Sponsored Link

ピッチ乱入のスーパーマン、イタリアメディアがインタビューに成功


2

ブラジル・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦が1日に行われ、ベルギー代表とアメリカ代表が対戦し、延長戦の末、2-1でベルギー代表が勝利した。同試合中、イタリア人男性のマリオ・フェッリ氏が、スーパーマンのTシャツを着て、ピッチに乱入した。イタリアメディア『Rai』のラジオ番組『ウン・ジョルノ・ダ・ペコラ』が同氏に、電話でインタビューすることに成功している。

「ファルコ(ハヤブサ)」のニックネームを持つフェッリ氏はもはやトレードマークのとなったスーパーマンのTシャツを着て、南アフリカ大会の準決勝、スペイン代表とドイツ代表の対戦でもピッチへの乱入に成功しており、イタリアではお馴染みの人物となっている。

「(ブラジル貧民街の)ファヴェーラの子供たちを救え」「チーロ(ローマ・サポーターに殺されたナポリ・サポーター)は生きている」と2つのメッセージをTシャツに記したフェッリに、同メディアは、乱入直後に連絡を取ったが、「今捕まりそうなんだ。君たちとは話すことはできない」と1度目のコンタクトは失敗。しかし、2度目の試みは成功し、次のように語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140702-00208085-soccerk-socc
僕は、ワールドカップのベスト16でピッチに立った最後のイタリア人


1

「僕は、ワールドカップのベスト16でピッチに立った最後のイタリア人だ。今、50人の警察官の前にいる。みんなとてもやさしい。彼らには、母親から連絡がきたと言ったよ」

「どうやって侵入したかって? IDカードを持っていた。イタリアの新聞のために、ファヴェーラについての報道をしていて、それでIDカードを所持していた。上に着ていたTシャツを脱ぎ、スーパーマンのTシャツを見せた。自分を疑わしい目で見ていたスチュワードがいたけど、ピッチに乱入できたよ」

「オランダ対コスタリカの障害者用IDカードも持っている。4日後に再びピッチに侵入できれば、最高の気分になるだろう」


3

フェッリ氏は、2009年11月に行われたテストマッチ、イタリア代表とオランダ代表の対戦でもピッチに乱入し、アントニオ・カッサーノの代表入りを訴え、その後の試合で、サンプドリアとナポリの対戦でピッチに侵入し、自身のアイドルであるカッサーノと抱擁を交わしている

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年07月02日 13:38
    • ID:mnGG1TzL0
    • 本当のバカってこういう人のことだねwww面白いけどwww
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年07月02日 13:39
    • ID:xYO.wUZ.0
    • こういう奴が市民権得るのが1番あかん
      どうせくそメディアなんだろうけど
    • 3
    • Posted by
    • 名無しさん
    • 2014年07月02日 14:34
    • ID:s2ff.L7j0
    • イタリアメディアあほやな
      ブラジルの大会運営も酷い、乱入しているのにしばらくたってからスタッフが止めに来た
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年07月02日 16:45
    • ID:P.pgwF9Q0
    • 警備出てくるまで30秒ぐらいあっただろ、警備員何してたんだよ
    • 5
    • Posted by
    • 名無しの
    • 2014年07月02日 23:24
    • ID:H3mcy00g0
    • おいw犯行予告しとるやないかwww
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ