Sponsored Link

ニュルンベルク4連敗…清武 得点絡めず途中交代


1

ブンデスリーガ第31節が20日に行なわれ、日本代表MF長谷部誠、日本代表MF清武弘嗣の所属するニュルンベルクとレヴァークーゼンが対戦。清武は先発出場、長谷部は負傷のために欠場した。

自動降格圏内の17位に沈むニュルンベルクは、ホーム戦に臨んだが、16分にレヴァークーゼンのエミル・スパヒッチにミドルシュートから先制点を許す。序盤に1点のビハインドを負ったが、26分にマルヴィン・プラッテンハルトが直接FKで同点ゴールを奪い、試合を振り出しに戻して前半を折り返した。

ところが、後半開始直後の48分に、セットプレーのこぼれ球からレヴァークーゼンのゼバスティアン・ベニッシュに蹴り込まれ、勝ち越し点を奪われてしまう。再びリードされると、80分にカウンターからソン・フンミンにドリブルで持ち込まれ、最後はスパヒッチに押し込まれて3失点目。86分にも再びカウンターからロベルト・ヒルベルトにダメ押しゴールを許した。

結局、ニュルンベルクは1-4で敗れて4連敗を喫し、勝ち点26のままで17位。一方、レヴァークーゼンは同54で4位となっている。なお、清武は68分に交代するまでプレーした。

【スコア】
ニュルンベルク 1-4 レヴァークーゼン

【得点者】
16分 スパヒッチ(レヴァークーゼン)
26分 プラッテンハルト(ニュルンベルク)
48分 ベニッシュ(レヴァークーゼン)
80分 スパヒッチ(レヴァークーゼン)
86分 ヒルベルト(レヴァークーゼン)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00183659-soccerk-socc
フェルベーク監督「前半はうまくやったが、後半にやられた」


5

ニュルンベルクは4連敗で17位と厳しい状況が続いている。フェルベーク監督は試合後、次のように語った。クラブの公式ウェブサイトが伝えている。

「前半はうまくやったが、後半にやられた。前半のパフォーマンスには満足していたんだ。多くのチャンスをつくることはできなかったけどね。後半にビッグチャンスがあったが、レヴァークーゼンに2-1とされ、我々のミスを生かされた。我々がよりポゼッションしたが、チャンスをつくれなかったね。どんどん厳しくなっている。でも、我々は次の試合を見なければいけない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00000007-goal-socc

ピノラ「うなだれていてはいけない」


3

「とてもがっかりしている。ファンが怒るのも理解できるよ。僕らはファイトし、走って、サッカーをしようとした。残念ながら、それでは足りなかったんだ。僕らは多くの勝ち点を挙げられていない。でも、この試合のことを話しても仕方ないよ。残り3試合を物にしなければいけない。死ぬ気で戦い、諦めないんだ。経験のある選手たちがチームを盛り立てないと。うなだれていてはいけない」

清武「死ぬ気で頑張ります」


2

レヴァークーゼン戦を振り返った清武は「グラウンドを広く使えていないですし、相手も絞ってきたので難しいと思いました」とコメント。また、自身の動きについては「今日は右サイドでプレーしていて、中にいるようにと指示を受けていたのですが、上手くいきませんでした」と述べた。

また、残留争いについて清武は「今はまだ(残留するチャンスは)あります。3試合が残っています」と主張。さらに「内容よりもとりあえず勝たないと勝ち点を積み上げられないので、あと3試合死ぬ気で頑張ります」と意気込みを示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00183681-soccerk-socc


4

ニュルンベルクは1―4で敗れ、泥沼の4連敗。地元メディアでは早くも清武、長谷部はチームが2部に降格すれば移籍は免れないと報じるなど危機的な状況。残り3戦、残留争いは厳しい状況となってきた。

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ