Sponsored Link

岡崎慎司のインタビューから学ぶ、英会話において最も大切な2つのこと


1

先週末に行われたプレミアリーグ第22節のアストン・ヴィラ戦で、今季5ゴール目をあげた岡崎慎司。

ジェイミー・ヴァーディの大爆発によりベンチに座る機会も少なくない岡崎だが、やはりいざという時には結果を残すストライカ-である。是非、プレミアリーグで二桁得点を記録してほしいものだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/11091008/
さて、そんな岡崎がこの試合後に受けたインタビュー映像が、レスターの公式Youtubeチャンネルに掲載されていた。ご紹介しよう。


今季レスターで5ゴールを決めている岡崎。しかし、それらは全てアウェイゲームでの得点であり、なぜかレスターのホームではゴールをあげていない。

このインタビュアーでは、まず「なぜキング・パワー・スタジアムでゴールができないのか?」ということが質問されている。

しかし、岡崎はこの質問を聞いた後しばらく考えこみ、問いの意味を聞き直している。そして別の言葉で言い換えられたのを聞くとようやくその意図を理解したようで、笑いながら「それは神経質になる質問だね」と答えている。

岡崎のインタビューを見ていて何よりも感じるのは、こうした英語のインタビューでも常に堂々としていることだ。

後で言及するが、岡崎の英語力はお世辞にも高いとは言えない。しかし、通訳者を介すことなくこういう場に登場し、たとえ分からない質問があっても狼狽せずに落ち着いて質問し直す姿勢は、見ているこちらとしてもとても自然なものだ。

「メラビアンの法則」でも明らかにされているように、コミュニケーションにおいてノンバーバルな情報が人に与える影響は少なくない。岡崎と言えば臆することなくゴールへと突き進むプレーが身上であるが、そうした姿勢は英語でのコミュニケーション時にも発揮されているのだ。

岡崎のインタビューを聞いていてもう一つ重要だと感じるのは、「まず言葉にしてみる」という姿勢である。

英語が苦手な日本人は、全ての文章を頭の中で組み立ててから英語を話そうとする。そのため、街中で突然外国人から道を尋ねられると、どうしてもどもりがちなのだ。

しかし岡崎はと言うと、思ったことをまず言葉にしている。

例えば今回のインタビューで、岡崎はこのように話している。

I hope every home-game, so I hope goal, score, then maybe....

hopeという動詞は「~と思う」や「~を望む」という意味であるが、一般的にはthat節や主語+動詞を続けて用いる。文法的に見るのであれば、hopeの後にgoalという名詞が来ることはありえないし、このgoalを原型の動詞で使用する際には、直前にIを用いないとおかしいことになる。

しかし、岡崎はとにかく自分が表現したい言葉をまず口で発している。

日本人であれば、hopeを使った瞬間に「hopeの後には主語と動詞を使わないといけないから…」と考えこんでしまい会話が途切れがちになるのだが、岡崎は文法などは一旦無視してまず伝えたい言葉を表現しているのだ。

もちろん、正しい英語を使えることが最も望ましいだろう。岡崎もそうした状態を目指し、日々英語を勉強しているはずだ。しかし、岡崎が話した英語を見ると言いたいことは伝わってくる。英語に疎い我々でも分かるのだから、英語圏で生活している人たちにも理解はしているだろう。

大事なのは、この「伝わる」ということである。

控えめな国民性である日本人は、英会話に置いて失敗することを恐れがちだ。だからこそ、自分の意思が相手に伝わらないのである。

しかし、岡崎は決して得意とは言えない英語をどんどん口にしている。そして、ネイティブのインタビュアーとも臆することなく向き合っており、コミュニケーションにおいて非常に積極的な姿勢を見せている。

英語でのコミュニケーションにおいて何が一番大切なのか―。岡崎のインタビュー映像から学ぶことも決して小さくはないはずだ。

最後に、このインタビューでのインタビュー内容をまとめてみる。

―キング・パワー・スタジアムではゴールがありませんね。

岡崎「それは神経質になる質問だね。だけど、私は全てのホームゲームでゴールしたいと思っている。次の試合はホームのサポーターの前でゴールしたいね」

―相手GKはボールがゴールに入らないよう、やれるだけのことをやっていました。我々もボールがラインを割っていないのかと心配しましたよ。

岡崎「私の得点のこと?ゴールラインを越えているように見えたけど、ラインズマンを見ると旗を上げていなかったから『なんで?』っていうリアクションを取ったんだ。だけど、得点ボードを見ると1-0でレスターのリードとなっていたからゴールだって思った。何と言うべきかな…幸せだよ。チームメイトが来て『OK、ゴールは入ったよ』と言っているのを聞き、理解したんだ」
レスターは次節、ホームでストークと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2016年01月21日 22:34
    • ID:fS3.0o.p0
    • 日本語だって接続詞使わなくても単語並べるだけで意味は伝わるしな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月21日 22:35
    • ID:bMHdz.gH0
    • でも最後の方恥ずかしそうだwww
      soとか使いまくりwww
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月21日 22:36
    • ID:ATphmppM0
    • 日本のレポーターの意味わからん質問に鍛えられてるんだから、当たり前よ。
    • 4
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2016年01月21日 22:52
    • ID:mFgK.Li40
    • このゴール、現地ファンにもちゃんと走ってることを評価されてるし
      ごっつぁんじゃないって認識してもらえてるのがいいね
      もちろん、ヴァーディのループがあってこそなんだけどさ

      クラマリッチもレンタル決まっていよいよ疲れがたまってくるこれからが正念場だなぁ
      がんばってほしいね
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月21日 23:47
    • ID:IzQOmw630
    • 相当頭悪い記事だな サッカー選手だからいいものを
      普通の会社員ならこんな英語力の奴なんて使えねぇよ
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月21日 23:49
    • ID:eLC92EO50
    • 普通の会社員ではなくて数億稼ぐプレミアリーガーで代表選手なんですが…
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月22日 00:04
    • ID:msIxBupMO
    • ザキオカスマイルがあるからな!スマイルは万国共通やし。
    • 8
    • Posted by
    • 名無し
    • 2016年01月22日 00:04
    • ID:0ubxeHHf0
    • ※5
      ピンポイントでお前みたいなビビリを否定する記事書かれたからって悔しがってんじゃねえよ
    • 9
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月22日 00:40
    • ID:PqHLWYV60
    • ※5
      サッカー選手だからいいものをって、だからサッカー選手だからいいんじゃねーか!
    • 10
    • Posted by
    • 名無しのサッカーマニア
    • 2016年01月22日 00:52
    • ID:XBYI5D8J0
    • サッカー選手だからいいものをって自分で書いてるのにこの記事にでてくる岡崎がサッカー選手ってきっと知らなかったんでしょう
      ちゃんと記事は隅々まで読まなきゃね
      岡崎は有名サッカー選手で一般人でもないし会社員でもないからー
    • 11
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月22日 12:59
    • ID:wjvdQEvr0
    • 会社員だったら岡崎は重宝されるだろうな
      コミュニケーション能力半端ないから英語ダメでも外国に
      気軽に放り込める。コミュ能ですぐ語学力つくだろうしな

      英語ができる人材募集に岡崎が応募したら
      そりゃ落とされるだろうがな
      ※6はまず働かないとな
    • 12
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月22日 12:59
    • ID:wjvdQEvr0
    • ※5だったごめん
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ