Sponsored Link

インテルGM、マッツァーリ監督の続投を強調「非常事態ではない」


1

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、1日に行われたセリエA第10節でパルマと対戦し0-2で敗れた。インテルのゼネラルマネージャー(GM)を務めるマルコ・ファッソーネ氏が、この敗戦で解任の可能性が取り沙汰されているヴァルテル・マッツァーリ監督の去就について、2日にイタリアメディア『Rai』のインタビューで語った。

ファッソーネ氏は「トヒル会長も含め、幹部の中で監督問題は非常事態にあると考えている者はいない」と話し、マッツァーリ監督が続投することを明かしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141103-00247247-soccerk-socc
我々には大きく成長できる可能性を持っている。非常事態にあるとは思っていない


2

また、同氏は現在のクラブの状況について「勝ち点15はあまりにも少ないが、リーグ全体の勝ち点は低い傾向にある。我々はまだ3位と勝ち点4差だ。これから重要な3試合が控えており、そのうちの2試合はミランとローマとの試合だ。これらの試合で勝利できれば、リーグの流れを大きく変えることができる」と前向きに語った。

さらに、「苦しむことはある。インテルはこの3年、6位、5位、9位という成績だったのだからね」と簡単には行かないことを認めているが、「良いシーズンになるという期待は常にある。我々には大きく成長できる可能性を持っている。非常事態にあるとは思っていない」と続け、まだチームが成長できる余地があるとの見方を示した。

負傷離脱中のインテルDF長友、ELのサンテティエンヌ戦で復帰か


3

長友は左ふくらはぎの筋肉を痛め、10月19日のナポリ戦を欠場。同試合を含めむリーグ戦4試合とELの1試合を負傷欠場していたが、6日のサンテティエンヌ戦は招集メンバーに名を連ね、ベンチ入りできるものと伝えられてる。
 
また、同じく負傷中のコロンビア代表MFフレディ・グアリンも復帰できる模様で、こちらは先発出場できる可能性が高い。さらにイタリア代表FWパブロ・オスヴァルドもベンチ入りできる見方が強まっており、負傷中にある主軸が徐々に復帰を果たしつつある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141103-00247180-soccerk-socc


4

インテルは、6日にヨーロッパリーグ・グループステージ第4節でサンテティエンヌと対戦。9日にはリーグ第11節でヴェローナと対戦する

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月03日 17:58
    • ID:FMkSNrZ20
    • アップのマッツァーリ渋いな
      それに眉の形が男前過ぎる
    • 2
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年11月03日 18:40
    • ID:thoHbMi00
    • カッサーノにボコボコにされるインテル
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月03日 20:45
    • ID:I6AIHGk10
    • 今まで解任しまくってたから騒がれちまうわな
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ