Sponsored Link

一度も試合に出れなかった“期待のJリーガー” 警察官に転身した現在


1

テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」では「アスリート第2の人生を徹底調査!」と題し、元Jリーガー・佐野克彦さんをフィーチャー。清水エスパルスユースで活躍した佐野さんは、18歳で当時のU-19日本代表にも選ばれ、香川真司や内田篤人らとプレー、将来を嘱望された選手の一人だった。

だが、2007年、清水エスパルスに入団を果たすも、一度も試合に出場することなく選手を断念。現在は警察官として日々奮闘しているという。

Jリーガーとして1年目の給料を訊かれた佐野さんは「(1年目の選手は)480万が最高額なんですけど、一応最高額貰えることができました」といい、契約金についても「契約金という形ではなく名前は支度金。これも上限が決まってまして380万が上限」と説明。こちらも最高額を与えられるほど、期待された選手だった。

http://news.livedoor.com/article/detail/11054062/
期待のJリーガーが怪我で選手を断念 家族のために選んだ第二の人生

1

だが、入団会見の10日後、練習中の佐野さんは、前十字じん帯断裂に半月板損傷という全治7ヶ月の大ケガを負ってしまう。2年目には高校の同級生だった妻・衣里さんと結婚し、第一子が誕生するもケガの連続により第一線でプレーはできず。番組のカメラに当時の様子を語った衣里さんも「こんだけ頑張っているのに。辛そうでしたね。下手に声をかけれなかったことを記憶しています」と明かした。

結局、佐野さんは3年間で一度も試合に出場することなく戦力外を通告された。2009年12月にトライアウトを受けるもオファーはなく、引退を余儀なくされたのだ。

第二の人生については「高卒でも資格がなくても入れるのようなものを探した」という佐野さんだが、家族を養うため、アルバイトをしながら予備校に通い、地方公務員を目指して毎日10時間の猛勉強を敢行。妻の実家で生活しながら、月の収入は10万円ほどだったという。

それでも努力が実り、その1年後には晴れて警察官となった佐野さん。現在は静岡市内にマイホームを建て、3人の子供にも恵まれた。

「家族がいなければ、もっと自分の思うようなことができたんじゃないかって思ったりしますね。葛藤はありましたけど」と夫の苦労や苦悩を労った衣里さんは、「それでも今こうやって子供とサッカーをやれる姿を見ることができているんで、すごい有り難いですね」としみじみ。
3
VTRが紹介されると、ゲストの元日本代表・本田泰人さんは「引退後のいい例。家族がいたから切り替えられたと思う。切り替えられなくてどうしようっていう選手も沢山いますから。サッカーしかやってこなかった人がほとんどなんで」と所感を述べている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 06:13
    • ID:zQv4gxtt0
    • やっぱ平山レベルの才能じゃないと、期待しちゃいかんわ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 06:28
    • ID:ngY2zmiS0
    • 才能があったけど怪我でサッカー人生を断念せざるを得なかった人間を取り上げてんだぞ??何言ってんだ????
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 06:41
    • ID:78Yx3t0X0
    • 大型サイドバックで当時期待されてたよな、懐かしい

    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 06:41
    • ID:In7OshZd0
    • 頑張ったな
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 06:49
    • ID:jnGbECQP0
    • 公務員のローン組みやすいさすごいな、若くしてマイホームとは
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 07:14
    • ID:T2XAdwL.0
    • これ偶々見掛けたけど、警官になってからの風貌が和製ギュンドアンやと思ったw 室内で子供とサッカーボールで追いかけっこ?してて微笑ましかったな。頑張って幸せ掴んで、町のパトロール宜しくやで。
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 07:32
    • ID:qHnXHp..0
    • すごくいい話だけどさ、こういう第二の人生って本来なら協会とかがもっと整備しなきゃいけないところだよな
      サッカー選手なんて圧倒的に現役引退してからの生活の方が長いんだから、引退後のこともしっかり考えてあげてほしいわ
      そうしないと将来の子供たちがいつかサッカー選手を目指してくれなくなってしまうかもしれん
    • 8
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 07:33
    • ID:Xl.9WULC0
    • サッカーも人生も切り替えは大事だな
    • 9
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 07:56
    • ID:duPiKP6Q0
    • サッカー協会のセカンドキャリア支援がまったく機能してなさそう
    • 10
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 08:45
    • ID:0btLsocq0
    • サッカー協会は身内の肥やしで、サッカーに貢献できない奴は捨てる。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 08:49
    • ID:HYKf.rxp0
    • 本田の家族はアレだったからなw
    • 12
    • Posted by
    • 名無しさん
    • 2016年01月13日 08:54
    • ID:uFqYHXNw0
    • クラブ単位ではセカンドキャリア支援してるところあるけど
      限界ってものがある
      やっぱりJFA、リーグがもっと支援しないと
    • 13
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 14:37
    • ID:mMJcNbtt0
    • 協会がーっていうやつは具体的な案は出さないんだよなぁ
    • 14
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月13日 19:13
    • ID:sNodQJqF0
    • 協会がやれって具体的にどうすんだよw
      キリンやアディダスに雇ってもらえるよう頼みこむのか?
      協会にできるのは、講習会を開いてセカンドキャリアの大切さを教え込むことくらいだろ
      たとえばの話、「セカンドキャリアのために大学へ社会人入学できるよう一日2時間の勉強時間を確保しなければならず、確保できなければ出場停止などの懲罰もある」というルールを作ったとして、これにどれだけの人が賛成するの?
      ほとんどのサポやクラブや選手が反対するだろ
    • 15
    • Posted by
    •  
    • 2016年01月13日 20:39
    • ID:jK2KbFzv0
    • 本田泰人、家族を語る
      ううう…(´;ω;`)
    • 16
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月16日 07:24
    • ID:kKFT3r9G0
    • サッカー協会なのに他への就職支援しろってコメ意味わからんわ。
      それは就職支援団体尋ねろよ。利権うんぬんも的はずれ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ