Sponsored Link

ヘルタ、96分のラストプレーで追いつかれ金星逃す…首位バイエルンが執念ドロー

1
[2.18 ブンデスリーガ第21節 ヘルタ・ベルリン1-1バイエルン]

ブンデスリーガは18日、第21節2日目を行い、FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはホームでバイエルンと対戦し、1-1で引き分けた。原口は右サイドハーフで先発し、1-0でリードしていた後半アディショナルタイムまでプレー。ところが、チームはラストプレーで失点し、あと一歩のところで金星を逃した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-01637035-gekisaka-socc

長谷部が痛恨のPK失敗…チームは降格圏インゴルシュタットに黒星で連敗

1
ブンデスリーガ第21節が18日に行われ、日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトとインゴルシュタットが対戦した。

前節、レヴァークーゼンに完敗し、公式戦の連勝が3でストップしたフランクフルト。現在リーグ3位につけているが、首位バイエルン、2位ライプツィヒに食らいついていくために連敗は避けたいところ。降格圏17位のインゴルシュタット戦には、長谷部がリーグ15試合連続となる先発出場。リベロではなく、ボランチとして起用された。

【スコア】
フランクフルト 0-2 インゴルシュタット
【得点者】
0-1 26分 ロマン・ブレジェリー(インゴルシュタット)
0-2 69分 パスカル・グロス(PK)(インゴルシュタット)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00553478-soccerk-socc

香川が2戦連続の途中出場…“黄色い壁”閉鎖のドルトが公式戦3試合ぶり白星

1
ブンデスリーガ第21節が18日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川はベンチスタートとなった。

ドルトムントは14日に行われたチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦のベンフィカ戦を0-1で落とし、公式戦連敗を喫してしまった。同試合ではエースのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンがPKを外しており、2017年に入って得点ランキングトップに立ちながらも不振に喘いでいる。また、第19節のライプツィヒ戦でドルトムントサポーターの一部がライプツィヒのファンを襲撃したことにより、“黄色い壁”と呼ばれる南側スタンドが同試合で閉鎖される。14位に沈むヴォルフスブルク戦はエース、チームにとっても重要な試合となった。

【スコア】
ドルトムント 3-0 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 20分 オウンゴール(ジェフリー・ブルマ)(ドルトムント)
2-0 48分 ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)
3-0 59分 ウスマン・デンベレ(ドルトムント)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00553483-soccerk-socc

ひぇ…ボカの練習で10歳違いの選手が大ケンカ!

1
ボカ・ジュニオルスの練習中に勃発した選手同士のケンカが話題になっている。

取っ組合いの殴り合いになったのは、22歳のDFジョナタン・シルバと32歳のDFフアン・インサウラルデ。

http://news.livedoor.com/article/detail/12692359/

岡崎はスタメン…FA杯レスター対ミルウォール、先発メンバー発表

1
レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が現地時間18日のFAカップ5回戦の3部ミルウォール戦で公式戦3試合連続の先発落ちとなる可能性が浮上している。英地元紙「デイリー・メール」が報じた。

レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は「選手を大量に入れ替える。(前の試合から)10人は替える」と明言していた。8日のFAカップのダービー戦(3-1)、12日の第25節スウォンジー戦(0-2)で出番のなかった岡崎には先発復帰の機運が高まっていたが、先発落ちの苦境は続くかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170218-00010007-soccermzw-socc

香川、武藤はベンチスタート、長谷部、原口はスタメン…ブンデスリーガ21節の先発メンバー発表

1
日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは18日、14位に沈むヴォルフスブルクと本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで対戦する。

ドルトムントは、前節、最下位ダルムシュタットに不覚をとり1-2で敗北した。ミッドウィークに行われたUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16の1stレグでもベンフィカに0-1敗れ、ドルトムントはトーマス・トゥヘル監督による不可解な采配が続き公式戦2連敗となっている。立て直しを図りたいトゥヘル監督は試合前日の会見で、エースのピエール=エメリク・オバメヤンのスタメン起用を示唆したが、体調不良のソクラティスラファエウ・ゲレイロとは欠場する可能性がある語った。

リーグ戦の中断期間中、アフリカ・ネイションズカップに出場し、ドルトムント復帰後も過酷なスケジュールがつづくオバメヤンだが、トゥヘル監督は「100%の状態に戻そうという考えがあった。しかし、チームの中にも外にも、そういうシグナルを送りたくはなかった」とし、「彼にはできるだけ長くプレイしてもらう」と語り期待を寄せた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00010019-theworld-socc

降格圏のグラナダがリーガ新記録…スタメンに異なる11カ国の選手を起用

1
17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節で、グラナダが新記録をマークした。同日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

降格圏の19位に沈むグラナダは、ホームに13位ベティスを迎えた。1部残留に向けて勝ち点を積み上げたい同クラブは、メキシコ代表GKギジェルモ・オチョアを起用し、ディフェンスラインはスペイン、ウルグアイ、フランス、アイスランド、カメルーン人で形成。中盤はナイジェリア人、ガーナ人、モロッコ人のアフリカ勢とブラジル人で構成した。前線には今冬加入したコロンビア代表FWアドリアン・ラモスを起用。これで、スタメンの11名が全て異なる国籍という事態となった。同紙によると、リーガ・エスパニョーラ史上初の出来事であるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00553360-soccerk-socc
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ