Sponsored Link

Jリーグ開幕から22年…急成長を果たした日本サッカーの育んできた“絆の力”


1

2015シーズンからJリーグタイトルパートナーを務める明治安田生命が、5月15日に新テレビCMを公開した。

「5月15日」は、日本サッカーにとって深い意味を持っている。22年前のこの日、日本に「Jリーグ」が生まれたのだ。プロサッカーリーグの実現――それが、当時の全サッカー関係者の悲願だったことを、CMに登場する選手たちは知っているだろうか。宇佐美貴史(ガンバ大阪)、柴崎岳(鹿島アントラーズ)、武藤嘉紀(FC東京)。彼らはそろってJリーグ誕生の前年にあたる1992年に生まれた。Jリーグが当たり前に存在する時代を生きてきた選手たちが、今では日本サッカーの未来を背負うまでになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00312623-soccerk-socc
この22年間には、日本サッカーの“歴史的瞬間”が詰まっている。



“ドーハの悲劇”が1993年。1998年のワールドカップ初出場、そして日本中が熱狂した自国開催の2002年大会。三浦知良や中田英寿、中村俊輔らが欧州に飛び出し、その後に続く道を切り開いた。日本代表が5大会連続でワールドカップに出場し、主力選手が軒並み欧州各国リーグでプレーする。そんな現在の光景は、Jリーグなくしては考えられなかったはずだ。

初年度の1993年、たった10クラブでスタートしたJリーグは、今やJ3を含めて37都道府県に52のクラブを抱える。サポーターも各地方に増え、自分が住む町、生まれ育った町のクラブに声援を送る。子どもたちは地元クラブの下部組織に入り、いつか明治安田生命Jリーグでプレーする日を夢みる。

「応援って心配だ。応援って不安だ。でも、応援って最高だ。誰かをサポートする喜びを、もっとこの国に」。Jリーグの全52クラブとオフィシャルスポンサー契約を締結している明治安田生命が公開したCMには、そんなナレーションとともに、老若男女が様々なシーンで歓喜する姿が映る。

「全員がサポーター」を合言葉に、地元のクラブの応援を宣言し、サッカーを通じて地域に貢献していく。明治安田生命の掲げる理念は、Jリーグが常に目指してきた、そして今後も目指していく方向と重なる。

2

「地域密着」は、明治安田生命Jリーグの理念「百年構想」の実現に向けた根幹となるキーワードだ。Jリーグが当たり前に存在する日常の中でふと足を止め、このリーグが育んできた“絆の力”に思いを馳せる――そんなきっかけとなるCMを見ながら、「Jリーグ」の誕生日を祝うのも悪くない。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無しさん
    • 2015年05月16日 07:22
    • ID:Q6TMdrez0
    • 絆があるのはファンと選手の間だけだろ
      協会には無い
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2015年05月16日 07:29
    • ID:ybLz0N.c0
    • この記事に対するセル爺の意見を聞いてみたいw
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2015年05月16日 08:05
    • ID:JJtuuBCx0
    • 急成長させたのは今までの協会や尽力した人のおかげなのにそれに胡座をかいて、成長を鈍化させる無能協会の職員ども。がんがん、海外に指導者、フィジカルコーチを海外の大学に派遣したりして、日本に持ち帰らさせろよ。筋トレは、欧米と10年くらい遅れてるし、練習も練習のための練習で効果が薄いものが多い。協会主導で良い練習をオススメするサイトを作るべき。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2015年05月16日 09:13
    • ID:VZSKMq870
    • Jリーグは急成長はしたけど、ある一定の所で止まった感はあるよね。
      城福が言ってたけど。  高水準まで高めると、今度はその次の一歩が難しいみたいな事を。
      そして、今度はインドが急成長してくる。
      自分は特定のサポやファンでは無いけど、更に成長出来るよう応援というか願ってはいるよ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ