Sponsored Link

リヴァプール、3連勝ならず…ウェスト・ハムに完封負け


2

2日に行われたプレミアリーグ第20節、ウェスト・ハム対リヴァプールの一戦は、ホームのウェスト・ハムが2-0で勝利している。

リヴァプールのクロップ監督は前節サンダーランド戦の先発メンバーから数人を入れ替えてウェスト・ハム戦に臨む。ララナとヘンダーソンが外れ、代わりにアイブとルーカスが入った。一方のウェスト・ハムは復帰に近づくパイェがベンチで出番を待つ。

【得点者】
10分 1-0 アントニオ(ウェスト・ハム)
55分 2-0 キャロル(ウェスト・ハム)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160102-00000016-goal-socc
キャロルが古巣相手にゴール


2

リヴァプールは3分にアイブがミドルレンジから鋭いシュートを放つなど、開始早々から積極的な姿勢を示す。小気味良いパスワークに加え、中盤ではルーカスとエムレ・カンが尽くセカンドボールを拾い、相手の攻撃の芽を摘む。

だが、先制したのはホームのウェスト・ハムだった。10分、自陣のゴール近くでアントニオが激しいスライディングタックルを浴びせてモレノからボールを奪うと、そこから一気にカウンターへ。最後はバレンシアのクロスにアントニオが身を投げ出してヘディングを叩き、GKミニョレを破った。

攻勢を強めるウェスト・ハムは、16分にもランシニのシュートがポストに直撃。完全に試合の主導権を掌握する。38分には、そのランシニが負傷交代を余儀なくされるも、ビリッチ監督はすかさずオビアングを投入してチームの穴を防いだ。

リヴァプールは前半のアディショナルタイムにエムレ・カンのシュートがバーに当たる。運にも見放され、1点ビハインドで後半の巻き返しに賭ける。

早く同点に追いつきたいリヴァプールだが、前半同様後半も立ち上がりに失点を喫する。55分、左サイドを破られてノーブルにクロスを許すと、これをファーサイドで待ち構えていたキャロルがヘディングで合わせて古巣からゴールを奪った。

2点差となったことでクロップ監督は61分にララナとスミスを投入。対するビリッチ監督は64分にバレンシアを下げ、ついにパイェをピッチに送り込む。アップトンパークに詰めかけた観客からは11月以来の実戦復帰を果たした背番号27に大きな拍手が送られている。



リヴァプールは猛攻を仕掛けるものの、ファイナルサードで精度を欠く。2連勝で年越しを迎えていたチームだが、2016年を黒星でスタートさせることになった。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月03日 03:24
    • ID:.8nb2NLR0
    • なんか動き悪いな、コンディション不良か。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ