Sponsored Link

本田の経験を育成年代に還元「グローバルな競争に打ち勝つため」の新組織発足


1

ミランに所属する日本代表MF本田圭佑が19日、世界を目指す人材を育成していく新組織「Honda’s Philosophical Education(ホンダズ フィロソフィカル エデュケーション)」を発足させた。所属事務所が発表した。

これは、日本の育成年代に対して本田選手自身の経験や考えをもと設立されたもので、世界で活躍する有望なサッカー選手の育成・人間教育を実施していくという。本田がプロデュース・展開する全国37校のサッカースクール「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」の他、ジュニアユースでは東京都清瀬市で活動する「S.T.FOOTBALL CLUB」、大阪府摂津市で活動する「摂津パルティーダ」の2クラブがHPEに加入し、スタートすることが決定。今後もこの理念に共感して進んでいくチームを増やしていきたいとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00215249-gekisaka-socc
本田はHPE発足にともない、以下のようにコメントしている。


2

「皆さん、こんにちは。本日、発足致しました『HPE(Honda’s Philosophical Education)』の最大の目的はサッカーを通じて“グローバルな競争”に打ち勝っていくためのサポートをすることです。“グローバルな競争”というのは分かりやすくいうと世界中の人達と勝ち負けを競うことです。10年後、20年後は“グローバルな競争”をより身近に感じる時代になるでしょう。その時直面するであろう困難を乗り越えられる強さを、より多くの子供達に身につけてもらいたいという想いで発足させました。これは、私が世界のトップレベルで経験した事をようやく形にできました。『HPE』はサッカーを通じて子供達の夢実現の為に必要なことを追求し“グローバルな競争”に勝つための土台づくりをサポートしていきます」

HPEは(1)指導者養成アカデミー、(2)ジュニアユースチーム、(3)SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOLを軸としており、養成アカデミーで経験を積んだ指導者が、ジュニアユースチーム(現時点でS.T FOOTBALL CLUB、摂津パルティーダの2チームが参加)とSOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOLで指導を行っていく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00251803-soccerk-socc


3

今回の発表に合わせ、摂津パルティーダは2015年4月の新中学校1年生を対象としたセレクションを12月7日と23日に万博大阪グラウンドで実施する予定となっている

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 00:59
    • ID:6xhQVoS30
    • いいね
      世界と戦うために早い時期から対策をとるってのはいいことよ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 01:13
    • ID:QOHjVdGe0
    • 提携する組織からエリートを集めてチーム作ったりするのかな
      面白そう
    • 3
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2014年11月20日 01:29
    • ID:0tvH8pTX0
    • ロシアW杯まで200校って目標どうするかと思ったらこう来たか
      こういう加盟形式なら4年で達成できなくもないな
      最終目標のクラブ創立まで道は遠いなw
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 01:30
    • ID:3RjvkyFm0
    • 名古屋のジュニアユースじゃだめなのか?
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 02:02
    • ID:w.E.lEXC0
    • 旅人とは違うベクトル
      個人的には本田に共感するわ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 02:18
    • ID:zW1ehYN70
    • 日本サッカー協会が金儲けに走り、真剣に育成などしないから民間がこういう施設を立ち上て育成を促進させる事は良いことだ。
      日本サッカー協会は、電通の紐付きで純粋な社団法人ではなく、電通の出先機関に過ぎない。また、私物化された社団でもある。公平で公正な機関なら、Wカップ惨敗の責任を取って組織の刷新を普通は図る。あそこは普通の財団ではない。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 03:25
    • ID:vyBKIB6h0
    • これは支持。
    • 8
    • Posted by
    • サッカー
    • 2014年11月20日 04:29
    • ID:G4dcAmgZ0
    • いやぁ素晴らしい 本田の育成にかける情熱は凄いよ
    • 9
    • Posted by
    • にじんちゅ
    • 2014年11月20日 05:01
    • ID:VWxxnDZg0
    • 本当に凄い、サッカーにとって育成がいかに大事か、日本サッカー協会がもたついてる間にどんどん伸ばしていってくれ
      応援するわ
    • 10
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 05:24
    • ID:ZXCDiOJb0
    • 海外組の経験を国内にフィードバックしてくれるのは有難い
      幼少からメンタル作らないと外じゃ通用しないしな
    • 11
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 05:49
    • ID:Fl2UEfCD0
    • 実際にトップレベルを知ってる選手が立ち上げるのがいいね。
      近年の日本の育成は、あまりにも金太郎飴状態で似たような選手しか育成できてないからな。
      協会主導の育成だけでは限界があるよ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ