Sponsored Link

セードルフ監督が続投宣言「来季も監督」


1

13日のACミラン-カターニア戦後、ミランのクラレンス・セードルフ監督(38)がスポーツチャンネル「beINSports」のインタビューに答え、「私は来季もミランの監督だ」と続投宣言した。

セードルフ監督は「まだあと5試合残っているから順位は終わってから考える。当面の目標は1試合ずつ勝ち点を取る事。次にいい試合をすることだ」と話した。

また、カターニア戦の前、セードルフ監督はポリとデヨングを中盤に入れて、トップ下にカカ、左右にターラブとビルサを入れようと考えていた。しかし、このフォーメーションはクラブ側が気にいらなかったようで、モントリーボを中盤に入れることにしたようだ。

この質問をぶつけられた監督は「スタメンは前の晩にすでに決めていた。(マスコミが)誰から聞いているのか知らないが、後味のよくない話だ。実際にはどこからの影響もない。誰か内部の人間が話しているのだろうが、黙っているべきだ。たとえモントリーボがスタメンではなかったとしても、別に問題ではない」と答えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140414-00000056-nksports-socc
セードルフ「結果が士気につながっている」


2

「選手たちは好調だ。結果が士気につながっている。より楽に戦えているんだ。フィジカルコンディションも良くなった。カターニアは決して死なないチームだ。(最下位で)難しい時期にあるが、彼らにはプライドがある。我々にはカターニア戦以降も続く目標があるんだ。アイディアを変えていないことを示さなければならない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140413-00000014-goal-socc

セードルフ監督「とにかく結果を出す」


3

ミランは今季初の4連勝。順位を8位に上げ、欧州リーグ出場権内(5位)も見えてきた。セードルフ監督は「あまり順位は見すぎないことにする。今季残り5試合を戦い抜くだけだ。そうすればリスクは免れるだろう。カターニアは我々に困難な状況に陥れた。他チームだってそうさせられる可能性はある。しかし弱気になったりあきらめたりはしない。あと少し冷静に落ち着きを取り戻せられればよいだろう。とにかく結果を出すことだけだ」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140414-00000073-dal-socc


4

現在8位のミランは次節19日にホームで18位のリヴォルノと対戦する

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月14日 23:55
    • ID:6Fnu9iZk0
    • セードルフ顎長いな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月15日 00:15
    • ID:4bXDlbqx0
    • キャンプなし、補強なしだからな。
      保留ってとこだろうな実際は。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月15日 01:04
    • ID:KkOOkyjWO
    • フロント現場介入してるんだ…
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月15日 01:43
    • ID:YHoSv7.p0
    • キャリア積んだら名将になりそうな匂いはプンプンしてるのだが・・・
      その下積みがミランってのはなぁ
    • 5
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年04月15日 08:35
    • ID:bzAF61.U0
    • 最近結果も出してきてるし、もしそうなら本田にとっては朗報だろうけど
      ミランだからね…明後日に覆っていても驚かない
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ