Sponsored Link

本田好調の裏に「ミラン86年会」を結成か…東スポ


4

ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)がイタリア・セリエA開幕から好調だ。今季は同級生のチームメート、イタリア代表DFイニャツィオ・アバーテ(27)、コロンビア代表DFクリスティアン・サパタ(27)、同DFパブロ・アルメロ(27)と意気投合して“86年会”を結成。チーム内に仲間ができたことが、ピッチ内外で大きなプラスになっているという。

開幕から2試合連続ゴールと好スタートを切った本田は20日(日本時間21日)、昨季王者のユベントス戦にスタメン出場した。チームは0―1で敗れたが、本田は前半27分にヘディングでゴールを脅かし、守備にも奔走。3戦連発こそ逃したものの、引き続きコンディションの良さをアピールした。

昨季とは見違える動きを見せているが、その要因の一つが同級生の存在にあるという。親しい関係者は「同じ1986年生まれの選手と仲良くやっているみたいだよ。プレーの面で参考になることも多くてすごく話しやすいと。コロンビアの選手とはW杯の話とかもして『意気投合した』と言っていた」と明かす。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140923-00000013-tospoweb-socc
なかでも気が合うのが同じ年のアバーテ、サパタ、アルメロの3人


1

不振にあえいだ昨季はシーズン途中の1月から加入したこともあって、チームメートとのコミュニケーション面でうまくいかない部分もあった。そのためイタリア語を必死に学び、日常会話は不自由ない程度にまで上達。英語も使いながら同僚と積極的に会話するようになった。

なかでも気が合うのが同じ年のアバーテ、サパタ、アルメロの3人。アバーテはミランに通算10年在籍の古株でチームのことを知り尽くしており、常に本田を気にかけてアドバイスを送っているという。コロンビア代表のサパタとアルメロとはブラジルW杯で戦っており、お互いに試合を振り返ることもあるようだ。

また本田が積極的に声をかけプライベートで食事に出かける機会も多く、今ではすっかり打ち解けた。気の置けない仲間ができ、ピッチ上での意思疎通、コンビネーションも向上。“チーム本田”が結成されたことで精神面も安定しており、それが今季の好パフォーマンスにつながっている。


5

ミランは23日、セリエA第4節でエンポリと対戦する。フィリッポ・インザーギ監督は前日会見で、本田の先発出場について明言しなかった。一方、トーレスが先発デビューを飾るか注目される

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年09月23日 14:48
    • ID:SfiO5ZN.0
    • ホント努力家だな、流石です
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年09月24日 12:45
    • ID:SqbMQOg00
    • 何だかんだ言ってやっぱ凄いわ この人。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ