Sponsored Link

日本代表メンバー23人の近況レポート|国内組編


4

11月14日にホンジュラス、同18日にオーストラリアとのテストマッチに臨む日本代表のメンバー23人が5日に発表された。

内田、遠藤、今野がブラジル・ワールドカップ以来の招集となったほか、GK東口、FW豊田、乾がアギーレ体制で初めて招集された。さらに新たなメンバーを加えた日本代表はどんなサッカーを見せるだろうか。選出されたメンバーのうち、ここでは国内組の14人の状態をチェックする。

※今季成績はJ1・31節終了現在、平均採点は『週刊サッカーダイジェスト』によるもの
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141106-00010003-sdigestw-socc
GKの国内組は以下の2人


2

東口順昭(G大阪)
今季成績:31試合・30失点
平均採点:5.95(GK部門4位)

リーグ中断明けは安定したパフォーマンスを披露し、G大阪の快進撃を最後尾から支えている。特筆すべきはシュートへの素早い反応とクロスへの冷静な対応だ。飛び出すタイミングが絶妙で、一見すると派手さはないものの、ミスの少ないプレーでチームメイトに安心感を与えている。

足下の技術は西川(浦和)に及ばないが、攻撃の起点になる正確なスローイングを生かし、カウンターの起点としても機能。満を持しての代表復帰と言える。


西川周作(浦和)
今季成績:31試合・27失点
平均採点:6.06(GK部門2位)

優勝に王手を掛けた31節の横浜戦は、Jリーグ新記録となる今季16試合目の無失点勝利。ペースを握られた重苦しい展開のなか、齋藤との1対1や藤田のヘディングシュートをビッグセーブで凌ぎ、ゴールを守り切った。28節の仙台戦以降、裏を取られたり、キック精度にバラつきが出たり不安定さが目についたが、横浜戦ではしっかりと修正してきた。

ボールコントロールの技術や矢のようなライナー性の縦パスは健在。GK陣のなかでは、カウンターの起点として最も機能できるはずだ。ここ数試合、川島が盤石の状態ではないだけに、一気に守護神の座を奪い取りたい。

DFの国内組は以下の5人


3

森重真人(FC東京)
今季成績:30試合・1得点
平均採点:5.98(DF部門4位)

27節の仙台戦から連続失点中のチームで、集中力を欠いたプレーが少し目に付く。31節の名古屋戦ではクリアミスからオウンゴールをするなど、ここにきてコンディションが低下している印象もある。

とはいえ、対人プレーでの処理は相変わらず安定。完全に振り切られるような場面はほとんどなく、代表戦士に相応しい当たりの強さを披露している。代表でも自分が柱になる──。そんな自覚が、今季後半戦からは色濃く表われている。


太田宏介(FC東京)
今季成績:31試合・1得点
平均採点:6.00(DF部門3位)

29節の広島戦から3試合続けてアシストと目下絶好調。10月5日の仙台戦でも試合序盤にスーパーなアーリークロスで絶好機を演出するなど、左足の切れ味は増す一方だ。J1の31節を終えての9アシストは、同ランクの4位。DFとしてはトップの成績だ。

「今は、気持ちが充実している。たくさんの人たちに見られているなかでプレーするのは幸せ。過密日程も問題ありません」と非常にポジティブなスタンスで練習・試合に臨めている。


塩谷 司(広島)
今季成績:29試合・6得点
平均採点:5.93(DF部門8位)

ブラジル戦の悔しさを胸に、リーグ戦への姿勢もこれまで以上にストイックに進化。一時期の不調を脱して身体のキレを取り戻し、精度の高い縦パスやロングフィードで攻撃面でも貢献度は大きい。

ただし、31節・大宮戦ではGKとのコミュニケーションミスからオウンゴールを献上してしまった。身体能力の高さは認められているはず。安定したプレーこそが生き残りへのポイントになる。


昌子 源(鹿島)
今季成績:31試合・2得点
平均採点:5.90(DF部門11位)

10月シリーズは負傷のため辞退したが、その後、順調に回復し、所属の鹿島でスタメン出場を続けている。チームの成績がここ5試合で1勝2分2敗と振るわないなか、自身のパフォーマンスも下降気味。

31節の新潟戦(○2-1)ではパワーとフィジカルに長けた指宿のポストプレーに翻弄され、苦戦の一因となった。カバーリングとスピードを生かした1対1はハイレベルだが、体格で劣る相手への対応には課題を残しているだけに不安は残る。


松原 健(新潟)
今季成績:30試合・0得点
平均採点:5.84(DF部門20位)

相変わらずの果敢なオーバーラップでサイド攻撃を活性化しており、直近の鹿島戦ではインターセプトから即座に縦パスを打ち込んで先制点の起点になった。本人も現在のパフォーマンスには手応えを感じているようで、二度目の代表招集に関しても、「次こそは試合に出られるように、日々のトレーニングからしっかりアピールしていきたい」と意気込む。

右SBのライバルは、前体制で不動の地位を築いていた内田。厳しい争いになるが、経験豊富な先駆者から刺激を受け、様々なものを吸収してくれるはずだ。

MFの国内組は以下の4人


4

遠藤保仁(G大阪)
今季成績:31試合・6得点
平均採点:6.06(MF部門8位)

リーグ終盤戦の疲れを感じさせないキレのある動きが光り、傍目にも動きの軽やかさが見て取れるほどコンディションは良好。相手をいなす技術と急所を見抜く眼力は今なお健在だ。FC東京戦では、J1最多タイとなる通算17本目の直接FKを決めて中村俊輔の持つ記録に並ぶなど、キック精度も衰え知らず。

また、球際での寄せるスピードが速く、31節の仙台戦でも群を抜く迫力を見せつけた。ブラジル・ワールドカップ後は代表から遠ざかっていたが、現在のパフォーマンスを考えれば納得の選出だ。


今野泰幸(G大阪)
今季成績:30試合・2得点
平均採点:6.00(MF部門12位)

ブラジル・ワールドカップではCBで出場するも、G大阪では緊急時を除き、一貫してボランチでプレー。もともと1対1の守備時には定評があり、豊富な運動量で広範囲をカバーしながら、G大阪の攻撃陣をサポートしている。

“前に出て潰す”守備が際立ち、鋭い出足でインターセプトを狙いつつ、粘り強い対応でピンチの芽を摘む。特筆すべきは、そうした汗かき役を涼しい顔でこなしながら、最近は相手のゴール前に顔を出す意識も強まっている点。代表では、アンカーはもちろん、細貝が起用されていたインサイドハーフにも対応可能だろう。


田口泰士(名古屋)
今季成績:26試合・1得点
平均採点:5.88(MF部門24位)

直近のリーグ戦(31節・FC東京戦/△2-2)は累積警告のため欠場したが、怪我もなくまずまずの状態にある。前回選出時は、ブラジル戦(10月14日)でアンカーとして先発フル出場。しかし、ネイマールら強力アタッカー陣を抑えられず悔しさを味わった。再び訪れたチャンスに「代表戦はもう初めてではないので、前回以上にチームのため、そして勝利のために貢献したい」と意欲を示す。

特にホンジュラス戦は、慣れ親しんだ豊田スタジアムでのゲームでもあり、アジアカップのメンバー入りに向けたラストチャンスで、最大限のパフォーマンスを示したい。


柴崎 岳(鹿島)
今季成績:31試合・5得点
平均採点:6.13(MF部門3位)

昌子と同じく、チーム状況に影響されて自身の調子も下り坂。ボールを受ければ高精度のパスでチャンスを演出するが、劣勢下では途端に存在感が希薄になり、力を発揮できていない。守備の局面でボールを奪う場面が少ないのは、改善すべき課題だろう。

また、ゴールに絡む仕事ができていないのも気になる点。アシストの減少という点ではFWの決定力不足という側面もあるが、自らエリア内に進出する場面も減っており、最後のゴールは20節の甲府戦だ。代表での活動で感覚を取り戻してくれればいいが……。

FWの国内組は以下の3人


1

豊田陽平(鳥栖)
今季成績:31試合・15得点
平均採点:6.00(FW部門3位)

前節の神戸戦は、まさに圧巻だった。難しいバックヘッドで同点弾を沈め、ロスタイムには左足で勝ち越しゴール。終了間際の2得点でチームを救うとともに、J1で3シーズン連続の15得点超えを達成した。実績と現在のコンディション、どちらの理由でも呼ばれないほうがおかしい選手である。

最大の魅力は左右からのクロスを仕留める空中戦にあるが、それを発揮できるかどうかは未知数だ。実際に、ザッケローニ体制下ではそのような攻撃自体が少なく、不遇を囲っている。ただ、アギーレ監督は皆川、ハーフナーといった長身FWを試しており、前任者よりは豊田にとってやりやすい環境と言えそうだ。 


小林 悠(川崎)
今季成績:29試合・12得点
平均採点:6.05(FW部門2位)

所属する川崎はここ5試合で1勝4敗と不調ながら、小林自身は10月の代表戦後、J1の4試合で2ゴールと結果を残している。再選出されたのは、そうしたゴールが評価されたうえ、裏を狙う“動きの質”が評価されたからだろう。小林が見せている動きの質自体は高水準で、相手の重心や視線の動きを見ながら、巧みにマークを外している。

本人も10月のブラジル戦で大きな刺激を受けており、炙り出された課題をもとに「反省・修正・実践」を繰り返している最中。アギーレ監督は、ひと皮むけた小林の姿を期待しているはずだ。


武藤嘉紀(FC東京)
今季成績:30試合・13得点
平均採点:6.08(FW部門1位)

10月の代表活動後のJリーグでは、相手の“潰すディフェンス”に苦しんだ。反則まがいのタックルに表情をゆがめる場面が増えたが、29節の広島戦で決勝弾を叩き込むと、31節の名古屋戦では76分に驚愕のドリブルシュートを決めた。

アギーレ監督が視察に訪れた瑞穂陸上競技場での一撃で自身のゴール数を13に伸ばし、渡邉(FC東京)が持つJ1新人得点記録に並んだ22歳のアタッカーは、荒波に揉まれながら進化を続けている。


5

日本代表は14日に愛知・豊田スタジアムでホンジュラス戦に臨んだあと、18日に大阪・ヤンマースタジアム長居でオーストラリアと対戦。その後、来年1月にはオーストラリアでのアジアカップで連覇を目指す

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月07日 01:08
    • ID:fwMkUaN20
    • 遠藤とかいうゾンビ。wwww
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月07日 01:47
    • ID:z7Cxy8LD0
    • GK/DF/MFの採点1位と2位の選手が誰なのか気になって仕方ない
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月07日 01:55
    • ID:dQyUT.E30
    • アテにならない記事だな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月07日 02:11
    • ID:byqjYcor0
    • ※2
      ホント、寸評いらないから参考までに1~5位くらいをそれぞれ併記して欲しかったな。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月07日 05:28
    • ID:Mrux.bV20
    • ぜひ次も太田を試合で使ってもらいたい
      W酒井より年上の20代後半だし
      最後のチャンスを活かしてもらいたい
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月07日 07:46
    • ID:qGcY4JxY0
    • ガゼッタとか海外の新聞の評価は記事にしても、日本のは珍しい。まあ、普段J見てないけど、代表ではどうなん?っていう人がそれだけ多いって事やね。普段から各誌の評価が気になるほどJが盛り上がってほしい。そのためには今回Jリーグの選手に活躍してほしい!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ