Sponsored Link

ミラノダービー初の日本人対決実現!長友同点起点、本田は途中出場


1

セリエA第12節、ACミランとインテル・ミラノの「ミラノ・ダービー」が23日に行われ、両者譲らず1―1の引き分け。ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)は後半28分から途中出場、インテルの同DF長友佑都(28)はフル出場し、伝統の一戦で初の日本人対決が実現した。

復帰後初采配となるインテルのマンチーニ監督は、前日会見で「ダービーで幸運を呼ぶ選手」と評していた長友を右SBで起用。監督として初のダービーに臨むACミランのインザーギ監督は1トップにFWトーレスを起用し、本田は今季初のベンチスタートとなった。

【スコア】
ミラン 1-1 インテル
【得点者】
1-0 23分 ジェレミー・メネズ(ミラン)
1-1 61分 ジョエル・オビ(インテル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141124-00000010-spnannex-socc
ホームのミランはここ4戦で3分1敗と勝利が無い。一方のインテルも直近の公式戦3試合勝利がなく、ヴァルテル・マッツァーリ監督を解任。2004年から2008年までチームを率いていたロベルト・マンチーニ新指揮官を迎えての初戦となった


1

試合は前半23分にACミランが先制。スルーパスに抜け出したMFエル・シャーラウィが左サイドからクロスを入れると、中央でFWメネズが左足ボレーで合わせて先手を奪った。インテルは後半16分、長友の右クロスのこぼれ球を拾ったMFオビが左足で決めて試合を振り出しに。本田は1―1の同28分、トーレスに代わってピッチに登場し、前線の右サイドに入った。

本田は同31分には左サイドから仕掛けて左足でシュートを放ったがGKがセーブ。その後も攻撃に絡んだが得点を挙げることはできず、試合終了のホイッスルを聞いた。ACミランは2試合連続の引き分けでリーグ戦5戦勝利なし、インテルは同3試合勝利なしとなった。

本田「スタメンで出たかった」…5戦不発は「実力ですよね」


2

試合後の本田に満足する様子は見られなかった。「前の4試合で結果を残せなかったことでレギュラー落ちしたということに尽きる。僕自身、最近のパフォーマンスが低調だったということを受け入れないといけないと思っています。今日に関しても少ないチャンスをものにするべきだった。本当のスターというのは一本のシュートをすぐに決めることが出来るんじゃないかなと思うので、反省しないといけない。結果を出さないと、このクラブでレギュラーで居続けることは出来ないので、危機感は常に持っています」。

注目された日本人対決が実現したことについては「本当であれば、両方スタメンで出たかった。それでも日本人のサッカーファンにとっては、盛り上がってくれたんじゃないかなと。盛り上がってくれたなら、サッカー選手として嬉しいことですし。次はスタメンで出れるように、しっかり準備したい」と話した。

開幕7試合で6ゴールと、得点を量産した本田だが、ここに来て5試合連続無得点と、勢いが影を潜めている。これについては「実力ですよね、これが」とキッパリ。「最初は警戒されてなくて、ここで警戒されて、左足をどう防いだらいいかを研究されれば、結果が出せない。ただそれを上回らないと、自分の思っているところに到達出来ない。そのためにはこういう失敗を繰り返して、トライし続けることが何より大事なんじゃないかなと。違う選択肢を選ぶことも出来るんですけど、それは求めていない。もう少し、先にビジョンを描いているつもりです」と冷静に捕えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141124-00222100-gekisaka-socc




両チームの複数の選手が足をつるなど、終盤まで意地のぶつかり合うゲームとなったが、試合はこのまま1-1で終了。通算211回目の伝統の一戦は、勝ち点1を分け合う結果に終わった

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2014年11月24日 13:01
    • ID:U2VWtYPr0
    • 何だかスッキリしない…
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ