Sponsored Link

スアレス、W杯以来の代表戦ゴール…2得点でオマーン撃破に貢献


1

[10.13 親善試合 ウルグアイ代表 3-0 オマーン代表]

ウルグアイ代表は13日、国際親善試合でオマーン代表と対戦し、3-0で勝利した。この試合でFWルイス・スアレスは代表復帰後初ゴールを含む2ゴールの活躍で、勝利に貢献している。

【スコア】
オマーン代表 0-3 ウルグアイ代表
【得点者】
0-1 57分 ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)
0-2 67分 ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)
0-3 87分 ホナタン・ロドリゲス(ウルグアイ代表)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00161869-gekisaka-socc
試合はスコアレスで後半を迎え、57分にウルグアイが先制。決めたのはスアレス


2

ブラジルW杯のイタリア戦で、DFジョルジョ・キエッリーニに噛みついたスアレスは、4か月の公式戦出場停止処分中。しかし、フレンドリーマッチの出場が許されており、この試合にも出場した。後半13分に左足で先制点を決めると、後半22分には鮮やかなループシュートでDFとGKの頭上を破り、ゴールネットを揺らした。スアレスは後半32分でベンチへ退いたが、その後、FWジョナサン・ロドリゲスも追加点を挙げたウルグアイが3-0で快勝している。



25日に行われるレアル・マドリー戦から公式戦に復帰できるスアレス。試合勘の欠如などは、心配無用のようだ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ