は後半17分から出場。得点には絡まなかったものの、PK戦では1人目のキッカーを務めてきっちりと成功させた。

本田は右ウイングで躍動した元スペイン代表FWスソの二番手という位置付けになったが、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は試合後、本田復活のキーワードとなる言葉を発している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」電子版が報じている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160728-00010013-soccermzw-socc

香川アシストも…ドルトムントはシティにPK戦で敗れる

1
インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2016の中国ラウンドが28日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとマンチェスター・Cが対戦した。

ドルトムント、マンチェスター・C、マンチェスター・Uの3クラブが参加している中国ラウンド。ドルトムントは初戦でマンチェスター・U相手に4-1と快勝した。一方、マンチェスター・Cは24日にマンチェスター・Uとのダービーに臨む予定だったが、天候不良の影響で中止となっている。

【スコア】
ドルトムント 1-1(PK:5-6) マンチェスター・C
【得点者】
0-1 79分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
1-1 90+6分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00473406-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ