Sponsored Link

低迷ケルン、選手が監督続投を首脳陣に直談判…GKホルンは信頼強調

1
日本代表FW大迫勇也が所属するケルンの首脳陣は21日、チームのキャプテンらを招いてミーティングの機会を設けたようだ。ドイツ紙『ビルト』が22日に報じている。

今シーズンのブンデスリーガで2分10敗と未だに勝ち星がなく、最下位に沈むケルン。すでに、現チームの根幹を築いたマネージャーのヨルク・シュマトケ氏が辞任する事態となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00672194-soccerk-socc

2ヶ月ぶりゴールのグリーズマン、CL決勝T進出諦めず「最後まで挑み続ける」

1
現地時間22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節で、アトレティコ・マドリーはローマに2-0の勝利を収めた。

5試合目でCL今季初勝利。この事実からも分かる通り、今季のアトレティコは苦しんでいる。グループステージも残り1試合という状況で、2位ローマとの勝ち点差は2ポイントあり、先に決勝トーナメント進出を決めた首位チェルシーを追走している。

次のラウンドへ進める枠は残り1つしかなく、グループステージ最終節はアウェイでのチェルシー戦と、アトレティコにとって困難な要素ばかり目につくが、エースは諦めていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00242600-footballc-socc

マンUが今大会初黒星で突破お預け…バーゼルに劇的弾浴び痛恨の敗戦

1
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が22日に行われ、グループAでバーゼルとマンチェスター・Uが対戦した。

【スコア】
バーゼル 1-0 マンチェスター・U
【得点者】
1-0 89分 ミヒャエル・ラング(バーゼル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00672205-soccerk-socc

バルサの首位通過が決定…温存のメッシ途中投入もユーヴェとスコアレスドロー

1
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が22日に行われ、グループDでユヴェントスとバルセロナが対戦した。

引き分け以上で首位通過が決まるバルセロナは、エースのリオネル・メッシをベンチに置いて温存。一方のグループ2位のユヴェントスは引き分け以上で、なおかつ3位のスポルティングが敗れると、決勝トーナメント進出が決まる。

【スコア】
ユヴェントス 0-0 バルセロナ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00672203-soccerk-socc

「負けず嫌いだから」…ウーゴ・ヴィエイラ、数字が証明するJ屈指の“決定力”

1
明治安田生命J1リーグ第32節終了時点でここまで2桁得点を挙げている選手は11人。横浜F・マリノスのウーゴ・ヴィエイラはその1人だが、出場時間1,547分は11人の中で最も少ない(次に少ないのは1,657分に出場している鹿島アントラーズのレアンドロ)。“決定力”に関してはリーグトップクラスという見方もできる。

特筆すべきは、10ゴールのうち9ゴールが後半に集中している点である。途中出場の試合が多いという理由もあるが、ゲーム終盤に入ってからの勝負強さはさすがの一言。「自分は負けず嫌いだから」という言葉を体現するように、拮抗した試合を決定付けるアクションで幾度となくチームを救ってきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00672164-soccerk-socc

ディバラ、ユベンティーノの不安を誘う…「ずっと残るとは約束できない」との発言の真意は!?

2
現在のサッカー界に、絶対はない。ブラジル代表のネイマールが今シーズン、史上最高額でバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したことは、それを改めて裏付けた。

だからこそ、今の時代に選手が「絶対に移籍しない」と断言することは難しい。ユベントスのパウロ・ディバラも『フランス・フットボール』のインタビューで「約束はしない。自分だけで決まることじゃないし、ずっとユーベに残るとは言えないよ」と発言した。

4月にユーベとの契約を2022年まで延長したばかりのディバラだが、サポーターとしては気になるコメント。ただし、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ディバラは「今シーズンがユーベでのラストシーズンになるとも言わない」とも付け加えている。だからこそ、目の前のことに集中しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00032884-sdigestw-socc

シャビ・アロンソ、復活バイエルンの変貌ぶりに言及…「短時間ですべてが急進的に変わった」

1
昨季限りでスパイクを脱いだ元スペイン代表MFのシャビ・アロンソは、古巣バイエルン・ミュンヘンが見せる変貌ぶりに強いインパクトを受けたようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』で語っている。

2014年から3シーズン過ごしたバイエルンで、X・アロンソはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督、そしてカルロ・アンチェロッティ前監督の下で計117試合に出場。インタビューでは、9月末の監督交代以降公式戦8連勝を記録するなど圧倒的な強さを見せるバイエルンについて話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000027-goal-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ