Sponsored Link

駒野友一「オシム監督のときより緻密なサッカーをしている」


komano2

1: お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/11(木) 08:48:01.94 ID:???0
駒野友一は、日本代表で常に確固たる地位を築いていたわけではない。だが、W杯のピッチには必ず彼の姿があった。2006年ドイツW杯では、大会直前に右サイドバックの加地亮が負傷し、初戦のオーストラリア戦で先発出場を果たした。2010年南アフリカW杯では、右サイドバックの内田篤人が本番を前にしてレギュラー争いから脱落し、大会直前に同ポジションに抜擢された今野泰幸も負傷。代わって、全4試合に出場した。

「自分でも“持ってる”なって思います」

 現代表でもレギュラーを確約されているわけではないが、8月のベネズエラ戦、9月のUAE戦と親善試合でバックアップという位置づけ以上の働きを見せると、W杯最終予選4戦目のイラク戦でも活躍し、高い存在感を示した。

「今、自分が(代表の)試合に出られるのは、負傷とか累積警告とか、レギュラー選手の代わりに出ているだけ。だから、決して満足はしていないですよ。そこで、ザッケローニ監督の要求にどのくらい応えられているか、というのもちょっとわからないですね。監督の心は読めないですから。でも、自分が出場した試合では、最終ラインなので失点ゼロを目指してやっていますし、攻撃面でもゴールなり、アシストなり、結果を出せるようにプレイしています。そうしたことにプラスして、常に安定したプレイをしていれば、レギュラーポジションを獲得することができると思っています」

 前述のとおり、駒野はドイツW杯、南アフリカW杯の2大会を経験し、その間、ジーコ、オシム、岡田武史と3人の監督のもとでプレイしてきた。彼ら3人の監督とザッケローニ監督とを比べて、いちばん異なるのは“要求の細かさ”だという。

「オシム監督のときも攻守における約束事はありましたけど、ザッケローニ監督はそれ以上に細かいです。特に守備面で指示されているのは、最終ラインのしぼりと体の向きですね。しぼりについては、逆サイドにボールがあるときはセンターバックふたりと自分の3人で守れと言われています。センターバックとの距離に関しても『10mはダメだ。常に7、8mの距離を取るように』と明確な指示を出されます。

>>2以降につづく

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121010-00000305-sportiva-socc

2: お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/11(木) 08:48:35.83 ID:???0
体の向きは、例えば相手が左サイドから、つまり自分の守る右サイドを攻めて来た場合、自分はセンターバックと向き合おうような感じで守ります。(ゴール前への)スルーパスのケアを最優先しているからです。そんなふうに、練習では細かく指示がありますけど、試合になれば自分の体に染み付いた癖もあるので、その感覚を大事にしています」 体の向きについては、守備にとどまらず、攻撃においても厳しく指示されるという。

「攻撃でも、練習中は体の向きのことをかなり言われます。自分の前にいる中盤のサイドの選手の体の向きを見て、体の向きが外を向いているときはサポ-ト、内側を向いているときは上がれと指示されています。体の向きについて、これほど事細かく指示があるのは初めてですね」

 ザッケローニ監督は、練習中では綿密に時間をかけて戦術を説くが、試合になれば細かいことは言わないという。それでも、体の向きひとつでこれほど詳細な指導があるのであれば、戦術的な要求が厳しいのは容易に察しがつく。

「今は全体のラインを高くしているので、(相手に)ロングボールを蹴らせないような対処をしているし、その際の(相手への)プレッシャーのかけ方にしても細かいやり方があります。だから守備のときは、センターバックのふたりと頻繁に話をしながら、ポジショニングなど常に確認をしています。あと、(ボールを持った相手に対する)囲み方が、過去に経験したことのないやり方でした。詳しくは言えませんが、ちょっと特徴があるんです。イタリア人の監督は、守備には厳しさと規律を求めるんだな、と実感しましたね」

指揮官が求める戦術を消化し、なおかつ自分のカラーを出していく――。

代表で生き残るには、そうしたバランスが必要になる。その点、駒野はクロスという傑出した武器を持つ。その精度は、日本のサイドバックでは随一だろう。

「クロスは、自分の売りですからね。そうやって言えるのも、若い頃、練習したからです。昔は自分が納得するまで、1日50本ぐらい蹴ったこともありました。基本的に、相手にとってはGKとDFの間に取りづらい、味方にとっては走りながらでも合わせやすい、ボールを入れていこうと思っています。それと、選手の個性に合わせられるようにしています。

>>3以降につづく

4: お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/11(木) 08:49:25.60 ID:???0
例えば、ゴール前に突っ込んでいく選手なら、その動きとスピードに合わせてクロスを入れていますね。あと、クロスだけではなく、自分は中に切れ込んで積極的にシュートも打ちます。両足で蹴れるので、それも自分の持味だと思っています」

 今の代表は、サイドアタック、中央からの崩し、セットプレイ、高速カウンターと、ゴールのバリエーションが実に多彩だ。南アフリカW杯ではセットプレイとカウンターしか攻め手がなかっただけに、わずか2年での成長を、駒野はどう感じているのだろう。

「今、これだけ点が取れているのは、単純に個人の力がついたからだと思います。前線の選手はボールを持てるし、個人でも局面を打開できる。それを周囲がサポートしたり、オーバーラップしたりして、2次攻撃につなげるなど、コンビネーションで崩すこともできる。相手にとって、嫌なことができていると思いますね。イラク戦のように、引いた相手には苦しむことはあるけど、どうにもならないという感じではありません。仮に失点しても、取り返す力があるというか、何かをやってくれそうな雰囲気が、このチームにはあるんですよ」 そう語る駒野の表情からは、チームに対する信頼と自信が見て取れた。チーム作りが理想的な形で進んでいる証拠だろう。

「これまでは、すごく順調に来ていると思います。過去のW杯最終予選は苦しい試合ばかりで、今のチームのようにいい勝ち方をして、こんなにスムーズにスケジュールを消化していくことはなかったですからね。ただ、このチームがこのままステップアップし続けていくのか、頭打ち状態になるのか、その辺のところはわかりません。そういう意味では、今度の欧州遠征でフランス、ブラジルと対戦するのは楽しみです。多くの選手が海外で経験を積んでいるとはいえ、日本代表チームとしての国際経験はまだまだ足りません。W杯の本番前くらいでしか格上の国と勝負する機会がない中で、今この時期にこれほどのチームと対戦できるのは本当に大きい。

>>4以降につづく


5: お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/11(木) 08:49:41.88 ID:???0
経験というのは、試合でしか積めないですし、すごく貴重な2試合になると思います」

 フランスとブラジル。W杯の実績や客観的に見た力関係で言えば、2試合とも大敗し、これまでチームとして培ってきたものが壊れてしまう可能性さえある。

実際に11年前の2001年3月には、前年10月にアジアカップを制したばかりのトルシエジャパンが自信満々でパリに乗り込んだが、1998年W杯、EURO2000の覇者であるフランスに成す術なく0-5と大敗。戦い方を見直さざるを得ない状況に追い込まれた。

「以前、サンドニ(パリ)でフランスと戦ったときはボコボコにやられて、そこでチームは変わらざるを得なかったと聞いています。それでも、今の時期に真剣勝負ができることのほうが大事。手も足も出ないのか、それともある程度戦えるのか。苦しい展開になったとき、どれだけ踏ん張ることができるのか。これまでのチームの完成度を試す絶好の舞台だし、チームを見直すにもいい機会になると思います」

 今回の国際経験が、ブラジルW杯に向けての“良薬”になれば、チームはさらなる成長を遂げられるだろう。そしてこの機会を経て、駒野がザックジャパンにおける確かな地位を確立しても、何ら不思議はない。

(おわり)

9: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 08:52:38.80 ID:VLOOZGZe0
駒野のちょっと長めのFKは確かに入りそうな気がする

14: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 08:54:39.61 ID:iYqNyeT30
全盛期のキング・カジは越えた

19: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 08:56:13.93 ID:SUhUyIDL0
>>14
かもしれん

17: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 08:55:36.40 ID:4/d7rUJY0
駒野喋りすぎだぞ

24: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 09:00:52.25 ID:xQzcq0sf0
何時の間にか実績ナンバー1SBだな

25: 2012/10/11(木) 09:01:13.10 ID:gFrCvHxaO
ポジショニングをメートルで細かく指示するのはイタリアの指導法だね。あとサイドに逃がすんじゃなくて中でサンドイッチするのは特長的だと思った。監督にもよるんだろうけど昔のSBだと中を切ってサイドに追い込めって言われてたからねぇ

39: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 09:14:07.30 ID:XDUJ0/No0
>>25
それが守備の基本と本で読んだ記憶がある
中央でサンドイッチとか、それもまた一つのセオリーなのかな

45: 2012/10/11(木) 09:23:21.10 ID:gFrCvHxaO
>>39
中を切って中央に入ってこられたら逆をつかれる訳だから、重心の逆をいかれるのは縦の方がマシって考えなんじゃないかな。中なら直接Box内に入られてシュート打たれるけど縦ならシュートコースも狭まるしクロス上げる可能性が高いから最悪でも中で弾きかえすって考えなんだろう

これは好みの問題とCBやボランチの動きにも関係するから何が正しいとかはないと思う。

29: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 09:05:12.07 ID:3kY5jeBt0
オシムの言葉も古くなったよな。
「日本人選手は上手いのに、国際舞台ではその技術を全然発揮できない」というのが
オシムの考えの中心だったけど、これだけ海外組が生まれてマンUやインテルに行く
のでまで出てくるとね。勿論まだまだ世界レベルとは遠いけど、「取っ掛かり」は出来た
のであとはそれを伸ばし成長させるだけ。

32: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 09:06:36.25 ID:SUhUyIDL0
>>29
敏捷性が武器になるというのは当たってたな

135: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 11:58:59.78 ID:x+bhVoHd0
>>32
敏捷性=テクニックのキレだからね

同じマルセイユルーレットでも1秒でできるのか0,5秒でできるのかで雲泥の差

スペインが圧倒的に強くなったのはゲームプレイをコンパクトにして相手の白人、黒人選手
のテクニックを封じる事に成功したから、大柄の白人や黒人選手はそのテクニックを駆使する為には
それなりの空間が必要になるが、その空間が取れなければテクニックの能力が半減してしまう
テクニック+スピードに乗ることで豪快な突破を行い点に絡めていくのが彼らのサッカーだったけど
それをスペインは封じ込めた、しかしオリンピックでは敏捷性と小回りの利くテクニックに勝る日本に負けた
そして着まわ目つけは高速フォワードによる早プレスでスペインの良さを消した

37: 2012/10/11(木) 09:12:08.02 ID:gFrCvHxaO
オシムは運動量とポジショニングを重視し日本人の敏捷性を指摘したが、最初はサッカーライターの間でも懐疑的だった。今やその方向性や指摘が正しかったと証明されたよね

55: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 09:38:18.71 ID:253sqzUm0
オシムが意外にも細かい指示はしないというのは複数の選手が証言している

58: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 09:40:56.87 ID:S+yuqnRu0
>>55
オシムは元名選手だったから基本選手任せだったよ
選手を信頼してたから
ザックみたいな選手経験が無い監督は細かく指導しがち

69: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 09:55:00.27 ID:ZnH9vA940
>>58
トルシエもそうだったね。
体の向き、相手より先に肩を入れる、相手ボールの状態の違いによるライン操作、
パスを貰う選手の動き方。
トルシエが手でボール持ってうろうろして、それに合わせてDFラインと中盤が
ブロックになって動く練習。

83: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 10:31:07.62 ID:SJt9vFl/0
SBの中では駒野がキック精度では一番だからなぁ、しかも左右出来るし。
前田ワントップならコンビネーションも考慮してありだと思うんだよね

101: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 11:11:24.01 ID:SJ6CmgNa0
DFにはすげーうるさそうなのは納得

102: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 11:12:06.17 ID:7zCI5zOj0
ライン高いし決まりごと多そう

103: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 11:20:14.03 ID:/PcUaWpA0
イタリア人って「細かいことは良いんだよ」ってノリで
とにかく計画を立てたがらないもんだが・・・

108: 2012/10/11(木) 11:27:54.47 ID:gFrCvHxaO
アンチェロッティは
プレミアは選手層は上だが
戦術はセリエAの方が上だと言ってたな

チェルシー率いた後で

134: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 11:57:58.35 ID:/9Q7Gwjg0
ザックって吉田にはガンガン言うけど内田にはあまり言わないんだよね
内田は言われなくても出来る子って見られているんだろうね

145: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 12:03:20.13 ID:4mYZf+fFO
>>134
選手のキャラクターを見極めてんじゃねえの?
今野とかにはブラックジョークも織り交ぜて弄ってるらしいしw

166: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 12:34:38.77 ID:ZdKkEG1Q0
>>134
別スレでザックが内田や酒井に守備の指示をしてたっていう
書き込みを読んだことがあるよ。
イタリア人からすると不満なんじゃないか?

172: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 12:44:21.32 ID:7An5cnKlO
>>166
酒井と内田が居残り練習したんだっけ
守備の事で厳しく言われたみたいな記事があったな

128: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 11:53:51.60 ID:DsbJ/hogO
守備は流石にザックの方が緻密だろうな
攻撃のスペースのつくり方や活かし方はオシムが長けてる

22: 名無しさん@恐縮です 2012/10/11(木) 08:57:40.70 ID:0ORObRC00
オシム時代がすげえ昔の事の様に感じる


引用元: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1349912881/

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無しさん
    • 2012年10月11日 16:06
    • ID:M.W15S4y0
    • いい記事だな。DFどうしの距離、3+1の守備、体の向き、どれも重要なポイントだし、
      どういう指針で練習してるのか教えてもらえると試合観る楽しみが増えるよ。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2012年10月12日 09:45
    • ID:ljBf.C2l0
    • 代表が今まで一番熟成させてきたのが守備組織だから、フランスやブラジルに全く通用しないとなると、厳しくなる。
      非常に楽しみ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ