Sponsored Link

大会MVP中島が果たした10番の重責と新たに芽生える危機感…帰国記者会見をライブ配信へ


1

エースナンバーの重責を大会MVPという形で全うした。U-23日本代表のMF中島翔哉(FC東京)は、30日のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたAFC・U-23選手権決勝の韓国戦で先発フル出場。2点を先制される厳しいゲーム展開の中、2-2に追いついた後の後半38分に、途中出場のFW浅野拓磨(広島)の決勝ゴールをアシストした。

「試合を通して、こっちが点を取るまでは苦しかった。なんとか流れを変えようと思ってやっていました。(浅野)拓磨のスピードを生かそうと思っていたので、その形が出て良かったと思います」

決勝ゴールの場面で、中盤で浮き球に反応した中島は柔らかいタッチで相手最終ラインの裏にボールを供給した。うまく反転した浅野は相手DFを振り切り、GKとの1対1を冷静に制してシュートを決めた。純粋なヨーイドンになれば勝利できるだけのスプリント能力のある浅野の能力を、存分に引き出すパスだった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160131-00010020-soccermzw-socc
優勝後に繰り返した感謝の言葉

1

準々決勝のイラン戦では、延長戦に入ってからの2ゴールで大きなインパクトを残した。そして、この決勝戦でのアシスト。その活躍が評価されて大会MVPに選出された。それでも、中島は周囲への感謝の言葉を繰り返した。

「自分一人ではなくて、チームのみんなの賞。チームメート、監督、スタッフ全ての人に感謝したいです」

この世代では中心的な存在として、チームの立ち上げから一度も欠かすことなく招集されてきた。それだけに、U-20ワールドカップへの出場権を逃した戦いや、準々決勝で敗れたアジア大会も当事者として、それもエースナンバーの「10番」を与えられた存在として味わってきた。だからこそ、このアジアチャンピオンに輝いたことへの喜びと共に、世界と戦う上での危機感も持つ。

「この大会でかなり成長できたと思いますし、チームとしても成熟してきた。オリンピックに向けてここから真剣に努力を続けて、オリンピックでも笑って終われるように頑張りたいと思います。努力するしかないと思うので、感謝の気持ちと謙虚さを忘れずにやっていけば成長できると思います」


23:00(予定)よりライブ配信予定

日本サッカー協会は31日の午後11時(予定)より、AFC U-23選手権カタール2016で優勝し、リオデジャネイロ五輪の出場権を獲得した、U-23日本代表の記者会見をJFA公式Webサイト「JFA.jp」にてインターネット独占ライブ配信を行うことを発表した。なお、飛行機の到着時間により開始時間が前後する場合がある。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月31日 17:14
    • ID:B9M3xES00
    • おめでとう
      浅野決勝点のアシストは良かったんじゃない
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月31日 18:20
    • ID:L5cxCNEa0
    • さぼりすぎ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月31日 19:43
    • ID:5PUSjb6q0
    • 俺は植田にMVP上げたい
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月31日 22:12
    • ID:Z3eDcYboO
    • 個人的MVPは久保か室屋
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年01月31日 23:57
    • ID:u2x1Rdgu0
    • 決勝で逆転したら急に時間稼ぎしまくった所は一番の成長だな
      日本代表があんなに上手く時間稼ぎするの初めて観たわ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ