Sponsored Link

カカ、同胞の後輩ネイマールを称賛「世界一になるは時間の問題」


2

オーランド・シティに所属するブラジル代表MFカカは、同胞の後輩であるバルセロナに所属する同代表FWネイマールが、いずれFIFAバロンドールを獲得するだろうと語った。4日、FIFAの公式サイト『FIFA.com』が伝えている。

バロンドールは、2010年からFIFA最優秀選手賞と統合されてFIFAバロンドールと名を変えた。統合前の2007年には、当時ミランに所属していたカカがバロンドールとFIFA最優秀選手賞を同時受賞。それ以降、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2人が同賞を分け合ってきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00387282-soccerk-socc
彼が世界で1番になるのは時間の問題


2

カカは、ここ数年のバロンドールについて、「クリスティアーノとメッシの2人だけが続くようになったね。彼らが毎年毎年成し遂げてきたことを考えれば、それはフェアなことだけど」と話し、メッシとC・ロナウドの2選手が独占するのも無理はないと認めた。

2015年のFIFAバロンドール最終候補3名には、メッシ、C・ロナウドとともに、ネイマールが選出されている。ブラジル人選手が最終候補にノミネートされるのは、2007年のカカ以来8年ぶりとなった。

ブラジル人選手が長年バロンドールを受賞できていない理由を問われると、「理由を1つ挙げるのは難しいが、ブラジルサッカー界にとっての警告とならなければいけない。実際、バロンドールを受賞するのは簡単なことじゃないけどね」と、ブラジルサッカー界は危機感を感じるべきだと語った。

同胞のネイマールについても言及し、「幸いにも、ネイマールは欧州に行ってから、かなり改善し、とても成熟している。彼が世界で1番になるのは時間の問題だろう」と、近い将来世界一の選手になると明言した。


2

なお、2015年のFIFAバロンドール受賞者は11日に発表される。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月05日 18:31
    • ID:10U6db7o0
    • 今年のバロンは厳しいけど、来年のバロンならメッシがまだ調子が出てないから充分チャンスあると思うよ。 頑張って!
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月05日 19:12
    • ID:itSfBw4q0
    • 来年ならバロンあるかもな。メッシは調子が上がってないし、逆にネイマールが絶好調だし。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月05日 19:45
    • ID:aQqYCPYi0
    • ブッフォン、カンナバーロ、マルディーニとかイタリア勢が上位に入ってたのがもう10年前か
      ロッベンも無理そうだし、東欧の選手も見かけなくなったな
    • 4
    • Posted by
    •  
    • 2016年01月05日 20:00
    • ID:l4zq4V2B0
    • さすがカカだな。ペレとは違う。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月05日 20:06
    • ID:PtepTIpW0
    • メッシとクリロナが年齢劣化するまでって意味かな?
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月05日 23:31
    • ID:nLpNnQ2S0
    • 1、2年前なら「何言っているんだか」で一蹴されたかもしれないが、今なら現実味がある話だな。
      これをロベルトカルロスのように1、2年前に言っていれば先見だったね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ