Sponsored Link

日本とベネズエラ戦、没収試合扱いに


1

国際サッカー連盟(FIFA)は、9月の国際親善試合で日本と対戦したベネズエラが出場停止中の選手を出場させたとして、没収試合扱いとする処分を科した。日本サッカー協会が19日に発表した。直前の韓国戦で退場となった選手が出場していた。

日本とベネズエラとの試合は9月9日に日産スタジアムで行われ、2-2に終わったが、日本についてはFIFAから「日本は第三者であり、記録は修正されない」と回答があった。日本サッカー協会は試合結果や個人記録をそのまま残す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00000110-mai-socc
退席の選手起用したベネズエラ…連盟は「日本戦メンバー提出後に知らされた」


2

没収試合となった要因として、日本戦の4日前である5日に行われた韓国対ベネズエラ戦で、日本戦にも先発出場していたホセ・サロモン・ロンドンが途中交代でベンチに下がった後、レッドカードを受けて退席処分となったことが考えられる。

連盟は、「ベネズエラサッカー協会の執行局長であるトマス・アルバレスは、9月5日に行われた韓国戦でサロモン・ロンドンに対して退場処分が下されていたことは、日本との親善試合後に知らされたと明かした。後に発表された審判レポートで第4主審がロンドンに(退場)処分を下したとされているが、それは試合後の同選手の振る舞いが原因と考えられている。もっとも、ロンドンにカードが出ていたという事実は、日本戦のメンバーリスト提出後に当協会に知らされた」と経緯を説明。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00251886-soccerk-socc


3

サロモン・ロンドンはそのため、15日のチリ戦(0-5で敗戦)と18日のボリビア戦(2-3で敗戦)のベネズエラ代表メンバーに招集されていない

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月20日 13:04
    • ID:pEF.W.Di0
    • おの国と試合をすると色々な事が起きるね
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ