Sponsored Link

11番を継承したヤヌザイ、ギグス氏の存在は「父親代わり」


3

マンチェスター・Uに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、今シーズンから身につけている背番号「11」への想いを語った。クラブ公式HPが伝えている。

背番号「11」は、現在同クラブのアシスタントコーチを務める元ウェールズ代表ライアン・ギグス氏が長年に渡り着用していたもの。ギグス氏は引退後、「欠番化は優れた選手が数多く誕生するユナイテッドには適さない。誰が受け継ぐのか楽しみだ」と語っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141029-00245994-soccerk-socc
その背番号「11」を継承したヤヌザイ


2

「名誉なことだ。とても大きな番号で、責任もある」と語ると、クラブから着用を提案されたときのことを振り返り、「即答で『イエス』と答えたよ。『ノー』という選択肢はなかった。何も考える必要はなかったよ」と当時の心境を明かした。

ヤヌザイがギグス氏とトップチームでプレーしたのはわずか1年であったが、「多くのことを学んだ。彼の経験は偉大で、見ていて楽しいプレーをする選手だった」とコメント。さらに、「ライアンにはたくさん助けてもらっている。いつもフットボールについての話をしていて、僕にとっては父親代わりだ。本当に色んなことを教えてくれるんだ」と、今でも尊敬するレジェンドであると語った。

アヤックスのファン・デル・サール氏、古巣のヤヌザイへの関心を認める


4

アヤックスでマーケティングディレクターを務めている元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サール氏がマンチェスター・Uに所属するベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイへの関心を認めつつも、獲得は金銭的に不可能だとの見解を示した。オランダメディア『VoetbalPrimeur』が伝えている。

現役時代にマンチェスター・Uで守護神を務めたファン・デル・サール氏はヤヌザイについて、「ヤヌザイはプレーする機会を得られずに苦しんでいるが、それは彼のような若い選手にとって良いことだと思う」と、若手が成長する過程で必要なことだと語った。

また、ファン・デル・サール氏は「彼の代理人の電話番号を知っていたら、アヤックスに教えていたね。だけど、僕らが彼の給与を払えるとは到底思えない」とコメント。ヤヌザイのアヤックス加入は金銭的に非現実的なものだとの考えを明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00244943-soccerk-socc


1

背番号11を継承したヤヌザイ。今シーズンはディ・マリアら新戦力の加入により、ここまでのリーグ戦8試合で6試合に出場しているが、わずか1試合の先発出場にとどまっている
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ