Sponsored Link

大迫はスタメン…ケルン対シャルケ、先発メンバー発表

1
日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは日本時間で20日早朝の1時30分より、ブンデスリーガ第21節でシャルケと対戦する。試合に先立ち、両クラブが公式Twitterを通じてスターティングメンバーを発表した。

前節のフライブルク戦では[5‐4‐1]の布陣のサイドハーフや[4‐4‐2]のボランチでプレイした大迫。負傷者の続出などが原因で起用法が定まらない同選手だが、同クラブを率いるペーター・シュテーガー監督の采配に注目が集まる。果たして、大迫は指揮官の期待に応え、得点に直結するプレイを披露することができるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00010001-theworld-socc

悩めるゲッツェ、恩師率いるリバプールへ移籍か…英紙「クロップは再会を望んでいる」

1
日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表FWマリオ・ゲッツェは、今季バイエルン・ミュンヘンから出戻り移籍をしたが、思うように出場機会を得られずに苦悩の日々を送っている。そのゲッツェを、かつての指揮官が獲得熱望しているという。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

昨季途中からリバプールを率いているユルゲン・クロップ監督は、ドルトムントで運動量をベースにしたアタッキグサッカーを作り上げていた。ゲッツェはその一翼を担い、前回所属時のドルトムントでラストシーズンとなった2012-13は、10ゴールを挙げる活躍を披露している。その後はバイエルンに移籍し、14年ブラジル・ワールドカップでは途中出場のゲッツェが劇的な決勝点を奪い母国優勝に大きく貢献した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170219-00010017-soccermzw-socc

インテル、ガビゴルの移籍後初ゴールで辛勝…長友は3試合連続出番なし

1
セリエA第25節が19日に行われ、ボローニャと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。長友は3試合連続のベンチスタートとなった。

前節終了時点で、エンポリを下したインテルはヨーロッパリーグ出場権圏内の5位。先に試合を終えたラツィオに暫定で抜かれているため、再度5位を奪い返したい。エースのFWマウロ・イカルディは引き続き出場停止なものの、MFイヴァン・ペリシッチが出場停止から復帰した。

【スコア】
ボローニャ 0-1 インテル
【得点者】
0-1 82分 ガブリエウ・バルボーザ(インテル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00553797-soccerk-socc

アトレティコがヒホン破り3連勝…途中出場ガメイロのハットで接戦を快勝のスコアに変える

1
18日のリーガエスパニョーラ第23節、アトレティコ・マドリーは敵地モリノンでのスポルティング・ヒホン戦を4−1で制した。

昨季まで見せていたアグレシッブさを、ようやく取り戻した感のあるアトレティコ。この試合に勝利すれば、3位セビージャとの勝ち点差を暫定ながら1まで縮めることができる。ただこの一戦の舞台は、昨季勝ち点3を落としたモリノン。またスポルティングを指揮するルビ監督は、昨季レバンテを率いてアトレティコから勝ち点3をもぎ取っている人物である。

合計で勝ち点6を落としているコンビを相手取った試合だが、フアンフラン、ゴディン、オブラク、チアゴを負傷で欠くシメオネ監督は、GKモジャ、DFヴルサリコ、サビッチ、ルーカス、フィリペ、MFアンヘル・コレア、ガビ、コケ、カラスコ、FWグリエズマン、フェルナンド・トーレスをスタメンとして起用。普段の4−4−2システムを採用している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000024-goal-socc

長友はベンチスタート…インテル対ボローニャ、先発メンバー発表

1
日本代表DF長友佑都が所属するインテルは19日、セリエA第25節でボローニャとアウェイで対戦する。試合に先立って、インテルが公式Twitterでスターティングメンバーを発表した。

ケガや出場停止処分で主力の多くを欠くも、前節エンポリ戦で見事勝利を収めたインテル。今節は、出場停止処分が2試合から1試合に軽減されたペリシッチがスタメン復帰しこともあり、フォーメーションをこれまで採用してきた[4-2-3-1]へ戻している。その他には、エンポリ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せたエデルがトップ下に、ワントップにはパラシオが名を連ねた。なお、長友はベンチスタートとなっている。

試合は日本時間で20時30分にキックオフ。この試合を乗り切ればエースストライカーのイカルディがチームへ戻ってくる。はたして、インテルはボローニャから勝ち点3ポイントを奪取することができるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010024-theworld-socc

バロテッリ、今季出場14試合で3度目の退場…判定に不満で侮辱発言か

1
ニースに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリが、今シーズン3度目の退場処分を受けた。18日、大手メディア『BBC』が報じている。

ニースは18日、リーグ・アン第26節でロリアンと対戦。バロテッリはリーグ戦3試合ぶりに先発出場を果たしたが、68分に退場処分を受けた。ロングボールに対して相手MFザルゴ・トゥレと競り合った際に手で体を抑えられたが、ファールの判定とはならず。これに不満を示したバロテッリが主審に侮辱的な発言をしたとして、レッドカードを提示された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00553564-soccerk-socc

チェルシーも苦戦したFA杯5回戦…コンテは快挙達成の5部クラブを称賛「イタリアではまずあり得ない」

1
[2.18 FA杯5回戦 ウォルバーハンプトン0-2チェルシー]

チェルシーは18日、FA杯の5回戦でウォルバーハンプトン(2部相当)と対戦し、2-0で勝利した。アントニオ・コンテ監督は、「今シーズンのFA杯で最も厳しい戦いになった」と試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

【スコア】
ヴォルヴァーハンプトン 0-2 チェルシー
【得点者】
0-1 65分 ペドロ(チェルシー)
0-2 89分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-01637061-gekisaka-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ