Sponsored Link

コヴァチッチ、出場機会を求めてレアル退団を希望「別のクラブへ行くことが最善」

1
クロアチア代表としてロシア・ワールドカップに出場しているマテオ・コヴァチッチがレアル・マドリー退団を希望した。スペインの『マルカ』が伝えている。

2015年にインテルからレアルに3500万ユーロ(約45億円)で加入したコヴァチッチだったが、ジネディーヌ・ジダン政権下では同郷のルカ・モドリッチ、トニ・クロース、カゼミーロの前に出場機会を中々得ることができず。昨季は21試合に出場したが、そのうち先発は10試合にとどまっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000017-goal-socc

香川は“見逃してはいけない男” 米誌がセネガル戦のキーマンに指名「再び創造力を求める」

1
日本代表は24日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガルと対戦する。ともに今大会初戦を2-1で勝利し、直接対決の結果次第では決勝トーナメント進出に大きく近づく。海外メディアは“見逃してはいけない男”にMF香川真司を指名している。

日本対セネガル戦を特集したのは、米スポーツ専門誌「スポーティング・ニュース」だった。記事では両チームの“見逃してはいけない選手”をそれぞれ選出している。西野ジャパンからは、コロンビア戦でアジア勢初の南米勢撃破という歴史的勝利の口火を切った香川が取り上げられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180623-00114635-soccermzw-socc

日本を応援するポドルスキ、生まれ故郷のポーランドにもエール「どっちにも突破してほしい」

1
ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキは、ポーランド代表が日本代表とともにロシア・ワールドカップ(W杯)グループHを突破することを願っている。ポーランドの『スーパー・エクスプレス』の取材に応じた際に語っている。

19日に行われたグループH開幕節で日本がコロンビアを2-1で下すと、その後にはポーランドがセネガルに1-2で敗北。東京でのパブリックビューイングイベント会場に登場したポドルスキは、日本の初戦を見守った後には自身のツイッターで「サムライブルーおめでとう 次の試合もこの勢いで 東京より、ポルディ」と祝福のコメントを寄せていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000013-goal-socc

スペインの戦術家が日本にブラボー。「次戦への改善点」も明確に示す

1
「ロシアW杯でもサプライズになりうる」

コロンビア戦の前に書いたリポートで、ミケル・エチャリは、はっきりとそう日本代表に太鼓判を押している。

エチャリは戦術家として、スペインを代表する指導者として知られている。ジョゼップ・グアルディオラに大きな影響を与えたファンマ・リージョが師と仰ぐほどだ。昨シーズンまでパリ・サンジェルマンを率いたウナイ・エメリも、指導者人生をスタートしたばかりシャビ・アロンソも、選手時代は教え子だった。

その慧眼(けいがん)は、コロンビア戦での日本の勝利を見越していた。西野朗監督がコロンビア戦後に語った、「ポジション的優位」「中盤を強固にする」などいくつかの表現は、このリポートでエチャリが繰り返し主張してきたことと符合している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180623-00010001-sportiva-socc

日本は奢りが「全くない」 元セネガル代表10番が力説「我々は日本に対して弱者だ」

1
ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は24日、第2戦でセネガルと激突する。互いに勝てば連勝で決勝トーナメント進出が決まる大一番。FIFAランクでは上回るセネガルだが、元代表主将は日本について「とても謙虚で、たくさんの敬意と恐れを全員が持ってくる」と警戒。「我々は日本に対して弱者である」と“弱者の精神”を説いている。

「ハリル・ファディガがライオンズに一層の謙虚さを請う」と特集したのは、セネガルメディア「Sene News」だった。

記事では初出場だった02年日韓大会で10番を背負い、8強進出の立役者となった元セネガル代表MFハリル・ファディガ氏が母国の後輩たちにメッセージを送っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180623-00027217-theanswer-socc

W杯王者ドイツに暗雲 守備の要フンメルスが次戦欠場濃厚「こんな重要な試合を…」

1
王者ドイツに暗雲が立ち込めている。ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦でメキシコに敗れて後がないなかで迎える、現地時間23日のスウェーデン戦では首を痛めた守備の要DFマッツ・フンメルスに欠場の可能性が浮上している。29歳のセンターバックは自身のツイッターを更新し、「これほど重要な試合を見守るだけにはしたくない」と出場への希望を明かした。

フンメルスは2014年のブラジルW杯優勝に貢献したメンバーの一人で、ロシアW杯で2大会連続出場。DFジェローム・ボアテングとのCBコンビでレギュラーに君臨している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180623-00114545-soccermzw-socc

「苦しい時を乗り越え…」今大会初得点のネイマール、涙の理由を明かす

1
ブラジル代表FWネイマールが、コスタリカ戦後に涙を流した理由を自身のインスタグラムで明かした。

22日、ブラジルは2018 FIFA ワールドカップ ロシア(W杯)グループリーグ第2節でコスタリカ代表と対戦。試合終盤までコスタリカの堅守に苦戦を強いられたが、後半アディショナルタイム突入直後にフィリペ・コウチーニョが先制点をマーク。そして97分にはネイマールがダメ押しゴールを決めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00782282-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ