Sponsored Link

ファン・ハール、エバートン監督就任望むも音沙汰なし?後任は1ヶ月見つからず

1
ロナルド・クーマン氏がエバートンの監督を解任されてちょうど1ヶ月。チームは暫定的にデイビッド・ウンスワース氏が率いているものの、正式な後任はいまだ見つかっていない。

かつて同クラブを率いたデイビッド・モイーズ氏はウェストハムの新監督に就任して職を得た。先に監督交代に踏み切ったクリスタル・パレスもレスター・シティも新たな指揮官を見つけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00242483-footballc-socc

欧州年間ベストイレブン、50名の候補選手発表…CL連覇のレアルから最多11人

1
欧州サッカー連盟(UEFA)は22日より、「チーム・オブ・ザ・イヤー2017」選出に向けたオンライン投票を公式サイトで開始した。全50名の選手が候補としてノミネートされている。

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドなどの“常連”を含め、昨年のチーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれた11人のうち10人が今回も候補入り。バイエルン・ミュンヘンのDFジェローム・ボアテングが唯一の選外となった。

クラブ別で最多の選手がノミネートされたのは、チャンピオンズリーグ(CL)で大会史上初となる連覇を成し遂げ、リーガエスパニョーラも制したレアル・マドリー。実に11人が候補に選ばれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00242537-footballc-socc

ネイマール“夜遊び批判“に確執も噂されたPSG監督が擁護 「彼も友だちと楽しんでいい」

1
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、14日のイングランド代表との国際親善試合後にロンドンで人気女優とのデート目撃情報が伝えられ、その後もチームメイトと朝までカジノ三昧だったことが発覚し、批判が集まってる。一時ネイマールとの確執も噂されたウナイ・エメリ監督は、25歳のスターの振る舞いを擁護している。英紙「デイリー・メール」が報じた。

記事によれば、ネイマールはイングランド戦を終えた後にアメリカ人女優のデミ・ロヴァートと食事をしており、新たな恋人との噂も流れている。食事の際には、テレビ司会者のレイラ・アンナ・リーも同席していたと報じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00010020-soccermzw-socc

10歳のボールボーイに怒りのタックル…両軍入り乱れる乱闘劇に発展

1
オーストラリアサッカー界でショッキングな出来事が起きた。日本の天皇杯に相当するオーストラリアのFFAカップ決勝の大一番で、アデレードの選手がボールボーイに対して怒りのタックルをお見舞いし、両軍入り乱れる乱闘劇に発展。「それは衝撃的だった」という声も上がっている。各国メディアが伝えた。

問題の場面が起きたのは、オーストラリアFFAカップ決勝シドニーFC対アデレード・ユナイテッド戦の終盤だった。1-1と一進一退の攻防を繰り広げ、延長戦までもつれ込んだ激闘は、延長後半6分にシドニーFCがゴールを決めて2-1とリード。残り時間が差し迫るなか、劣勢のアデレードはプレーを急いでいた。そんな折、スローインを獲得した際に元オーストラリア代表のアデレードDFマイケル・マローンが衝撃の行動を見せる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00010015-soccermzw-socc

「僕のW杯出場枠を彼に譲りたいくらいだ」ラキティッチの心温まるツイートにブッフォンは

1
世界的な守護神がワールドカップ(W杯)という大舞台、それも栄光のキャリアを締めくくる最後のステージに立てないという事実に、心を痛めているサッカーファンは少なくない。バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチも、そのひとりのようだ。

スウェーデンとのプレーオフに敗れ、イタリアが60年ぶりにW杯出場を逃したことで、ジャンルイジ・ブッフォンは前人未到の「6大会連続W杯参戦」という偉業を達成できなかった。W杯を引退への花道と考えていたイタリアの守護神は、ロシアに足を踏み入れることなく、代表キャリアにピリオドを打つことになったのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171122-00032876-sdigestw-socc

ウニオン・ベルリン内田篤人、次節メンバー入りへ…太もも負傷乗り越えて練習フル参加

1
ウニオン・ベルリンに所属するDF内田篤人が、ダルムシュタット戦でメンバー復帰することになりそうだ。ドイツ『B.Z.ベルリン』が報じた。

内田は今夏、シャルケから出場機会を求めてウニオン・ベルリンへレンタル移籍。しかし、左足太ももを負傷し、ここまではわずか2試合の出場にとどまっている。それは右サイドバックのクリストファー・トリンメルが好調を維持していることも起因する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000019-goal-socc

本田フル出場のパチューカ、メキシコ杯決勝進出決定!モンテレイと対戦へ

1
コパ・MX準決勝が21日に行われ、MF本田圭佑が所属するパチューカとアトランテが対戦した。本田は公式戦9試合連続でスタメン出場し右サイドに入った。

パチューカ 2-0 アトランテ
【得点者】
1-0 5分 オマル・ゴンザレス(パチューカ)
2-0 21分 ビクトル・グズマン(パチューカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00671866-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ