Sponsored Link

クロップ監督「マドリーにとって最も高い壁になりたい」


1

ボルシア・ドルトムントは2日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグでレアル・マドリーと対戦する。ユルゲン・クロップ監督は試合を前に、マドリーにとって最も高い壁になりたいと話している。

昨季の準決勝でもマドリーと対戦し、2試合合計4-3で勝利してファイナルに進出したドルトムント。昨季との違いについて聞かれると、クロップ監督は次のように語った。ドイツ『ヴェストドイチェ・アルゲマイネ』が伝えている。

「マドリーにはガレス・ベイルや、ほかにも何人か新しい選手が加わった。マドリーやバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンのようなクラブは、(強いチームを)さらに補強できるんだ。我々には不可能なことだね」

「でも、これは準々決勝だ。我々は、マドリーがこれまで立ち向かった中で最も高い壁となりたい。可能かどうかは分からないが、トライするよ」

今季は負傷に悩まされているドルトムントだが、昨年に続いてベスト8まで駒を進めてきた。

「また準々決勝まで来ることができたのは、魔法を使ったのではなく、ほかに理由がある。その一つが、決定的な瞬間に、どんな問題があってもそれを乗り越えることができたということだ。ブンデスリーガではいつもそれをすることができていないかもしれない。だが、CLではそれができてきた」

「負傷者はまだ多すぎるほどだ。だが、我々のチームには、このような試合で最高のパフォーマンスを見せるための準備ができている非常に良い選手たちがいる」

FWロベルト・レヴァンドフスキが出場停止のドルトムントは、ゼロトップで臨むことが予想されている。

「私は、フォワードがいないシステムはあまり好きじゃないんだ。でも、ゼロトップで臨む試合を選べるなら、本当に強いチームとのアウェーでの試合だろう」

「明日はおそらくポゼッションの競争にはならない。試合を決めるような競り合い、そしてそのそれぞれの場面でどう反応するかが重要だ。ゴールを奪うのに、必ずしも5人で前線に駆け上がらなくてもいいんだよ。そういうプレーには慣れていないからね。まあ、言い訳は負けてから考えるさ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00000008-goal-socc
アンチェロッティ監督「ドルトムント戦に向けた準備は100%」


2

「これまで非常に調子がいい。無敗を維持しているのは我々を含めて2チームだけ」と、好調ぶりについて語るアンチェロッティ監督。ドルトムントには、昨シーズンの準決勝で敗れているが、「相手はロベルト・レヴァンドフスキを欠くことになり、大きな痛手となるはず」と語りながらも、警戒は解かなかった。

「彼らはコンパクトに戦い、切り替えが素晴らしい。けが人を多く抱えているようだが、スタイルを変えることはないと思う。ユルゲン・クロップ監督のことも、高く評価しているよ。彼は素晴らしい仕事をして、昨シーズンはチャンピオンズリーグ決勝まで導いている。これはどんな監督にとっても大きな快挙」

自身は今シーズンからレアル・マドリードを率いているが、昨シーズンの対戦は分析済みの模様。「奇妙な2試合だったね。ファーストレグの前半は、レアル・マドリードが試合を支配していたと思うが、後半は信じられない展開になった。しかし、チャンピオンズリーグでは、ああいうことも起こる」と語り、「いい結果が必要だから、攻撃的にプレーするつもり。しかし、ドルトムントのカウンターにも気をつけなければならないね」と、今回の対戦に意気込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00179297-soccerk-socc

クロップ監督「負けてもこの世の終わりではない」


3

「セカンドレグをホームで戦えるのは若干有利かもしれないが、私が恐れているのは、マドリードがここで勝負をつけようとしてくることだ。彼らの試合は数多く見たが、得点機を作れずに終わった試合はない。プレーの質が極めて高いことは無視できないが、自分たちのプレースタイルを貫き、下を向かずに戦えば、我々にもチャンスはあるだろう。負けたとしても、この世の終わりというわけではない。ここ10年のドルトムントに匹敵することを成し遂げてきたチームは、そうそういない。ボールは支配できないかもしれないが、一対一の戦いに勝てば可能性はある。もっとも、(ロベルト)レヴァンドフスキがいないのは残念だ。彼なしで戦う準備はできていないが、ベストは尽くすよ。やってみなければ、わからないからね」と、試合を展望した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00179296-soccerk-socc


1

現地時間2日に準々決勝ファーストレグが予定され、レアル・マドリーはホームにドルトムントを迎える。ドルトムントは負傷者や出場停止により多くの主力選手を欠いてこの試合に臨むことになる。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年04月02日 17:17
    • ID:4lfGmJdX0
    • やっぱりちょっとクロップも弱腰かなwwwww
      怪我人多すぎだわレヴァ出れないわじゃなー
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月02日 18:28
    • ID:ojXu4c1f0
    • レアル側も実は負傷者出てきてるんだよな
      ケディラ、ヘセ、アルベロア、マルセロ・・・
      特に両サイドバックはこれからキツイね
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月02日 18:46
    • ID:An8czPId0
    • レアルはまだマシだろ。スボ、ギュン、レバのセンターラインなしは痛すぎる。
    • 4
    • Posted by
    • 2014年04月02日 19:03
    • ID:t8vtKeZB0
    • 来季からこいつなしで戦う事になるから
      レバのことは忘れたほうがいい
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月02日 19:46
    • ID:sElFGayp0
    • 選手層が違うからな。
      ドルトムントは湘北
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月02日 20:12
    • ID:WDB310Qg0
    • しかしクロップは良い表情するな。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月02日 23:17
    • ID:KLgOawRC0
    • ドルはスタメンクラス何人出れるんだ?3人?4人?
      それくらいケガで離脱中だろ…
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ