Sponsored Link

マインツ、再開初戦は昇格組相手に黒星スタート…武藤は後半途中に出場


1

【インゴルシュタット 1-0 マインツ ブンデスリーガ 第18節】

ブンデスリーガ第18節が現地時間23日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツは今季1部に昇格したインゴルシュタットのホームに乗り込んで対戦。前半にモリッツ・ハルトマンに先制ゴールを決められ、そのまま追いつくことができず、ウインターブレイク明けの再開初戦は0-1の黒星スタートとなった。

マインツはFWジョン・コルドバをワントップに起用し、ドルトムントへの移籍が噂されるトルコ代表MFユヌス・マッリをトップ下に起用。リーグ前半戦で活躍した武藤はベンチスタートとなった。

【スコア】
インゴルシュタット 1-0 マインツ
【得点者】
1-0 41分 モリッツ・ハルトマン(PK)(インゴルシュタット)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160124-00010001-footballc-socc
3トップが機能せず…マインツは見せ場少なくインゴルシュタットに敗戦

1

試合開始直後はお互いに膠着した状態が続いたが、19分にインゴルシュタットが先にチャンスを作る。コーナーキックから、ゴール前にハルトマンが飛び出し足で合わせるもバーに弾かれてゴールならず。対するマインツは26分にユリアン・バウムガルトリンガーがシュートを放つもGKにキャッチされ先制点を決めることはできない。

すると40分、インゴルシュタットが右サイドからチャンスを作ると、中央に向けて放り込まれたクロスボールをパスカル・グロスが合わせてシュートを放つ。このシュートが相手のハンドを誘いPKのチャンスを得た。

そして、このPKをハルトマンが冷静にゴールに流し込みインゴルシュタットが先制に成功する。先に失点したマインツは前半アディショナルタイムにチャンスを作るが決めることができず、1点リードされた状態で前半を折り返した。

後半に入ってもマインツは効果的な攻めを作り出すことができない。そして71分、ようやく武藤がハイロ・サンペリオに代わりピッチに登場する。それでも停滞した攻撃の状況が変わらないまま、マインツは0-1で敗れた。

マインツはインゴルシュタット戦での敗戦により、12月5日にハンブルガーSVに勝利して以降リーグ戦3試合未勝利となっている。
次節、インゴルシュタットは敵地で日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと、マインツはボルシアMGと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月24日 04:43
    • ID:1.LC389R0
    • 休み前にもうちょっと勝ち点積めてれば武藤とマリを売れたんだろうけどねぇ。
      コルドバではちょっと厳しいかな。
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月24日 09:59
    • ID:K6Dp.KRh0
    • 勝ち点関係なく代役選手を獲得しない限り出さないとハイデルが言ってるんだけど
    • 3
    • Posted by
    • 名無し
    • 2016年01月24日 10:02
    • ID:O5tvrW5H0
    • この時点で武藤がベンチ、話が進んでいてもおかしくはないな。
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月24日 10:25
    • ID:XAlunCFj0
    • 武藤以外のFWが軒並みひどいな
      ブンデスリーガでやれるレベルじゃない
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ