Sponsored Link

トルシエ氏、チュニジア強豪クラブとの契約を解消


2

チュニジアのスファクシアンは28日、チームを率いる元日本代表監督のフィリップ・トルシエ監督と合意のもと、契約を解消することをクラブ公式HPで発表している。

スファクシアンは27日に行われた、CAF・チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのASヴィタ・クラブ戦に1-2で敗れ、2試合合計2-4となり敗退した。そのためクラブはトルシエ監督との契約を解消することとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00237079-soccerk-socc
CAF(アフリカサッカー連盟)チャンピオンズリーグとリーグの2冠を狙っていたスファクシアン


1

トルシエ監督は2002年の日韓・ワールドカップ終了後、カタール代表、モロッコ代表、フランスの強豪マルセイユなどで指揮し、2011年に当時中国1部の深圳紅鑽(しんせんこうさん)の監督に就任。しかし成績不振で2部へ降格すると、その後も2年連続で昇格を逃し、2013年11月に中国を後にした。そして2014年7月、チュニジアの強豪スファクシアンの監督に就任していた。

スファクシアンは2012-13シーズンに、5連覇を狙っていたエスペランスを抑えて優勝したが、昨シーズンは再びエスペランスに優勝を奪われた。今シーズン、スファクシアンはCAFチャンピオンズリーグとリーグの2冠を狙っていたが、ここまで2勝2分1敗の8位という成績により、トルシエ監督への風当たりは強くなった。


3

トルシエ監督の後任にはチュニジア人のガジ・グライリ氏の監督就任が発表されている
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ