Sponsored Link

堂安、練習試合に右で先発「課題克服できる位置」

1
フローニンゲンMF堂安律22日、ホームで行われたグラナダとの練習試合に右サイドハーフで先発し、後半13分に退いた。

得点には絡めなかったがワンツーパスで観客を沸かせ、監督からも「熱心でアクティブ。サッカーインテリジェンスも持っている」と評価を得た。

試合は2-2の引き分けに終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-01860269-nksports-socc

新生ドルト、4戦8失点と守備の不安露呈…独2部相手に勝利逃し「学ぶことがたくさんあった」

1
日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは現地時間22日にドイツ2部ボーフムとテストマッチを行い、2-2で引き分けた。ペーター・ボス新監督の下、このプレシーズンは4試合で8失点と守備の不安が解消できずにいるうえに、下部リーグのチーム相手に勝利を逃し続けている。

【スコア】
ボーフム 2-2 ドルトムント
【得点者】
1-0 39分 ステファノ・チェロッツィ(ボーフム)
2-0 55分 アントニー・ロジラ(ボーフム)
2-1 85分 ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)
2-2 86分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170723-00010005-soccermzw-socc

トッテナムがエリクセンの豪快ミドルなどで10人パリSGを撃破

1
[7.22 ICC パリSG 2-4 トッテナム]

インターナショナルチャレンジ杯のアメリカラウンドが22日に行われ、トッテナム(イングランド)がパリSG(フランス)に4-2で勝利した。

今季フランス王者奪回を狙うパリSGは、FWエジソン・カバーニやDFマルキーニョス、新加入のDFダニエウ・アウベスを先発起用。対するトッテナムは、MFクリスティアン・エリクセンやMFエリック・ダイアーらがスターティングメンバーに名を連ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-01642027-gekisaka-socc

バルサがネイマールの圧巻2得点でユーヴェ撃破!…5人抜きスーパーゴールも

1
インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017のアメリカラウンドが23日に行われ、ユヴェントスとバルセロナが対戦した。

昨シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝でも対決した両チーム。ユヴェントスからは新シーズンが「99パーセント最後になる」と話したジャンルイジ・ブッフォン、クラウディオ・マルキージオ、マリオ・マンジュキッチらが先発入り。バルセロナは渦中のネイマール、リオネル・メッシ、2月に右足首大ケガを負ったアレイクス・ビダルが約5カ月ぶりに復帰、スタメンに名を連ねた。

【スコア】
ユヴェントス 1-2 バルセロナ
【得点者】
0-1 15分 ネイマール(バルセロナ)
0-2 26分 ネイマール(バルセロナ)
1-2 63分 ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00616390-soccerk-socc

南野が今季早くも3点目!…リーグ開幕戦でゴール決め“3戦連発”

1
ザルツブルクに所属する南野拓実が、22日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ開幕戦でゴールを挙げ、早くも今シーズン公式戦3点目となった。

リーグ5連覇を目指す王者ザルツブルクは開幕節でヴォルフスベルガーとのアウェイゲームに臨んだ。開始29分にハネス・ヴォルフからの縦パスを受けたラインホルト・ヤボがペナルティエリア内でDFをかわし、左足シュートをゴール右隅に決めて先制に成功した。

【スコア】
ヴォルフスベルガー 0-2 ザルツブルク
【得点者】
0-1 29分 ラインホルト・ヤボ(ザルツブルク)
0-2 90分 南野拓実(ザルツブルク)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00616376-soccerk-socc

「レアルの新10番」が遂に決定! “呪いの番号”を受け継ぐのは文句無しのあの選手

no title
その番号をルカ・モドリッチが纏ったとして、いかなる不満も噴出することはないだろう。スペインのレアル・マドリードは公式サイトにおいて、伝統の背番号「10」を想像性溢れるクロアチア代表MFに託している。

ロビーニョ、ラサナ・ディアラ、ウェズレイ・スナイデル、そしてハメス・ロドリゲス。彼らが呪われていたかはさておき、世界最高の名門において自身の価値を100%誇示することができなかった元10番の面々であることは確かだ。昨季までその番号を背負っていたコロンビア代表MFがドイツへと去り、クラブはその重すぎるミッションを“最も安定した人物”へと委ねた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00010008-theworld-socc

ヘント久保が“今季初ゴール” 圧巻の4人抜きでPKも獲得

1
ベルギー1部リーグ、ヘントの日本代表FW久保裕也(23)が21日、“今季初ゴール”を決めた。ランス(フランス)とのプレシーズンマッチで前半24分に右からのクロスにニアで飛び込んで頭で先制点。ヘディングでのゴールはヘント移籍後初だ。さらに32分には圧巻の4人抜きでPKを獲得し、チームの2点目を演出した。

【スコア】
ランス 1-3 ヘント
【得点者】
0-1 24分 久保裕也(ヘント)
0-2 32分 ミリチェヴィッチ(ヘント)
1-2 84分 イヴァン・レンドリッチ(ランス)
1-3 90分 サムエル・カル(ヘント)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00000176-spnannex-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ