Sponsored Link

アギーレ代表監督が来日直前に思いを語る


1

サッカー日本代表のハビエル・アギーレ新監督(55)が、明日11日の来日直前にインタビューに応じ、日本への思いを語った。

-日本のオファーが届いた時、考えた事は何でしょうか

「正直に言うと個人としてとても大事な決断だった。スペインに別れを告げる事を意味するものだったから。とはいえ、スペインではもう12年をやっていたし多くを考えることはなかった。妻のシルビアと話をして、新しい挑戦を挑むに良いタイミングだと自分達は考えた」

-多くのオファーがあったと思います。日本を選んだ理由は

「確かに多くのオファーが自分には届いていた。スペインのクラブ、フランス、トルコ、ギリシャ代表…日本を選んだのは良いプロジェクトだと感じたからだ。欧州で16人がプレーをしているし、真剣さ、重要性が日本にはある」

-今回、初めてスペイン語を母国語としないチームを率いる訳ですが、不安はありますか

「自分がメキシコ、スペインとスペイン語を話すチームを指揮していた事は確かだし、自分は選手ととても近いタイプの人間だから、言葉は壁になるかもしれない。だが、少しの時間と勉強で日本語のベースは学ぶ事が出来るだろうし、自分からコミュニケーションが出来ると思う。最初は通訳を通して色々と状況をクリアにしていきたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140810-00000012-nksports-socc
W杯だけでなく多くのビデオを見た。素晴らしいタレントを持つ選手がいる


2

-日本代表をどのように分析していますか。良い面と悪い面がどこだと思いますか

「現時点では多くの献身としっかりとした組織のあるチームだ。フィジカル的にも強い。90分、誰もが走り続けるだけの体力がある。とても勤勉なチームだ。自分の分析から言うと、日本代表には試合をコントロールするための抜け目なさと競争力が少し足りない」

-日本の選手は誰を知っていますか。また、誰がチームの柱となるでしょう

「多くの選手を自分は知っている。W杯の間、日本代表の戦いを自分はしっかりと見ていた。W杯だけでなく多くのビデオを見た。素晴らしいタレントを持つ選手がいる。だが、ここで名前を出す事は控えたい」

-プロジェクトの最終目標はロシアでの成功です。1年目の目標は何でしょうか

「自分の目標、唯一の目標は2018年のロシアで日本を指揮する事だ。1年目はお互いを理解し合いたい。自分の事を彼らが、彼らが自分の事を。それにアジアカップで良いパフォーマンスを見せる事、良い状況でW杯予選に入る事が目標だ」

練習から定位置を争うし、どんな相手だろうと自分のチームは全力で戦う


1

-あなたのサッカーはどういうものでしょうか。とても守備的だと話されていますが、それは本当でしょうか

「自分はスタイルについてあまり話をするタイプではない。サッカーは選手によってスタイルが変わるものだ。選手を無視して活躍できる監督はいない。オサスナのように残留が目標のチームを指揮するのであれば、残留を目指した戦いをする。AマドリードのようにCLを狙うチームであれば、その戦いをする。チームがどのような力なのか、機能を持っているかで目標は変わるものだし、その目標を目指した戦いをしないといけない。いつでも大事なのはバランスを見つけることだ。自分の意見だが、攻撃的な監督、守備的な監督というのはないと思っている。監督は選手によってそのスタイルが変わるものだ」

-あなたの経験、キャラクターで日本代表に与えられるものは何でしょうか

「間違いなく、競争意識だ。自分のもとでは、誰一人気持ちを緩める事はできない。練習から定位置を争うし、どこであろうとどんな相手だろうと、自分のチームは全力で戦う。自分が保証できるのはチームとして真摯にサッカーに取り組む事とその中でレベルアップする為、競争、切磋琢磨していくことだ」

チームよりも個人を優先する事は認めない


2

-欧州でプレーする選手が常時出場できないのはあなたにとって問題でしょうか

「その問題は2度、メキシコで苦しんだ。日本でも南アフリカでも苦しんだ。だが、その条件も受け入れて仕事をしないといけない。自分は4度W杯に参加しているし、このテーマについては熟知している。経験をもとに決断を下したい」

-どのようなタイプの選手が好きですか

「しっかりと責任を果たす選手であり、個人を大切にするのではなくチームを大事にする選手。個人の働きが組織の力になる事を自分は望んでいる。チームよりも個人を優先する事は認めない」

-日本についてどのような印象がありますか

「日本にはなんどか訪れた事があるし、全く違う文化だ。言葉をはじめとして多くの事を学ばないと行けない。オープンに何事も受け入れていくし、妻、息子のミケルと共に長い間日本にいたいと思うし、それがアイデアだ」


3

初采配は9月5日に札幌ドームで行われるウルグアイ代表との国際親善試合で、9日には日産スタジアムでベネズエラと顔を合わせる。10月に入って10日にジャマイカ、14日にはシンガポールでブラジルと対戦することも決まっている

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月10日 11:52
    • ID:oh6FUDEE0
    • ザックより厳しそうなところに期待。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月10日 12:38
    • ID:8h6e.QL50
    • 家族連れてくるのか
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月10日 19:05
    • ID:Rd.EKC9t0
    • うむ、いろいろ情報みたけどいい監督なんじゃないかと。
      以前にベテランを重用したのは時間がなかったかららしいし。

      まあ、アジアカップが試金石かな。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月10日 20:54
    • ID:3AM4O6rc0
    • メキシコ代表監督は2度とも2年ずつなのな、それってW杯最終予選と本選のみの短期ってことでしょ

      代表監督はクラブより更に思い通りにならないだろうけど、4年も初めての土地ですんのは大丈夫なんかね?
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月10日 23:28
    • ID:2btaaAx20
    • 日本で生活するっていうのが地味に一番の課題だと思うな俺的に
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月10日 23:32
    • ID:EfKBMWq20
    • まぁそれは今までの代表監督も同じだし。ザックなんかはけっこう好きになってくれたみたいだし、心配ないんじゃないか。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月11日 01:38
    • ID:tJWtyHFY0
    • でも既にアギーレはザックよりアウェイな感じになってる気がするが?

      家族連れで父ちゃん有名人だと家族の表情で自分への風当たり解るし、それが更にストレスになったりとか…
    • 8
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年08月11日 06:36
    • ID:.wZBgPNo0
    • 日本は規律に対して厳しい監督のほうがあってると思うからアギーレには期待。
      日本は安全だし飯うまいから大丈夫だろ

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ