Sponsored Link

アギーレ日本vsオークランドシティ!来月4日強豪で腕試し


2

サッカー日本代表が連覇を狙うアジア杯開幕前の来年1月4日、合宿地セスノック市でニュージーランドリーグの強豪オークランドシティと練習試合を行うことが14日、分かった。

「トヨタ クラブW杯」で13日にオセアニア勢初の4強入りを決めたクラブで、同地ではこれ以上ない相手と言える。同杯メンバーは15日に発表される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141215-00000004-sph-socc
5日にはオーストラリア2部所属のランブトンとの対戦も予定。控え組を含めた全選手の実戦感覚を養うため、異例の2日連続の練習試合で本番に挑む


1

アギーレ監督就任後初の公式戦であるアジア杯に挑む日本代表が、本番前の練習相手にニュージーランドの強豪オークランドシティを選んだ。合宿地のセスノック市の公式サイトなどが伝えた。同クラブは、国内リーグ優勝5回を誇りクラブW杯に最多の6度出場。モロッコで開催中の今年の大会では、初戦で地元マグレブ・テトゥアンをPK戦で、13日の準々決勝ではアフリカ王者のセティフ(アルジェリア)を1―0で破り、オセアニア王者として初のベスト4入りの快挙を達成。17日の準決勝で南米王者のサンロレンソ(アルゼンチン)との対戦が決まった。

06年クラブW杯には特別短期契約で元日本代表MF岩本輝雄さん(42)が所属して出場。現在はDF岩田卓也(31)が日本人選手最多の3大会連続でクラブW杯に出場するなど日本のファンにもなじみが深い。

アギーレ・ジャパンにとっては、連覇を狙うアジア杯に向け、戦術確認や選手のコンディションを見極めるために重要な試合となる。当初は中東勢との対戦も検討していたが調整がつかず方向転換した。5日にはオーストラリア2部所属のランブトンとの対戦も予定。控え組を含めた全選手の実戦感覚を養うため、異例の2日連続の練習試合で本番に挑む計画だ。


1

アギーレ・ジャパンは15日、アジア杯メンバー23人を発表する。29日から国内で正月返上の年越し合宿を行い1月3日にセスノック市入り。事前合宿を経て12日に1次リーグ初戦のパレスチナ戦(ニューカッスル)に臨む

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2015年01月03日 16:01
    • ID:yEnqlcHA0
    • 日本サッカーが強くなる方法
      ①クセのある動き (フェイント)
      ②フォーメーションを4-3-3
      ③2トップにし相手にプレッシャーをかける             ○ ○                                      ○
                                       ○ ○
                                        ○
                                     ○ ○ ○ ○
                                      「 ○ 」
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ