Sponsored Link

インテルがセリエA屈指のSB獲得に失敗…今後の動向次第では長友放出の動きが加速も

1
日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、リーグ屈指のサイドバック獲得に失敗した模様だ。

インテルが獲得を狙ったのは、ナポリのアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイだという。ヒサイの母国アルバニアのメディア「Sportekspres」は、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンとインテルから寄せられたヒサイ獲得への動きに対し、ナポリが「ノー」の返答をしたとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010012-soccermzw-socc

砂浜でロナウジーニョにボールを蹴らせると、これくらいのことはやってくれる

1
どんな時でも華麗なテクニックとユーモア溢れるプレーでファンを楽しませてくれるロナウジーニョ。

サッカー選手としては2年ほどクラブに在籍していない形になるが、それでもその技術は錆びつくことがない。

このほど、自身のTwitterにこんな映像を投稿していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13388268/

「あれは僕の直感だ」…ピケが“ネイマール残留”投稿の真相を語る

1
バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが自身のTwitterでの投稿内容の真相を語った。26日付でアメリカ紙『ESPN』が伝えている。

インターナショナル・コンチネンタル・カップのマンチェスター・U戦を控えたトレーニングを前にアルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノと共に、ピケは記者会見に参加した。

会見で自身の“ネイマール残留”投稿についての真意を問われると、「あれは僕の直感だよ。彼は僕だけでなく、彼といい関係にあるチームメイトには自分の状況をきちんと説明しようとしている」と、クラブの公式な発表ではなく自身の“直感”だと語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00617693-soccerk-socc

柴崎岳が加入したヘタフェとは?現地記者が紐解くレギュラーになるためのコツ

1
イベリア半島の中央に位置し、フットボールとラグビー、そして女子バスケットボールが盛んな町。守護聖人はビルヘン・デ・ロス・アンヘレス。スペイン空軍にとって重要な軍事エリアであり、マドリーでも有数の工業地帯。そしてスペインで有数の教育レベルを誇るカルロス三世大学のキャンパスがある。

柴崎岳が挑戦の地に選んだヘタフェは、そんなところだ。

おそらく、日本の皆さんにとってあまり馴染みのない場所だろう。思えば2008年、バイエルン・ミュンヘンのフランツ・ベッケンバウアー会長はUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)でヘタフェとの対戦が決まった際、「どこにあるんだ?」と中傷めいた冗談を飛ばしたものだ。なお、ヘタフェは皮肉を吐いた会長のチームに敗れたものの、120分に渡る死闘を演じた。ヨーロッパがヘタフェを知った瞬間だったと言っていい。

あの時のベッケンバウアーのように、日本の人々はヘタフェを知らなかったかもしれない。しかし、それもこれで終わりだ。柴崎の加入は、日本人が「Getafe(ヘタフェ)」を覚える最高の機会になるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000004-goal-socc

スペインでの1年半で“引き出し”を増やした鈴木大輔「一皮も二皮もむけたい」

1
スペイン2部のヒムナスティックで1年半を過ごし、間もなく3シーズン目を迎える鈴木大輔。在留邦人もほとんどいないタラゴナの街で、彼は通訳もつけずに孤軍奮闘している。

スペインでの生活を通じて彼は何を感じ、選手として、一人の人間として、どのように成長しているのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00616939-soccerk-socc

香川真司、浴衣姿や入浴シーンを披露「日本の良さ、文化を世界に発信したい」

1
日本代表の香川真司が出演する宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」のブランドムービーが26日に公開された。

今回、Relux公式アンバサダーに就任した香川は、長年の海外生活で、日本の持つ魅力や観光資源の潤沢さを認識。「日本の良さであったり、文化であったりというのがよりしみて、日本にはこういうものがあるんだというものを、世界の人たちに僕自身発信できたらいいなと」とコメント。シーズンオフの旅行を通じて、「衣・食・住」にまつわる日本の文化を世界へ発信したいという思いを抱いていたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00617543-soccerk-socc

バルサ、コウチーニョ加入が個人合意? 現地報道、移籍金104億円超か

1
今夏の移籍市場でMFの補強に照準を定め、パリ・サンジェルマン所属のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティや広州恒大に所属するブラジル代表MFパウリーニョを新戦力候補に挙げているバルセロナだが“ある選手”の加入決定が近づいてきているのかもしれない。

地元・カタルーニャ州のラジオ局『RAC1』が25日に報じた内容を、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00617646-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ