Sponsored Link

バルサの高額オファーを断っていた!16歳のネイマール2世、レアル移籍の理由は?

1

レアル・マドリー加入で合意に至ったヴィニシウス・ジュニオールのもとには、バルセロナから高額オファーが届いていたようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

ブラジルの名門フラメンゴに所属する16歳のヴィニシウスは“ネイマール2世”とも称される期待の新星。報道ではマドリーがフラメンゴに支払った金額は4500万ユーロ(56億2500万円)ともいわれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00010023-footballc-socc

日本代表にサプライズ初選出の加藤恒平、家族に嬉しい報告も「最初は信じてくれなかった(笑)」

1

ブルガリアのPFCベロエ・スタラ・ザゴラに所属する日本代表MF加藤恒平が26日に帰国し、空港で囲み取材に応じた。

25日の日本代表メンバー発表で、初の代表入りを果たしたことについて「素直に嬉しい気持ちと、ここからが勝負という気持ちです。すごいプレッシャーでもありますし、自分がピッチの上でどれだけできるのかがすごく大切なので、しっかりと準備していきたいです」と率直な感想を述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00592874-soccerk-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-01829997-nksports-socc

久保裕也、野心隠さず。将来の夢は「もっと違う、レベルの高いリーグに」

1

ベルギーのヘントに所属する久保裕也が、クラブの公式番組で憧れの選手や自身の夢を語った。

冬の加入ながら今季のリーグ戦で16試合11得点を記録し、25日に発表された日本代表にも選出された久保。インタビュアーを務めた少年からの質問に終始笑顔で答え、「小さいころはどの選手が好きでしたか?」という問いに、「よく見ていたのは中田英寿とか柳沢敦とか」と元日本代表の2選手を挙げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00010016-footballc-socc

「ガクにはファンが多い」…テネリフェ同僚MF、柴崎の近況を明かす

1

現在U-20W杯に参戦しているU-20ホンジュラス代表のMFダリクソン・フエルトは、スペイン2部テネリフェに在籍している。

メンバー表に記載された所属クラブは「テネリフェB」だが、トップチームでもトレーニングを積んでいる。リーグ戦の出場こそないものの、柴崎岳が初めて遠征メンバー入りした第29節ヘタフェ戦の次の試合、第30節レウス・デポルティウ戦でベンチに座っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00010009-footballc-socc

ヘーレンフェーン小林、日本代表予備登録が判明 現地紙「代表での活動があるかもしれない」

1

ヘーレンフェーンMF小林祐希は、6月7の親善試合シリア戦と13日のロシア・ワールドカップアジア最終予選イラク戦の2連戦を行う日本代表メンバーから落選したが、リバーブメンバーとして予備登録されていることが判明した。オランダ地元紙「リーウワーデル・コウラント」が報じている。

小林は今季移籍したオランダ1部のクラブでレギュラーの座をつかんだ。だが、ユトレヒトとのUEFAヨーロッパリーグプレーオフでは2試合連続でスタメン落ち。30試合出場1得点という成績に終わった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00010010-soccermzw-socc

南野途中出場のザルツブルク、ミスから2失点も鮮やかな3発逆転で王者の貫禄

1

MF南野拓実の所属するザルツブルクは25日、オーストリア・ブンデスリーガ第35節でオーストリア・ウィーンと対戦し、アウェーで3-2で勝利した。南野は2試合ぶりのベンチスタートとなり、後半23分から途中出場した。

すでにザルツブルクの4連覇が決定している中、2位オーストリア・ウィーンのホームに乗り込んでの上位対決。しかし、序盤からザルツブルクが不運なオウンゴールで先制点を許してしまう。前半7分、オーストリア・ウィーンは右CKからMFラファエル・ホルツハウザーが蹴り上げると、ゴール前のDFアンドレアス・ウルマーに当たり、GKチチャン・スタンコビッチも防げなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-01640160-gekisaka-socc

ローマ、2017-18新ユニフォームを発表!ソックス色違いのデザインを継続

no title

2000-01シーズンを最後にリーグ優勝こそないものの、セリエAの強豪として常に上位争いを繰り広げているローマ。今週末のリーグ最終節は、ここ16年で9度目の2位がかかるとともに、「王子様」フランチェスコ・トッティのローマでの最終戦となる。

そんな歴史的な試合を前にした彼らが25日、2017-18シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13114367/
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ