Sponsored Link

インテル会長が警告、セリエAは「時代遅れ」


1

イタリア・セリエA、インテルのエリック・トヒル会長は、グローバルなものの見方をしなければ、すでに後れを取っている同リーグが、さらに格下げされるだろうと警告した。

16日、米CNNテレビのウェブサイト「CNN.com」に掲載されたインタビューで、トヒル氏は「イタリアは、2番手、3番手どころか、4番手にも入れない。9番手になり、ポルトガルやオランダに立ち位置を奪われる」と話した。

1年前、インテルの株式の70パーセントを取得したトヒル氏は、2010年にイタリアのチームとして最後に欧州チャンピオンズリーグを制した同チームが、3年連続でチャンピオンズリーグの出場権を逃したことを、とりわけ心配している。

インドネシアの実業家であるトヒル氏は、リーグの幹部に対し、変化を受け入れなければファンを失うと警告しており、その結果として、ライバルの他リーグに市場のシェアを奪われることになると考えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00000044-jij_afp-socc
イタリアサッカーは2006年、カルチョ・スキャンダルとして知られる八百長スキャンダルで大打撃を受け、ユベントスがセリエBに降格させられるなどの処罰が下された


3

その後、イタリアが経済危機に陥った結果、多くのイタリア人が職を求めて他国に移住するなど、国内の市場は低迷している。

インテルやACミラン、ユベントスが提示していた巨額の報酬は、いまや過去のものとなり、スター選手は、条件が良い契約を求めて他リーグへ移籍してしまう。

2007年にミランが優勝して以降、2010年にインテルがトロフィーを掲げるまでチャンピオンズリーグで見せ場のなかったイタリア勢は、数年後にさらなる八百長スキャンダルで信頼をなくした。トヒル氏は、次に同じようなスキャンダルが起きれば、イタリアサッカーの命取りになると話している。

また、アジアなどの新興市場を開拓するため、各クラブの会長にグローバルなアプローチをするよう促している


4

つまり、イタリアはイングランド・プレミアリーグを見習い、アジア遠征などを取り入れるべきだという。

トヒル氏は、「セリエAは、もっと積極的にならなければいけない。特に強調したいのは、もう一度カルチョ・スキャンダルが起きたら、セリエAは終わりだということだ」と話した。

「イタリアだけでなく、世界をグローバルな視点から見ることが大事だ。(他クラブの)会長はオープンな姿勢だ。やるべきことがたくさんある」

「世界各地には、テレビやコンピューターではなく、生で試合を見たい人が大勢いる」

イタリアのトップチームが上げる収益は、イングランド・プレミアリーグのライバルをはるかに下回っており、米経済誌「フォーブス」の調べによれば、2014-15シーズンのインテルの売り上げ見通しは2億4000万ドル(約255億円)で、マンチェスター・ユナイテッドの半分以下となっている。


5

トヒル氏は、「イングランド・プレミアリーグの市場はどんどん大きくなったが、セリエAは世界的に見て2部リーグになる可能性もある」とし、「それでも、ここには素晴らしい土台がある。ドイツのブンデスリーガや、スペイン1部リーグには十分対抗できるはずだ」と締めくくった

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年10月17日 20:07
    • ID:WIf7tRJe0
    • だってプレミアおもしろいもん
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年10月17日 20:43
    • ID:6w2XPrMW0
    • ゆとりは知らんやろけど
      イタリアはマフィアリーグ
      日本で言えば 山口組主催ってこと
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2014年10月17日 21:02
    • ID:TI3Ln.C10
    • こうやってどんどん発言元を歪曲化して稼ぎに走る。
      マスゴミと同類じゃんw
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年10月18日 00:11
    • ID:jN2.tBws0
    • 中国やインドネシアやマレーシアの選手を獲得してプレシーズンマッチを現地でしたいのか?
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年10月18日 03:06
    • ID:3QHZXgBE0
    • 若手のJリーガーを積極的に欧州に送り出すようにした方が良いのでは? そのまま欧州に残る選手とJに戻る選手にも経験とある種のハク付ける事が出来る。

      海外有名選手をJに引っ張れないなら、欧州の人気リーグで見た事がある選手を増やすこともJに興味を持つキッカケになるのでは?

      成長が早い東南アジアから直に欧州行く選手がもぅすぐに出て来ると思うよ。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年10月18日 17:10
    • ID:5NBfMebi0
    • 例えビッグクラブのオーナーの発言と言っても重みの差はある。
      トヒルの意見がもっともだとしてもインテルがセリエの価値向上に貢献する実績を挙げてないと、周りに不振の責任を擦り付けてるように見られるからね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ