Sponsored Link

マンUサポ、レアル次戦で「ロナウド帰ってこい」バナーを提出か


2

マンチェスター・Uの一部のサポーターが27日に行われるレアル・マドリードの次戦、リーガ・エスパニョーラ第6節ビジャレアル戦で「COME HOME RONALDO」というバナーを飛行機で飛ばす可能性があるようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が24日に伝えている。

同紙によると、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの古巣復帰を願い、今回の計画を企てているサポーターたちは、世界中のマンチェスター・Uファンへ向けて計画実行のための寄付を募集。すでにアラブやエジプトなどのMUSC(マンチェスター・U公認サポーターズクラブ)と共に、バナーを飛ばす準備をしている模様だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00235675-soccerk-socc

小野裕二が3シーズン目にして移籍後初ゴール!スタンダールが2部チームに勝利


1

[9.24 ベルギー国内杯1回戦 ヘイスト0-3スタンダール・リエージュ]

ベルギー国内杯は24日、各地で1回戦を行った。日本代表GK川島永嗣とFW小野裕二の所属するスタンダール・リエージュは敵地でヘイスト(2部)と対戦し、3-0で勝利した。先発フル出場した小野は、後半41分に移籍後初ゴールを挙げ、勝利に大きく貢献した。川島はベンチ外だった。

2013年1月に加入した小野は、翌13-14シーズン直前のプレシーズンマッチで左膝靱帯断裂により負傷離脱。復帰まで6か月との報道もあったが、公式戦への出場がないままシーズンを終えた。今季は先月20日に行われた欧州CLプレーオフ第1戦ゼニト戦でベンチ入りを果たすと、プレーオフ第2戦で今季公式戦に初出場していた。大きな怪我を乗り越えた小野にとってうれしい移籍後初ゴールとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00139481-gekisaka-socc

清武&酒井宏フル出場のハノーファーが3位浮上、ケルン大迫は途中交代


1

[9.24 ブンデスリーガ第5節 ハノーファー1-0ケルン]

ブンデスリーガは24日、第5節2日目を行い、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーはホームでFW大迫勇也、MF長澤和輝の所属するケルンと対戦し、1-0で勝った。清武はトップ下、酒井は右SBでともにフル出場。大迫は今季初めて1トップで先発したが、無得点のまま後半13分に交代した。長澤は欠場している。

ハノーファーは前半5分、MFジミー・ブリアンのシュートのこぼれ球をFWホセルが押し込み、先制点。開幕から4試合連続無失点を続けてきていたケルンだが、365分目にして今季初失点を喫した。

大迫は移籍後初めて1トップで先発したが、なかなかいい形でボールが入らず、前線で孤立。決定機のないまま後半13分という早い時間での交代を強いられた。結局、ケルンは最後までゴールを奪えず、3試合連続の無得点。0-1の零封負けで今季初黒星となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00139478-gekisaka-socc

細貝、原口フル出場のヘルタ、カルーの決勝ゴールで今季初勝利


3

<ブンデスリーガ:ヘルタ1-0ウォルフスブルク>◇24日◇ベルリン

MF細貝萌、FW原口元気が所属するヘルタは、ホームでウォルフスブルクを1-0で下し、今季初勝利を挙げた。

前半35分、右サイドで相手ボールを奪ったDFヌジェングがクロス。これを中央でフリーとなったFWカルーが難なくヘディングシュートを決め、これが決勝点となった。細貝は右ボランチ、原口は左MFでともにフル出場した。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1-0 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 35分 サロモン・カルー(ヘルタ・ベルリン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00000012-nksports-socc

香川、クロスバー直撃のシュートも…酒井高フル出場のシュツットガルトとドロー


1

[9.24 ブンデスリーガ第5節 ドルトムント2-2シュツットガルト]

ブンデスリーガは24日、第5節2日目を行い、MF香川真司とMF丸岡満の所属するドルトムントはホームでDF酒井高徳所属のシュツットガルトと対戦し、2-2で引き分けた。香川、酒井はともにフル出場。前節・マインツ戦でブンデスリーガデビューを果たした丸岡は2試合連続でベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00139477-gekisaka-socc

シャルケSD「ピッチ上、一番輝いていたのは内田」


1

ホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)は試合後、2月以来となるクラブの公式戦に出場したDF内田篤人を褒めたたえている。

「私にとって、ブレーメンとの試合で一番輝いていたのはアツトだったね。試合前には、必ずしもこうなると期待することはできなかった。7カ月以上の離脱から、これほど強力なプレーを見せてカムバックできたのは、我々全員にとって本当に素晴らしいことだ。次の仕事に向けての希望になる」

シャルケは27日に行われる次節でボルシア・ドルトムントをホームに迎える。MF香川真司が復帰した宿敵との「ルールダービー」で、2012年4月の試合以来となる内田と香川の激突が実現するかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00000031-goal-socc

U-19代表に南野ら23人…南野「与えられた場所で100%の力を出す」


1

日本サッカー協会は24日、U-19アジア選手権(10月9日開幕、ミャンマー)に臨むU-19日本代表のメンバー23人を発表した。日本代表入りも狙える位置にいるC大阪FW南野拓実(19)らが選出された。

1次リーグC組に入った日本は10月9日に中国、同11日にベトナム、同13日に韓国と対戦。各組2位以上が準々決勝に進み、準決勝に進出した4カ国がU-20W杯ニュージーランド大会(15年5月30日開幕)の出場権を獲得する。日本は3大会連続で本大会出場を逃しており、鈴木政一監督(59)は「3大会(U-20W杯に)出られていないので、この年代の世界大会の経験は大きい。日本のサッカーをやった上で結果を出したい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140924-00000070-nksports-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ