Sponsored Link

マンU主将を務めた元セルビア代表DFヴィディッチが、現役引退を発表


1

マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチが、現役引退を発表した。ユナイテッドではキャプテンマークも巻き、クラブの精神的支柱として活躍。5度のリーグ優勝、2007-08シーズンのチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルを獲得した。ヴィディッチは古巣の公式サイト上で声明を発表している。

「スパイクを脱ぐ時が来た。ここ数年は負傷を抱え、それが引退につながった」

セルビアの英雄は、引退の理由をこう明かした。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160129-00010019-soccermzw-socc
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000030-goal-socc
インテル移籍後は怪我に悩まされ、今季は公式戦出場なし

1

14年にユナイテッドからインテルへと渡った世界屈指のセンターバックは、イタリア移籍後は腰のヘルニアに悩まされ出番は少なかった。今季は公式戦出場がなく、20日にはクラブとの契約を解除していた。

そして、支えてくれたサポーターにも感謝の気持ちを伝えている。

「一緒にプレーした選手、共に働いた監督やスタッフに感謝したい。そして数年に渡ってサポートしてくれたファンには、より大きな感謝の言葉を述べたい」

キャリアの最後は決して望んだものではなかった。それでも、その輝きが褪せることはない。“赤い悪魔”の栄光を支えた偉大なプレイヤーが、また1人ピッチを去った。
ヴィディチはユナイテッドの公式サイト上で引退を発表。これまでともにプレーした選手や監督、スタッフ、そしてファンへの感謝を述べた。インテルを離れた後は、アストン・ヴィラに加入する可能性も報じられた。だが、ケガの状況が思わしくなかったようで、残念ながらスパイクを脱ぐことになった。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月30日 05:53
    • ID:B1ghUn.j0
    • ユナイテッドの黄金時代を支えた1人
      強烈なヘディングも持ってたし、ほんとに好きな選手でした
      お疲れ様でした
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月30日 07:30
    • ID:N9Npfkvd0
    • インテルいかないで引退すりゃよかったのになー。
      完全にプレミア仕様でファールばっかだったしw
      まぁ一時代を築き支えた偉大な選手なのは変わらんけどね。
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月30日 08:13
    • ID:L.2sIzZD0
    • ドルフラングレンに似てる
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月30日 14:47
    • ID:739bdpmY0
    • イラクDFのスレを見て、カガー在籍時にPA前でぶっ倒れてるビダがシュートに反応して顔ブロックしようとしたのを見て、似たシチュエーションの出血画像をサムネで見た事があったからヒェッとなったのを思い出した矢先。守備に対するド根性に突き動かされたシーンでした。良い物を見させて貰った。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月30日 19:01
    • ID:TH5jE2vZ0
    • 代役に植田を補強かなインテル
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ