Sponsored Link

相次ぐベテランの退団 長友に求められるキャプテンとしての資質


1

セリエA最終節、インテルはアウェーでキエーボと対戦したが、ベンチ入りした長友は出場しなかった。

前節のラツィオ戦の結果5位が確定し完全な消化試合となったため、コバチッチ以外全てのメンバーを入れ替えて闘った。GKハンダノビッチに至ってはベンチ入りもせず。「出場機会に恵まれない中、これまで練習で貢献してくれた選手に出場機会を与える場としたかった」と監督は語った。

前節はホームでラストゲームとなるサネッティの現役引退セレモニーが行われたが、この試合では彼の他に、ミリートとサムエルも退団決定。さらにカンビアッソも契約延長をしないことが、アウシリオSDから発表された。

このうち、サムエルを除きサネッティ、ミリート、カンビアッソがフル出場。残念ながらキエーボに逆転を許しラストゲームは飾れなかったが、彼らの去り際にはアウェーのインテルサポーターのみならず、キエーボのファンからも暖かい拍手が寄せられていた。

さてこの日、アップを命じられることもなく試合を終えた長友だったが、ちょっとした“見せ場”があった。試合後にベンチから出てインテルサポーターへの挨拶へと向かい、またベンチ入りをしていた他のメンバーにも出て行くよう促していた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140520-00010002-footballc-socc&p=1
長友のキャプテン継承はあるのか?


3

その先には、サムエルが。アルゼンチン組3人がクルバの下へ行き、別れの挨拶をする中、胸中にこみ上げるものがあったのか、彼は行くことを躊躇していた。そこで「行ってきなよ」とばかりに背中を押したのは長友だったのである。その後サムエルはサネッティらの輪に混じり、サポーターに手を振った。長友はその様子を後方から眺め、拍手をしていた。

さて、これでインテルは3冠経験者が全て抜けることになった。そしてこれが意味するものは、チームにキャプテン経験者が2人しか残っていないということだ。一人はラノッキア、そしてもう一人は長友である。

これは長友キャプテン継承という展開か?――と、こちらとしては期待してしまうが、アウシリオSDは17日の会見で「イタリア人で若く、現キャプテンと共通の価値を持っている」とラノッキアの名前を挙げた。在籍人数も長く、DFリーダーとしてチームを統率する役割に相応しい、と考えているのだろう。

ポイントは、アウシリオが「イタリア人で」という条件を強調したことにある。これはおそらく、言語の運用能力に関してのことだ。チームの統率や審判とのディスカッションなど、キャプテンの仕事には「言葉」がかなり介入する。

長友もこの4年間で相当に努力をし、今では取材対応も問題なくこなすようになったが、イタリア語のネイティブスピーカーや他のロマンス語圏出身者と同じレベルを求めるのはさすがに無理がある。

来季、何が求められているのか?


1

ただキャプテンとして重要なのは、何よりリーダーシップそのものだ。そしてインテリスタの中には「サネッティらが抜けた後、今のインテルに相応しいパーソナリティを持つ人間はいない」と不安視するものも少なからずおり、中には「いっそ(夏に加入する)ビディッチに任せたほうがいいのでは」という声もある。

来シーズンにチームがまた不振に陥れば、ファンはサネッティらの喪失感を嘆き、選手の精神的な資質まで厳しく問うことになるだろう。

つまり長友にとっては、リーダーシップという点でも成長出来るかどうかが求められることになる。サムエルの落ち着きや冷静な組み立て、カンビアッソの戦術眼、そしてチームが苦しい時にボールを運ぶようなサネッティの精神力など、そういったエッセンスをプレーの中に織り込みチームを勝利へと導くことが出来れば、また一段のスケールアップに繋がるはずだ。

もちろんその前にはブラジルW杯がある。代表ともども良い準備をして、ここまでの4年間で積み重ねて来たものを存分に発揮してもらいたい。

イタリア代表に選ばれたカッサーノに「これから連絡取ろうと思う」


2

報道陣に「既に気持ちはW杯?」と聞かれると「もちろん。集中しています」ときっぱり。イタリア代表候補に親友のFWカッサーノも選出。日本が1次リーグを突破すれば対戦する可能性もあるが「これから連絡、取ろうと思っています」と笑顔を見せた。

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140519-00000210-sph-socc


5

日本代表は21日から鹿児島県内で合宿がスタートし、W杯に向けて始動する。長友は遅れて合流する予定になっている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無しさん
    • 2014年05月20日 23:33
    • ID:p4hKkTr60
    • 日本代表ですら長谷部、遠藤、川島、内田、本田のしたくらいの優先順位なのに
      CAP長友とか笑うわ、インテルって大人いないんだな
    • 2
    • Posted by
    •  
    • 2014年05月20日 23:49
    • ID:I.eP.NaE0
    • >>1
      うわぁ・・・・
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年05月21日 00:28
    • ID:f7M.3xTE0
    • 今までは在籍年数っていう縛りがあったけどサネッテイやカンビアッソだから文句の出ようもなかった
      むしろ試合に出続けるイタリア選手がインテルにいなかったのが原因なんでしょ
      他クラブと同じ感じにするんだからこれからはイタリア人の若手の育成にも力を入れるんでしょ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年05月21日 00:33
    • ID:W3BUd.Dl0
    • いいから小平か味スタに顔ぐらい出せと
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年05月21日 00:41
    • ID:XtBqe0rPO
    • 1…ウケるw見る目なさ過ぎw
      つか釣りすかw
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年05月21日 01:44
    • ID:R.yFbQ7k0
    • ※3
      とはいえ、来季もヴィダが来るんだからラノッキアは出たり出なかったりじゃないかね。
      サクっと長友がキャプテンマーク巻いてそう
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年05月21日 02:41
    • ID:YZ8W.MSO0
    • ※6
      代表から漏れたロランドがポルトガルの古巣にもどるっつう噂がある
    • 8
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年05月21日 03:32
    • ID:cvfsWCIu0
    • CLのインテル対シャルケに出場していた選手ラノッキアと長友だけ?ラノッキアは長友のひとつ下だよね。彼が当時1番若かった。シャルケのメンバーは6人特に右サイドは変わって無いボランチ以外は。10代が3人いたから。レオナルドは若い選手使う勇気が無いと言われた。あれから3年しか?も?どちらだろう!
    • 9
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年05月21日 04:57
    • ID:tnj6W31.0
    • 来季も3バックで行くなら真ん中がヴィディチだろう。インテルの両WBは積極的に上がるから、走力がないサムエルやカンパニャロが左右をすると裏をかき回されて大変だった。
      開幕からヴィディチが出てくると思うがそうでないならラノッキアは真ん中、その後に右のレギュラーに収まるだろうね。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年05月21日 11:36
    • ID:tGoMQi420
    • カンビアッソだけは手放すのが早すぎる
    • 11
    • Posted by
    • もきゅっと名無しさん
    • 2014年05月21日 17:45
    • ID:u3oMmG6g0
    • ラノッキアにしろ長友にしろ、サネッティ、カンビアッソからしたら
      威厳がないっていうか、キャプテンで大丈夫なの?と思ってしまう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ