Sponsored Link

グアルディオラ監督「今日は事故のようなもの」


3

[10.21 欧州CLグループリーグ第3節 ローマ1-7バイエルン]

バイエルン(ドイツ)は21日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)E組第3節でローマ(イタリア)と対戦し、7-1で勝利した。敵地戦にも関わらず、前半だけで5得点を挙げると、後半に1点を返されたが、終盤に2得点を返す完勝。3連勝でグループリーグ突破へ向け大きく前進した。

戦前には拮抗する展開を予想する声もあった。だが蓋を開けてみれば、ドイツ王者の大楽勝。ドイツ・ブンデスリーガの勢いが、イタリア・セリエAを完膚なきまでに叩きのめした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00173691-gekisaka-socc
選手らも大満足の様子で試合を振り返る


1

『uefa.com』によると、MFフィリップ・ラームは「監督とスタッフが良い仕事をしてくれた。対戦相手がどのような相手がは知っていたし、今日彼らを相手に守りぬけたのはその結果だよ」。先制点を含む2ゴールを決めたFWアリエン・ロッベンは「今回のチームと戦術には自分のチームながら拍手を送りたいと思う」と話している。

ただこれによる慢心もない。「この結果にはとても喜んでいるし、勝ち抜けも見えてきたと思う」と話したジョゼップ・グアルディオラ監督だが、「ローマはうまく乗らせてしまうと、とても危険な相手だ。ローマとは2週間後にまた試合があるが、また今日とは異なった試合になるだろう。今日は事故のようなものだよ」と気を引き締めることも忘れなかった。

ローマのガルシア監督「私の責任」


2

ホームで1-7という結果について同監督は「彼らは非常に強かった。一番に間違いを犯したのは私だ。戦略を誤った」と試合へのアプローチを誤ったことを明かした。

それでも、後半については「良くなったね。バイエルンに偉大なゴールキーパーがいなければ、もう少しゴールを決めることができていたと思う」と語り、相手のGKマヌエル・ノイアーを讃えた。

また、今回はホームで敗れたものの、ローマは未だグループ2位につけている。ガルシア監督は「マンチェスター・シティが引き分けたことが唯一の朗報だ。今はリーグ戦に目を向けなければいけない」と、前を向くことの重要性を強調した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141022-00010007-footballc-socc

主導権を握り続けたバイエルンが敵地で歴史的な圧勝劇を見せ、グループリーグ3連勝を達成。一方、ホームで屈辱的な大敗を喫したローマは、今後のグループリーグの戦いだけでなくリーグ戦にも影響が残りそうな厳しい敗戦となった

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年10月22日 12:02
    • ID:B1Mmsdk80
    • 正面衝突したら出鼻くじかれて体勢立て直せないまま押し込まれちゃったね。もう少し腰据えて受け止めてたら全然違っただろうな。
    • 2
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年10月22日 12:35
    • ID:33KL0zob0
    • シティ…
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年10月22日 12:38
    • ID:RgmPWEGL0
    • ペップさん余裕のコメントですね
    • 4
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年10月22日 14:03
    • ID:LSUb3wgH0
    • ローマを擁護するなら
      ブンデスオールスターのバイエルンに勝てるチームはドイツ国内にすら居ない。
      引き分け狙いで精一杯。

      ローマはドイツ代表と戦ってるようなもの。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年10月22日 14:45
    • ID:McvsE2oY0
    • 攻撃力が凄いんだろうけど、今のドイツ代表の纏まりの悪さを見てもラームが偉大なんだと思う。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ