Sponsored Link

インテル監督解任の可能性高まると伊紙報道も…トヒル会長「発言が誤解された」


2

日本代表DF長友佑都(28)が所属するインテルミラノのワルテル・マッツァーリ監督が解任される可能性が高まっている。

28日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙は「ここ何試合かで結果を出さないと解任されるリスクがある」と報じた。

次期監督として、前ガラタサライ監督のマンチーニ氏、元アルナスル監督のゼンガ氏、現在ユースの監督を務めているベッキ氏の名前が挙がっているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000067-nksports-socc
トヒル、マッツァーリへの信頼強調「発言が誤解された」


1

インテルのエリック・トヒル会長は27日、クラブの公式ウェブサイトでコメントを発表し、ワルテル・マッツァーリ監督に対して最後通告を突きつけたとの報道を否定した。

一部イタリアメディアは「最後通告」だとも報じていた。だが、トヒル会長は27日、次のようにコメントを発表している。

「今回イタリアにいたときも、私がいかに監督とチームの仕事、そしてこのプロジェクトを信じているかを繰り返し説明してきた。今、もう一度言っておこう。当然、結果は重要だ。だが我々は、誰に対しても残り試合を数えたりはしない。昨日の私の発言が誤解されたのは明らかだよ」

「それに、私は昨日の試合(チェゼーナ戦)の結果にすごく満足しているんだ。選手たちは決意があり、ハートを見せてプレーしてくれた。こういうパフォーマンスを続けていけるように願っている」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000053-goal-socc


3

現在インテルミラノは3勝3分け2敗の8位となっている。次節ミッドウィークに4位サンプドリアとホームで対戦する
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ