Sponsored Link

「Suica」を持ち、銀座線をも難なく乗りこなすザッケローニ、日本を「第二の故郷」と公言するまで


3

イタリア人指揮官がもはや「第二の故郷」と言ってはばからない日本で、どのようにしてチームをつくり上げ、どのようにしてサポーターの心をつかんでいったのか。

10年8月の就任から約4年。日本で送った生活や、自ら「4年間の集大成」と位置付けるW杯へ向けた、指揮官の意気込みなどに迫った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140521-00000079-spnannex-socc

川島永嗣が帰国「4年前の悔しさを晴らす」


1

サッカー日本代表GK川島永嗣(スタンダール)が21日、羽田空港に到着した。4年前の前回大会は楢崎の控え、という立場を逆転して正GKの座についた。「前回は分からないことが多かった。今回はチームを引っ張っていければいいなと思っていました」と決意を新たにした。

4年前の南ア大会では16強でパラグアイにPK戦の末、敗れた。「4年前の悔しさは胸に秘めてやっている。さらに先をみてやりたい」と飛躍を誓った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140521-00000017-dal-socc

長谷部誠&酒井宏樹、本隊より1日早く鹿児島・指宿入り


2

日本代表で主将を務めるMF長谷部誠(30)=ニュルンベルク=とDF酒井宏樹(24)=ハノーバー=が20日、一部のスタッフとともに、21日から始まる鹿児島・指宿合宿に備えて本隊よりも1日早く現地入りした。

13日に帰国した長谷部は、都内で行われた欧州クラブ所属選手の合同自主トレに16日から19日まで4日間のフル参加。休む間もなく代表活動への突入となるが、「この合宿はコンディションを上げるための合宿。きつい練習だと思ってやりたい」と意気込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000530-sanspo-socc

相次ぐベテランの退団 長友に求められるキャプテンとしての資質


1

セリエA最終節、インテルはアウェーでキエーボと対戦したが、ベンチ入りした長友は出場しなかった。

前節のラツィオ戦の結果5位が確定し完全な消化試合となったため、コバチッチ以外全てのメンバーを入れ替えて闘った。GKハンダノビッチに至ってはベンチ入りもせず。「出場機会に恵まれない中、これまで練習で貢献してくれた選手に出場機会を与える場としたかった」と監督は語った。

前節はホームでラストゲームとなるサネッティの現役引退セレモニーが行われたが、この試合では彼の他に、ミリートとサムエルも退団決定。さらにカンビアッソも契約延長をしないことが、アウシリオSDから発表された。

このうち、サムエルを除きサネッティ、ミリート、カンビアッソがフル出場。残念ながらキエーボに逆転を許しラストゲームは飾れなかったが、彼らの去り際にはアウェーのインテルサポーターのみならず、キエーボのファンからも暖かい拍手が寄せられていた。

さてこの日、アップを命じられることもなく試合を終えた長友だったが、ちょっとした“見せ場”があった。試合後にベンチから出てインテルサポーターへの挨拶へと向かい、またベンチ入りをしていた他のメンバーにも出て行くよう促していた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140520-00010002-footballc-socc&p=1

ミラン新拠点オープニング式典に本田出席 バルバラCEO「ミランにとって重要な選手」


5

サッカーイタリア1部リーグ(セリエA)ACミランの事務所やミュージアム、レストラン、ショップなどが入った総合施設「カーザ・ミラン」のオープニング式典が19日行われ、日本代表FW本田圭佑、クラレンス・セードルフ監督らが出席、バルバラ・ベルルスコーニCEОとアドリアノ・ガリアーニCEОがテープカットを行った。

ミラノの市内の新開発地区に位置するこの建物は4階建てで、事務所などの他、選手の身体機能をチェックするミラン・ラボなどクラブの中枢機能もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000042-dal-socc

ユヴェントス、3連覇導いたコンテ監督の来シーズン続投を発表


1

ユヴェントスは19日に、来シーズンもアントニオ・コンテ監督が指揮を執ることを、クラブ公式ツイッターで発表した。

同監督は2015年6月まで契約が残っていたが去就に注目されていた。同クラブのツイッターには「2014/15シーズン:アントニオ・コンテ監督」と簡単なツイートがされ、来シーズンも続投することが正式に発表された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00191351-soccerk-socc

長友が帰国「負けることを意識してW杯に臨むことは考えられない。やるからには優勝を目指す」


1

ブラジルW杯に臨むサッカー日本代表のDF長友佑都(インテル・ミラノ)が20日、イタリアでのシーズンを終えて成田空港着の航空機で帰国した。

日本のダイナモが、壮大な目標を掲げた。W杯への意気込みを問われると「このW杯を機に、長く語り継がれるような選手になりたい。もちろん世界で語り継がれるような。そういうチャンスだと思い、日本を率いていきたい」。ブラジルW杯を、国際サッカー界の“レジェンド”となる礎とする腹づもりだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000030-dal-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ