Sponsored Link

ハノーファー清武 後半途中出場で2戦連続弾、酒井宏樹フル出場で勝利貢献



ハノーバーで、日本代表MF清武が6日に行われたブレーメンとのプレシーズンマッチでゴールを決めた。

ブンデスリーガのライバル対決で、0―0の後半15分から出場。前日5日の練習では左膝を痛めて治療を受けていたが、1―0で迎えた同40分にゴール前で相手クリアミスを冷静に流し込んだ。清武はプレシーズン2試合連続得点。日本代表DF酒井宏はフル出場して2―0の勝利に貢献した。

酒井のアシスト未遂は動画2:58~ 清武のゴールは5:02から 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140808-00000035-spnannex-socc
ノルトダービー(北のダービー)となるこの試合は、安全のためブレーメンの練習場で無観客試合として開催


2

ブレーメンは12分、FWニルス・ペテルセンのヘディング弾がクロスバーを叩き、前半最大の決定機を迎えたが、徐々にペースをつかんだのはハノーファー。23分、酒井宏が右サイドで起点となるなど、チャンスも増えた。流れは後半に入っても変わらず、50分には酒井宏が右サイドを突破して正確なフィードを送り込むも、MFレオナルド・ビッテンコートのシュートは枠を外れた。

結局、スコアが動いたのは相手DFのミスから。75分、FWアルトゥル・ソビエフが自陣のゴール前で足を滑らせたブレーメンDFルカ・カルディローラからボールを奪い、そのまま流し込んでハノーファーが先制した。60分から途中出場した清武も、今度はブレーメンDFアレハンドロ・ガルベスのクリアミスがアシストとなり、ゴール前右から冷静に2-0のゴールを決めている。

ドイツ『キッカー』は、ハノーファーを率いるタイフン・コルクト監督の試合後のコメントを次のように伝えている。

「結果だけではなく、全体的に満足している。相手のポゼッションのときも、我々がボールを保持しているときも、多くのことをある程度うまくやれたと思う」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00000018-goal-socc


3

同じ1部でライバルでもあるブレーメンはこの夏のプレシーズンで9試合負けなしと好調だっただけに、ハノーファー指揮官はこの勝利に手応えを感じているようだ。10日に行われるラツィオとの親善試合でも、シーズン開幕に向けての順調な仕上がりを見せられるかどうか注目される

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年08月08日 12:55
    • ID:09D.Isjh0
    • ゴリのアシスト未遂は決めてくれないと駄目な奴だな
      リーグ戦でやったらめっちゃ叩かれそうだわ

      あと、ブレーメンの守備陣はこれ大丈夫なんかいなw
    • 2
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年08月08日 13:23
    • ID:5V4NP.mN0
    • なんだあのハノーファーのFW…
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2014年08月08日 19:25
    • ID:8fGyWQhn0
    • 楽しい自転車通勤w
    • 4
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年08月08日 21:26
    • ID:Ez7n7Xrs0
    • 画質めっちゃいいなこれww
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月09日 00:03
    • ID:k35lLgsl0
    • ブレーメン守備クソすぎワロタww
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
ページアップ