Sponsored Link

大迫が2ゴール演出…1860ミュンヘンは逆転勝利で3戦ぶり白星


1

ブンデスリーガ2部の第27節が26日に行われ、コットブスと日本代表FW大迫勇也の所属する1860ミュンヘンが対戦。大迫は先発出場した。

アウェーに乗り込んだ1860ミュンヘンだったが、25分にセットプレーからゴール前で混戦を作られると、マティアス・フェッチュにシュートを蹴り込まれて、先制を許した。均衡を破られた後もピンチを迎えるが、2点目は許さずに前半を折り返す。

1点ビハインドのまま後半に入ったが、開始直後の47分に同点ゴールを奪う。大迫が右サイドからクロスを上げると、相手のクリアミスも重なったことで、ゴール前でボールを受けたドミニク・シュタールがシュートを蹴り込んだ。

振り出しに戻ると、互いに勝ち越しを狙うが、両チームともにチャンスを生かせない展開が続いた。67分には大迫がゴールを狙ったが、オフサイドの判定を受けた。

攻勢をかける1860ミュンヘンは、70分にモリッツ・シュトッペルカンプが大迫とのワンツーで左サイドを突破。GKと一対一になると、中央にラストパスを送り、最後はダニエル・アトルングがシュートを蹴り込んで逆転に成功した。

試合をひっくり返した1860ミュンヘンは、コットブスの反撃を抑えきり、2-1で勝利し、3試合ぶりの白星を挙げた。なお、大迫は86分までプレーしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00177889-soccerk-socc

大迫のクロスが相手のクリアミスとなり、ドミニク・シュタールがシュート



シュトッペルカンプが大迫とのワンツーで左サイドを突破。中央にラストパスを送り、最後はダニエル・アトルングがシュート



1860ミュンヘンは、コットブスの反撃を抑えきり2-1で勝利
10勝9敗8分けで勝点38に

次節はホームで首位ケルンと対戦(30日20:30~)

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年03月27日 05:14
    • ID:nis4jQ6Q0
    • 現地サポは喜んでるんじゃないかな?
      「あまり点を決めると1部に連れて行かれちゃう~」て以前に騒いでたから

      でもそんな心配してもしなくても、本人は夏には次のステップへ進むだろうけどね
    • 2
    • Posted by
    • 名無しさん
    • 2014年03月27日 07:50
    • ID:kasNcIX70
    • ワンツーの時のワンテンポ遅らせたタメが良かったな
    • 3
    • Posted by
    • 名無しさん
    • 2014年03月27日 08:05
    • ID:Lu9HYBda0
    • 2点目のシーンQBK思い出した
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年03月27日 11:24
    • ID:Hg4AYAci0
    • 日本で上手い奴に攻撃的MFが多い理由だな
      「全然球がこねぇ! よし、ゲームメイクも俺がやる!!!」
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年03月27日 12:25
    • ID:mAXSo9FX0
    • まじで大迫ミュンヘンだな。
      昨年の大迫アントラーズはまだいいパス出せるやつはいたけど、
      ここは10番除いてそんなやつはいないしな。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年03月28日 09:04
    • ID:zsNQz6cl0
    • 昇格しなきゃー自由契約の、昇格したらしたでその際の存在感如何では引き抜きかー
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ