Sponsored Link

最新FIFAランク、日本は48位にダウン アジア最上位から陥落


1

1: 真・ソニック ◆zRjjuglb6U @S_SONICφ ★ 2013/11/28(木) 20:53:18.32 ID:???0
FIFAランク、日本は48位にダウン アジア最上位から陥落

国際サッカー連盟(FIFA)は28日付の世界ランキングを発表し、日本は前月の44位から48位に下がり、アジア最上位の座を45位に上がったイランに奪われた。その他のアジア勢では、韓国が54位、オーストラリアは59位とそれぞれ2つ順位を上げた。

1位スペインから4位コロンビアまでは変わらず。ポルトガルが前月14位から5位まで大幅にアップ。ベルギーは5位から11位までランクを下げた。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/11/28/kiji/K20131128007100200.html

スルツキ監督「決定機を逃したミスで本田を批判するのは愚かだろう」


1

1: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/11/28(木) 15:08:58.53 ID:???0
CSKAモスクワは27日、チャンピオンズリーグ・グループD第5節でバイエルン・ミュンヘンと対戦し、ホームで1-3と敗れた。レオニド・スルツキ監督は、決定機を逃したMF本田圭佑を批判することはできないと話している。

1点ビハインドで迎えた後半序盤、本田は何度か訪れたチャンスを決めることができなかった。その後チームが追加点を許すと、PKで1点を返すことに成功したが、すぐに3点目を奪われて万事休す。本田のホームでのラストゲームは、王者相手の黒星に終わった。

スルツキ監督は試合後の会見で、次のように話している。

「本田がPKを蹴ることは試合前に決めていた。(セイドゥ・)ドゥンビアと(ラスムス・)エル ムがいなかったからだ。彼がチャンスを逃したことはまったく関係ない」

「(決めていれば)本田が今夜のヒーローになれたかもしれないのは確かだ。だが、ミスで彼を批判するのは愚かだろう。小さいからと子供を批判するようなものだ。彼はゴールを決めたいと願ったが、決まらなかったんだよ」

一方、ロマン・ババエフGM(ゼネラルマネジャー)は、夏に本田をミランに放出しなかっ
たことについて、このようにコメントしている。

「ミランが提示していたよりも、CLでより多くの資金を得られると考えたからだ。だが、主な要因は、交渉がもっと礼儀正しくなされるべきだったということだよ」

「もちろん、CSKAは本田の代役を探す。だが、新しい選手たちのすべてがまだそのポテンシャルを完全に発揮しているわけではないことも考慮しないとね。彼らの成長ぶりを見てみなければいけない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000005-goal-socc

ルーニー「香川はファンタスティック」


1

1: レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/11/28(木) 15:04:29.53 ID:???0
マンチェスター・Uのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、チームメートである日本代表MF香川真司のプレーを称えた。クラブ公式HPが伝えている。

ルーニーは、27日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節のレヴァークーゼン戦にフル出場した香川について「ファンタスティックだ。彼のような選手がいるのはチームにとって良いこと」とコメント。さらに「シーズン序盤は出場機会に恵まれていなかったけれど、今日の彼は素晴らしい」と称賛した。

また、レヴァークーゼン戦で4得点に絡む活躍を見せ、5-0の勝利に貢献した自身のプレーについて、ルーニーは「チームスポーツだから、チームメートのゴールをサポートできるのは嬉しいよ」と述べ、満足感を示していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00151291-soccerk-socc

大宮、小倉監督が今季限りで退任へ…後任にはスロベニア人監督をリストアップ 関塚隆氏、三浦俊也氏の名も


1

1: 大梃子φ ★ 2013/11/28(木) 13:18:35.91 ID:???0
大宮の小倉勉監督(47)が今季限りで退任することが27日、分かった。クラブは、今季後半戦の低迷から脱却を図るため、同監督と来季の契約を更新しない方針を固めた。ある幹部は、監督人事に「まだ何も決まっていない」と話したが、すでに本人に通告しており、J1最終節となる12月7日の湘南戦(BMWス)が最後の指揮となる。

大宮は今季前半戦に21試合連続負けなしのJ1新記録を達成するなど、一時は首位に立ったが、日本代表がコンフェデレーションズ杯に出場した6月のリーグ中断明けから失速。8月には5年ぶりの5連敗を喫し、ベルデニック前監督を解任した。岡本武行GM(45)が暫定的に1試合を指揮した後、テクニカルディレクター(TD)だった小倉監督が就任したが、その後も調子は上向かず、リーグ戦11試合で1勝10敗など、チームを立て直すことはできなかった。

後任監督は未定だが、複数の関係者によると、来季のチーム残留が決定的なノヴァコヴィッチ、ズラタンの両FWとコミュニケーションを図れる同じスロベニア人監督をリストアップし、調査を進めている段階だという。退任する小倉監督は来季、再びTDとしてチームに残る可能性がある。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20131127-OHT1T00269.htm

香川真司はフル出場、マンU5得点でレヴァークーゼンに圧勝でCL決勝T進出決定


1

1: ◆HABUTAw6RU @川 ’ー’川φ ★ 2013/11/28(木) 06:35:20.18 ID:???0
13/14 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 第5節

 レバークーゼン(ドイツ) 0-5 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
0-1 バレンシア(前22分)
0-2 オウンゴール(スパヒッチ)(前30分)
0-3 J・エバンス(後21分)
0-4 スモーリング(後32分)
0-5 ナニ(後43分)
◇ マンUの香川真司はフル出場

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2014/matches/live/day=5/session=2/match=2011823/

レコンビン、残留直談判!ベトナム帰国し自ら移籍元クラブと交渉へ


1

1: 睦月φ ★ 2013/11/27(水) 21:38:14.48 ID:???0
J2コンサドーレ札幌FWレ・コン・ビン(27)が、来季残留を直訴する。明日28日、来日中のトゥイティエン夫人(28)とベトナムへ帰国することが26日分かった。当初は12月2日に再開するチーム練習に参加予定だったが、札幌側が期限付き移籍元のソンラム・ゲアンと続けている契約延長交渉が進まないため、来季も日本でのプレーを望んでいることをゲアンに直接伝えに行く。

ビンの残留へ、札幌が最強の刺客を送り込む。ビンは当初はプレーオフ進出を想定し、来月に入ってから帰国する予定だったが、2日に再開するチーム練習を前に帰ることとなった。三上大勝GM(42)は「来年もやってもらうために、第2の矢を送ることにした」とゲアンに対し、直接思いをぶつけてくれる旨を期待した。

所属元のソンラム・ゲアン側の想像以上の抵抗が、根底にある。札幌はビン残留へ、Jリーグに提携国枠の設立を持ちかけ、来季の外国人枠を増やすことに成功。2年目のプレーへの環境づくりを進めてきた。しかしゲアン側は契約延長に際し、三上GMが「考えているものと大きな開きがある」と話す金額を要求。業を煮やした三上GMが15日にベトナムへ渡って直接交渉してきたが、大きな進展はなかった。

ビン自身は25日にも「日本でやりたい気持ちに変わりはない」と明言したように、札幌残留への思いは強い。契約条項の中には、ビンの意思を最大限尊重するという項目はあるが、ゲアン側は三上GMに対し「あなたはそう言っても、我々はビンから直接聞いていない」の一点張りだという。その状況を打破すべく、ビンが「僕が思いをしっかり伝えてくる」と志願し、早期の帰国となった。

様々な意見こそしてくるゲアン側だが、ビジネスチャンスを無駄にする気まではない。ビンの熱意が伝われば、三上GMが「来月10日」と設定する決着期限への到達は難しくない。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20131126-OHT1T00128.htm

サウサンプトンで構想外のDF吉田麻也にドイツ移籍話浮上 ホッフェンハイムやニュルンベルクが候補に


1

1: 落花流水ρ ★ 2013/11/27(水) 18:28:32.89 ID:???0
日本代表DF吉田麻也(25=サウサンプトン)が来年1月にドイツ移籍を検討していることが判明した。

今季は股関節痛で開幕から出遅れると、マウリシオ・ポチェッティーノ監督(40)の構想から外れ、いまだリーグ戦出場ゼロと苦境に立たされている。日本代表には継続して選出されているものの、試合勘が鈍って今後への影響は避けられそうにない。

欧州事情に詳しいJクラブ強化担当者は「吉田はブラジルW杯を見据えて、この冬に出たがっているという話を聞いた。海外へのこだわりが強いので現時点で日本はないが、ドイツのクラブが獲得に動くのではないか」。

ドイツリーグは外国人枠が実質ないため、日本人を受け入れやすい環境にある。吉田の関係者は守備再建をもくろむ下位クラブに狙いを定め、積極的な動きを見せているという。

候補に挙がっているのはホッフェンハイムやニュルンベルク。中でも日本代表FW清武弘嗣(24)が所属するニュルンベルクは守備が崩壊し、今季はいまだ勝利なし。シーズン途中にはボルフスブルクから代表主将のMF長谷部誠(29)を獲得するなど、今冬も積極的な補強を行う方針だ。吉田が加われば気心の知れた日本代表トリオで1部残留を目指すことになる。

サウサンプトンでは、昨冬にFW李忠成(27)がJリーグのFC東京にレンタル移籍している。吉田も今季シーズン終了までの期限付き移籍となることが濃厚だ。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/207941/

最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ