Sponsored Link

4戦連続ベンチ外で川又争奪戦ぼっ発…横浜、C大阪が獲得名乗り


1

新潟のFW川又堅碁(24)の争奪戦が勃発していることが2日、分かった。複数の関係者によれば、横浜とC大阪が獲得に動き、他の複数のクラブも興味を示しているという。

得点力不足にあえぐ横浜は今夏、韓国の蔚山からラフィーニャを獲得したが、加入後4試合に途中出場し、無得点と定位置奪取には至っておらず、ストライカーの補強は急務だ。柿谷を放出したC大阪はこの日の新潟戦で3戦連続無得点となるなど不振を極める攻撃陣を活性化するため、すでに川又の調査を開始。海外挑戦の意欲も強い本人の動向を見ながら正式オファーを提示するか判断するという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00000076-spnannex-socc
揺れる川又「何も決断していない」契約延長保留、欧州からも興味


2

リーグ戦が再開してから、3試合連続でベンチ外の川又だが、この日も聖籠町のクラブハウスで精力的に練習に取り組んだ。昨季23得点のストライカーは、ポジション争いにもがいているのが現状だが「とにかく頑張るしかない」と再起を期している最中だ。

まさかのエースの不調だが、それが始まった中断期間中に、今後に関する重要な動きがあった。関係者によると、中断期間中に新潟から3年の契約延長のオファーがあり、しかも、破格の好条件だったという。同時期にドイツ、ロシアからも獲得の打診があった。

それでも川又は「海外でもプレーしたいが、新潟でACLに出られるなら新潟でプレーしたい」と、新潟からの提示を保留しながら、リーグ再開に向けて準備を進めてきた。しかし、自身への高評価に、いつしか自分を見失ってしまったのか、偶然なのかは不明だが、この時期から、川又の不調が始まっている。

富山キャンプでは、チームが掲げる「距離感を良くして、背後を突く動きを増やす」との課題をクリアできず、次第に持ち味の泥臭くひたむきにゴールを目指す姿勢も薄れた。柳下監督は、川又の心の隙を見逃さず「戦う準備ができていない」と、奮起を促すかのようにリーグ再開からベンチ外としたのが現状だ。

この状況でも、川又は関係者に「このチームで試合に出たい」と話してきたが、今度は国内のクラブが川又に興味を示し始め、この日は一部で「電撃退団も」と報道された。川又は「びっくりした。こんな状況になっているので今は何も言えない。でも、何も決断していない」と、戸惑いを短い言葉で話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000000-spnannex-socc


3

W杯による中断以降は4試合連続ベンチ外の川又だが、昨季は23得点をマーク。今年4月には日本代表候補に選ばれた。国内移籍の契約登録期間は15日まで。今後の動きに注目が集まる

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月03日 14:10
    • ID:VjgpW3OB0
    • どっちのユニも似合いそうだな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月03日 17:25
    • ID:LUq6KvLU0
    • 川又も良い選手だと思うけど、昨日観戦して神戸森岡の素晴らしさを再確認した。
      個人的にはアギーレJAPANに選ばれて欲しい選手の一人。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ