Sponsored Link

17歳W杯ベルギー美少サポーターがモデルとしてデビュー


3

ワールドカップの期間中、試合もさることながら、スタジアムや街で見かけた美女サポーターも世界中のメディアを賑わせている。

そんな中、観戦中に撮影された写真がSNS上で話題になったベルギーのサポーター女性がモデルとして大手企業と契約するというシンデレラストーリーが生まれたとブラジルのメディア「iG」が伝えている。

話題の主はAxelle Despiegelaereさん(17)。アクセルさんは自身のフェイスブックのページで、化粧品メーカーのロレアルと契約したことを公表したという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000266-mbrasiln-s_ame

エジルのキャプテン翼から、ガルガーノのドラゴンボールまで!ワールドカップで戦う選手達の「すねあて」


13

ピッチに出る選手が必ず身に付けているにも関わらず、観客席やテレビではほとんど見えないものがある。答えは、レガース、シンガード、シンパッド‥‥呼び名は様々あるが、つまるところ「すねあて」である。

たとえプロでなくとも、サッカー部に在籍した経験がある人なら、必ず「すねあて」を持っていたことがあるはずだ。“弁慶の泣きどころ”、つまるところ「すね」を優しく守ってくれる大事なアイテム。

では、ワールドカップで戦うトップ・オブ・ザ・トップはどんなモノを使っているのだろうか?

http://www.soccer-king.jp/sk_column/article/210690.html

マンUのエブラ、ユヴェントス移籍間近…英メディア報道


2

日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uのフランス代表DFパトリス・エブラが、ユヴェントスへ移籍間近のようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が9日に報じている。

同メディアによると、10日にも移籍合意に達する見込みで、交渉は最終段階に入っていると伝えられている。

エブラは、2006年にモナコからマンチェスター・Uへ加入。その後は、同クラブで5度のプレミアリーグ制覇と、1度のチャンピオンズリーグ優勝を経験。2013-14シーズンは、プレミアリーグで33試合に出場しており、フィールドプレーヤーではチームトップの出場数を誇っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00210707-soccerk-socc

本田のライバル…ミラン所属のビルサがキエーヴォへレンタル移籍


1

日本代表MF本田圭佑が所属する、ミランのスロヴェニア代表MFヴァルテル・ビルサがキエーヴォにレンタル移籍することが決まった。キエーヴォのクラブ公式サイトが、9日に発表している。

キエーヴォへの1年間のレンタル移籍が決定したビルサは、クラブ公式HPのインタビューに応じ、「移籍を嬉しく思うよ。昨シーズンの前半はとてもいい働きができたんだ。ここでも、信頼に報いることができるようにベストを尽くすつもりだ」と、意気込みを語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00210673-soccerk-socc

川澄が週間ベストプレーヤーに選出「賞金はないみたい。驚きー!」


1

米女子サッカーリーグのシアトル・レインに所属する日本女子代表(なでしこジャパン)FW川澄奈穂美が、週間ベストプレーヤーに選出された。

川澄は6日に行ったボストン・ブレーカーズ戦で後半11分に同点ゴールを決めると、同38分には逆転ゴールとなる決勝点を突き刺し、3-2の逆転勝利に導いていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00137196-gekisaka-socc

ヤヌザイが脅迫受ける? ベルギー代表選択が原因か


1

マンチェスター・Uに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイに対し、ブラジル・ワールドカップから帰国後に脅迫状が届いていたと、イギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

同紙は8日、セルビアとコソボのメディアの報道を引用し、ベルギー代表を選択したヤヌザイに対して、怒りを覚えたコソボ人やアルバニア人から殺害予告を示唆する脅迫状が送りつけられていたと主張。コソボから送られた脅迫状には、『コソボに1歩も足を踏み入れるな』との文面が送りつけられていたと伝えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00210532-soccerk-socc

宇佐美貴史「勝者のメンタリティー」最強ドイツを語る


1

G大阪のFW宇佐美貴史(22)が9日、ドイツの強さを「勝者のメンタリティー」にあると分析した。11年から1年間、ドイツ1部のバイエルンでプレー。大勝したブラジル戦で活躍したミュラーやクロースらとはチームメートだった。「ドイツ人は内容が悪かろうが、インフルエンザになろうが、最終的に勝つという気持ちを持っている。そのメンタリティーが本当にすごい」と語った。

バイエルン時代は練習でも勝利にこだわるドイツ人の姿勢に、刺激を受けたという。自身はバイエルンとホッフェンハイムで過ごしたドイツでの2年間では結果を残せず、ブラジルW杯出場もかなわなかった。しかし、18年ロシアW杯を目指す日本代表入りを狙っている。「とにかくどんな試合でも、できるだけ多く点を取る。それがすべて自分にかえってくる」。まずは12日の天皇杯2回戦・ツエーゲン金沢戦(万博)に照準を合わせ、ゴール量産を誓っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140709-00000323-sph-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ