Sponsored Link

なでしこ、6人が得点の大量9ゴールで香港に圧勝…なでしこはベスト4でベトナムと対戦


1

[9.26 アジア大会準々決勝 日本女子9-0香港女子 華城]

日本女子代表(なでしこジャパン)は26日、アジア大会準々決勝となる香港女子戦を迎えた。試合開始早々にFW増矢理花のゴールで先制したなでしこは4-0とリードを奪って前半を折り返す。後半にも5点を加点すると守備陣も香港に得点を許さずに9-0の完封勝利を収めた。ベスト4進出を決めたなでしこは29日にベトナムと対戦する。

MF宮間あや、MF阪口夢穂と中盤の底でチームを操る2人をベンチスタートさせたなでしこ。グループリーグとはメンバーも変更し、DF羽座妃粋を右SBで先発起用。ボランチにはMF中島依美とMF猶本光を並べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140926-00139531-gekisaka-socc

マインツ岡崎株急上昇!市場価値7億7000万円と独紙


3

マインツの日本代表FW岡崎慎司(28)を、チームマネジャーのハイデル氏が「彼を壊すことなんてできない」と称賛した。26日付の独紙ビルトが報じた。

23日のフランクフルト戦で左まぶたを負傷し、血まみれになりながらゴールを決めた岡崎にハイデル氏は「アイツはセンセーションだよ。彼を壊すことなんてできないね」と絶賛した。

ハイデルがシュツットガルトから岡崎を獲得した際、関係者から「あいつに何ができる」と冷笑されたという。しかし、ふたを開けてみれば、1年目の昨季は、チームトップの15得点。チームを欧州リーグ出場に導いた。今季は5試合を終えて5得点と、得点ランク2位の3点に2点差をつけて首位に立っている。また、シュツットガルトから移籍金150万ユーロ(約2億1000万円)で獲得したが、現在の市場価値は550万ユーロ(約7億7000万円)に上がったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140926-00000062-nksports-socc

伊紙が今季好調の本田を大々的に特集「波というより、旋風」


1

今季26日付のイタリア地元紙ガゼッタ・デロ・スポルトが「主役、ケイスケはゴールを決める。ホンダのエレガンス」と特集記事を組んでいる。本田の開幕直後のゴールラッシュはイタリアメディアに大きな衝撃を与えている。

「彼は波というより、旋風だ。ミランが海のごとくゴールを決めれば、それは本田のおかげでもある。本田はチームの勝利のためにゴールを決め(ラツィオ戦とパルマ戦)、ドン底に落とされる危機的状況でチームを助けた(2-2ドローのエンポリ戦)」

波はイタリア語でオンダと発音し、その名前と良く似た本田の形容詞としてカルチョの国では頻繁に使われているが、今の本田は「旋風」のようなインパクトを残しているという。

「本田は普通ではない。センセーショナルなデータも数字も普通ではない。3ゴールを決めるのに、今季4回のシュートで十分だった……。昨シーズンは12回試み、ようやく1ゴールが決まった。長かった、凄く長かった」

昨季はわずかリーグ戦1ゴールと低調な出来に終わった本田が一転、今季に入って衝撃的な決定力を見せつけている様子をこう報じている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140926-00010006-soccermzw-socc

バロテッリ、ダービーに向け奇抜なヘアスタイルを披露


1

リヴァプールは27日、ホームでプレミアリーグ第6節のエヴァートンとのダービーマッチを迎える。この試合を前にFWマリオ・バロテッリが、新たなヘアスタイルで練習場に顔を出した。25日付のイギリス紙『デイリー・メール』など各紙が報じている。

ともに好調だった昨シーズンから一転して、スタートダッシュに失敗した両チーム。因縁のライバルと対峙する“マージーサイド・ダービー”で勝利を手にし、勢いをつけたいところだ。

そんな中、リヴァプールの練習場で一際目立っていたのがバロテッリだった。度々ヘアスタイルを変えることで知られている同選手だが、今回の髪型はいつも以上に奇抜だった。中央のモヒカンを金色に染め上げ、右側は金と黒の縞模様、左側にもデザインが加えられている。このヘアスタイルは、過去にレアル・マドリード所属のMFガレス・ベイルや、マンチェスター・U所属のFWウェイン・ルーニーの髪型も手掛けた、ダニエル・ジョンソン氏によるものと伝えられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140926-00236250-soccerk-socc

名波新監督、決断理由は「リトル名波に言われた」


2

ジュビロ磐田は26日、ペリクレス・シャムスカ監督の後任として新たに監督を務める、同クラブOBで元日本代表MF名波浩氏の就任会見を行った。

名波監督はチームの現状について、「前半戦は相手がジュビロをリスペクトし過ぎてくれたので勝ち点を拾えた。後半、苦しい状況になっているというのは、形が見出せない、リーダーが不在など色んな要素があると思う」と分析すると、その中でも「『勝ちたい』という気持を高めたい」と語った。

どういうコンセプトで戦っていきたいかと問われた名波監督は、「大体、『名波がどういうサッカーをするのか』、『どういうイメージをしていてるか』っていうのは分かっていると思う。そのサッカーを目指してやりたいと思っています」と答えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140926-00236104-soccerk-socc

ダービー戦で3季ぶりの対戦実現か…内田「真司と戦うのは変な感じ」


1

ドルトムントのMF香川真司とシャルケDF内田篤人が、27日に行われるダービーマッチへ向け、健闘を誓い合った。18日にドルトムントとゲルゼンキルヘンの間に位置するバルトロップでダービー特集を撮影した際の模様が、両クラブ公式サイトで公開された。

香川は今夏の移籍で3季ぶりにドルトムントに復帰。復帰戦でいきなりゴールを決めるなど、存在感を見せつけている。シャルケでは5季目を戦う内田は、故障の影響で出遅れていたが、23日のブレーメン戦で、シャルケでは226日ぶりの復帰を果たすと、いきなりフル出場でチームの勝利に貢献した。

約20kmしか離れていないルール地方に本拠地を置く両チームの対決とあって、ルール・ダービーと呼ばれるドルトムントとシャルケの対決。27日、両者は香川の復帰によって、3季ぶりにダービーマッチで火花を散らすことになる。

撮影は18日に行われたとのことで、先日、地元紙によって伝えられた「昨日も一昨日も3日前もデュッセルドルフで一緒にお寿司を食べた」という内田のコメントは、この時に取られていたようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140926-00139515-gekisaka-socc

なでしこ、準々決勝で若手“育てる”猶本、増矢ら先発の可能性も


2

アジア大会のサッカー女子準々決勝、香港戦に向け、日本代表の佐々木則夫監督(56)が25日、仁川市内で行われた監督会見に出席した。1次リーグで続出した負傷者も、全員がほぼ回復。「全員が練習に合流できた。決勝トーナメントに向けて、照準を合わせきた」と、手応えを口にした。

香港はC組最下位(0勝2敗)の3位で1次リーグを突破しただけに「負けたら終わりの緊張感の中で、若い選手に成長してもらえたら」と、今大会は先発のないMF猶本光(浦和)、代表初ゴールを狙うFW増矢理花(INAC神戸)ら若手の先発を示唆した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140926-00000021-dal-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ