Sponsored Link

香川恩師クロップはクラブ愛を強調「私とドルトムントの関係は壊せない」


1

マンチェスター・ユナイテッドは22日、デイビッド・モイーズ監督を解任し、MFライアン・ギグスが暫定監督としてチームの指揮を執ることを発表した。クラブは「最終的な結論が出るまで、クラブは今回の件に関しコメントしない」と声明を発表しているが、周辺は騒がしくなっている。

後任監督に挙げられているのは、今夏のW杯終了後にプレミアリーグへの挑戦を明言しているオランダ代表のルイス・ファン・ハール監督。パリSGで指揮を執っており、クラブOBでもあるローラン・ブラン監督。そして、ドルトムントの躍進を支えるユルゲン・クロップ監督だ。

日本代表FW香川真司は、クロップ監督の下でドルトムントでリーグ連覇を達成している。その恩師が監督に就任すれば、求められている役割も理解しており、自身の持ち味を発揮しやすくなるだろう。

しかし、2012年に香川がユナイテッドへの移籍を決断した際に「我々はシンジの少年時代や日本の文化を覆い隠すことはできない。シンジが育った日本ではプレミアリーグがすべてなんだ。ブンデスリーガではなくね」と、理解を示した指揮官は、自身にとってドルトムントこそが最も重要なクラブであることをイギリス『ガーディアン』で強調した。「マンチェスター・ユナイテッドは、偉大なクラブだ。ユナイテッドのファンはとても素晴らしい。親しみを感じている。だが、私とドルトムントの関係は壊せない」と、クラブとの特別なつながりを公言し、他クラブへ行くことに興味はない様子だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00134715-gekisaka-socc
ユナイテッド行きに興味を示さないグアルディオラ


2

以前、ユナイテッド監督候補の一人としてグアルディオラ監督の名前も挙がっていたが、本人はバイエルン以外の指揮を考えていない模様だ。

「私はバイエルンで居心地が良いし、クラブとの契約もある。ここで、このチームが私のチームであることを感じるために、もう少し時間が必要なんだ。それに、まだ我々には改善の余地があると思っている」

バイエルンとの契約が2016年まである指揮官は、こう続けた。

「バイエルンでとても幸せだよ。このクラブで働いている人たちは、みんな紳士なんだ。ここに残りたいと思っている」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000050-goal-socc

香川ら3選手がモイズ解任で残留か


3

マンチェスターUモイズ前監督の解任を受け、今季で退団がうわさされていた日本代表MF香川真司(25)ら3選手が残留する可能性が出てきた。22日付の英紙スポーツモールが報じた。

同紙によると、香川は出場機会が激減したことで移籍するとみられていた。また、FWファンペルシーは、モイズ前監督の練習方針が合わず幻滅しており、FWウェルベックは、ポジショニングの問題でモイズ前監督に対して不満があったという。だが、モイズ前監督の解任に3人は移籍を再検討するだろうと報じた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000087-nksports-socc


4

「輝かしい経歴を持つギグスが、正式な監督が任命されるまでトップチームを指揮する」とユナイテッドは公式サイトで発表。26日のノリッジ戦からリーグの残り4試合で采配を振るう

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年04月23日 10:40
    • ID:y.QGqMQ00
    • 最後の写真が
      ギグス「出て行け!」
      モイ「マジすか…」
    • 2
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年04月23日 21:59
    • ID:aPZE9tft0
    • 見てます
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ