Sponsored Link

最新のFIFAランク、日本は大きく下げて55位…ロシアW杯出場国では28番目

1
FIFA(国際サッカー連盟)は23日、最新のFIFAランキングを発表した。

10月16日の前回発表で44位だった日本は順位を大きく下げて55位。2018 FIFAワールドカップ ロシアに出場する32カ国中28位で、アジアでは3番手だった。アジア最高位は変わらずイランで32位、2番手は4ランクアップしたオーストラリアで39位。韓国は順位を3つ上げて59位に入り、中国の60位、63位のサウジアラビアと続く。

また、前回の発表から変わらずドイツが首位をキープ。5位までのチームは変わらなかったが、スペインが2ランク上げて6位に浮上した。トップ10から外れていたスイスは順位を3つ上げて8位にランクイン。上位陣では10位のチリのみがW杯出場を逃している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00672509-soccerk-socc

浦和DF槙野、AFC公式が動画公開 ファンの「気持ちの高め方」「勝負飯」の質問に…

1
J1浦和レッズは25日、AFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦でアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦する。本拠地での大一番を前に、AFC公式サイトでは日本代表DF槙野智章の動画を公開。浦和ファンから様々な質問が飛び、守備の仕方をはじめ、試合前の気持ちの高め方、さらには勝負飯について答えた。

日本代表の一員として11月のブラジル戦、ベルギー戦に連続出場した槙野は、中3日というハードスケジュールのなか、18日のACL決勝敵地第1戦にセンターバックでフル出場。陸空両方の1対1で強さを発揮し、1-1ドローに貢献した。DFマウリシオが第1戦で出場停止だったこともありセンターバックを務めた槙野だが、第2戦では左サイドバックに回る可能性もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00010013-soccermzw-socc

前節先発落ちも伊紙が長友佑都の重要性を説く「温存されたナガトモはインテルの主軸」

1
インテルに所属する日本代表のDF長友佑都について、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』はルチアーノ・スパレッティ率いるチームでは主軸であることに変わらず「温存」されたと論じた。

19日に行われたセリエA第13節アタランタ戦(2-0でインテルが勝利)において、これまでほとんど出場機会が与えられていなかったDFダヴィデ・サントンが左サイドバックにサプライズで先発起用された。この試合でベンチスタートとなった長友について、休養が与えられたと分析されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000007-goal-socc

柴崎岳がいまだ恋しい!? テネリフェSDが「我々にはガクのような選手が必要だ!」

1
冬の移籍市場オープンまで、残すところあと1か月強。欧州各クラブは着々と強化戦略を練り、水面下では激しい争奪戦が繰り広げられている注目銘柄もいる。

そんななか、一線級の攻撃的MFを物色中なのが、リーガ・エスパニョーラ部のテネリフェだ。ご存知、昨シーズンいっぱいまで日本代表MF柴崎岳が所属したカナリア諸島の雄。スポーツディレクターのアルフォンソ・セラーノ氏が地元紙『Depor Press』の取材に応え、冬の補強について言及。そこで、「我々にはガクのよう選手が必要だ!」と発したのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00032887-sdigestw-socc

札幌 タイ代表MFチャナティップ残留へ…レスター移籍報道は“非現実的”

1
札幌のタイ代表MFチャナティップ(24)の来季残留が決定的になったことが22日、分かった。

チャナティップは今夏に1年半の期限付き移籍で札幌に加入した。来季も契約を残し、周囲の関係者には「引き続き札幌でプレーしたい」と話すなど、残留を熱望。札幌の来季以降の目標である「J1定着」をともに目指すことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000068-spnannex-socc

GS突破のチェルシー、コンテ監督がチームに満足感「素晴らしい関係性」

1
チェルシーを率いているアントニオ・コンテ監督が、22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節カラバフ戦を振り返りインタビューに応えた。同日イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

試合はベルギー代表MFエデン・アザールらのゴールによりチェルシーが4-0でカラバフに勝利。同試合の結果によりチェルシーはグループステージ突破を決めた。コンテ監督は試合後の記者会見でチームの状況について次のようにコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00672267-soccerk-socc

PSGネイマール、驚異の「10点満点」…CL2得点1アシストで海外メディアが高評価

1
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは現地時間22日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第5節のセルティック戦で2得点1アシストをマークするなど7-1の逆転勝利に大きく貢献。プレー精度の高さから、海外メディアでは驚異の10点満点が付けられている。

PSGは開始1分にセルティックFWムサ・デンベレにゴールを許して今大会初失点を喫した。前節終了時点で決勝トーナメント行きを確定しているため気の緩みが出たのかと思われたが、この失点で一気に火が付いた。

同9分にペナルティーエリア内左でパスを受けたネイマールが左足でゴールネットを揺らすと、同22分にも似たような形から再び左足で勝ち越しゴールをゲット。その6分後にはFWエディンソン・カバーニの一撃もアシストした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00010003-soccermzw-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ