Sponsored Link

岡崎慎司「献身的という褒め言葉ほど危険なものはない」

1
退場者が出ていなければ……。そう感じたサッカーファンは、少なくなかったはずだ。

2月14日に行なわれたアーセナル(3位)対レスター・シティ(1位)の頂上決戦。緊張感あふれる好ゲームになったが、54分に起きたDFダニー・シンプソン(レスター)の退場処分が転機となった。

それまでは、レスターが1-0でリード。しかし、シンプソンの退場から形勢が逆転し、防戦一方となったレスターは後半ロスタイムに逆転ゴールを許した。勝負の世界に「たら・れば」は禁物だが、主審が厳しい判定で2枚目の警告を出していなければ、結果はまた違っていたかもしれない。レスターにとっては悔やまれる退場処分――そして敗戦だった。

退場の影響を受けたのは、岡崎慎司も一緒である。ひとり少なくなったことで、戦術的理由から61分に交代。劇的な逆転弾を許しての敗戦について、「チームに響くと思うが……」と認めながらも、前向きに言葉をつないだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160217-00010003-sportiva-socc
「アーセナル、うまかったですね。そんなにシュートを打たずに、最後までつないでくる。」
1
「(次の試合まで)2週間空くので、忘れられると思う。もう1回、ここからスタートできる。ここで負けたのは、正直そんなに問題ではない。次(第27節・ノリッジ戦)の試合のほうが大事かなと。リバプール、マンチェスター・シティ、アーセナルとの3戦のどこかで、負けや引き分けがあると思っていた。この3試合で勝ち点5を取れればと考えていたけど、実際は6ポイント取れたんですから」

とはいえ、アーセナルのうまさと速さに舌を巻いたことも事実だった。

「アーセナル、うまかったですね。そんなにシュートを打たずに、最後までつないでくる。チェンバレンみたいに強引に仕掛けてくる奴がいれば、エジルみたいにフラフラしながらパスを出す選手もいる。バランスがいいですよね。総合的に見て、自分たちより上だった」

アーセナルの素早い攻めに押し込まれ、2トップの一角として先発した岡崎も、守備に回らざるを得ない場面が多かった。実際、岡崎の守備は効いていた。セントラルMFのアーロン・ラムジーにプレスバックしてボールを奪えば、サイドまで流れて敵のサイドバックにも寄せに行く。「強い相手になると、ボール回しがうまい。俺がドリンクウォーターやカンテのフォローに行くことで、ボールも取れていた」と岡崎が言うように、守備での貢献は光っていた。

だが、日本代表FWは昨年末から、「ゴール奪取」にプライオリティを置いている。この試合も、本人としてはゴールが欲しかった。一方で、プレスやチェイシングがチームを支えていたことも事実。プレーをゴールに傾けるのか、それとも守備を念頭に置くのか――。
このあたりのバランスの難しさについて、岡崎は次のように語る。
1
「守備? やることはやるんですけど、(あくまでも守備は)意識を持つだけですね。それだけで満足していたら、いつでも監督に代えられてしまう。献身的に動くのは生き抜くためには大事になるが、自分の武器ではない。武器にしてしまうと……献身的な動きは、やればみんなできてしまう。

ただ、『献身的』と言われるまでにハードワークをしないと試合に出られないから、自分はやっているだけです。海外でやってきて、『献身性』という言葉ほど、危険で甘いものはない(苦笑)。監督から、『お前いいぞ!』と言われていても、点が獲れてないと、何度も代えられてきたし。『あ、これは褒め言葉じゃない。危険信号』というか。俺はもっと違うところで認められないと。

俺の場合はゴール。結果で認めさせるしか、自分の立ち位置を変えることはできない。だから、今日みたいなビッグマッチでゴールを決めたかった。(リバプール、マンチェスター・C、アーセナルと続いた)この3試合、ずっとゴールを目指していた。獲れなかったら、試合に出られなくてもいい。まあ、よくはないんですが、そのぐらいの意気込みで試合に入った」

だが、結果を言えば、岡崎はシュートを打てなかった。「自分の欲しい場所にボールが欲しかった」と、試合展開の難しさを嘆(なげ)いたが、「ハイレベルになると、それを考える余裕もなくなってくるのは、まだまだ自分の実力不足」と、反省も口にした。強豪相手とのビッグマッチでは守勢に回ることが多いだけに、岡崎としては今後に向けて課題の残る一戦となった。

ただ、「守備は頭に入れていなくてもできるので、ほとんど攻撃のことしか考えていない」との言葉から、岡崎の頭のよさを改めて感じた。

自陣まで引いて味方をサポートするか、あるいは前からガツガツとプレスに行くか――。そのあたりの状況判断がいつも的確で、迷いや誤りが一切見られないからだ。試合と周囲の状況が、正確に見えている証拠だろう。報道によれば、日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督が「あれほどチームのために働くFWはいない」と語ったらしいが、アーセナル戦の岡崎は、まさにその言葉どおりの動きを見せていた。

だが、それだけで満足はしない。「ゴールを獲る部分で認められたい。ゴールを獲らなきゃ、もうひとつ上のレベルには行けない。そこに行きたいですね」と岡崎は語る。
1
前線からの守備は、できて当たり前。さらに、ゴールを挙げることで付加価値をつけていく――。岡崎慎司は、そんな青写真を描いている。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 19:45
    • ID:WvM11sfq0
    • >「守備は頭に入れていなくてもできるので、ほとんど攻撃のことしか考えていない」

      頭に守備がなくてあの守備ならかなりすごいと思うんだ
      今までの岡崎の言動から、攻撃に比重を置きすぎたら守備がおろそかになって持ち味を失って出られなくなるんじゃないかと心配していたが、杞憂だったようだ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 19:46
    • ID:WFDI0Js90
    • 献身性は努力と似てて、できる人はこんなの誰でもできると思ってるが実際できない人は一定数いる
      それはそれとして、献身性が危険で甘いという発想はなかったな
      献身性があるという評価は十割プラス要素だと思ってたけどその考え自体が甘かったのか
      目から鱗だった
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 19:52
    • ID:hScMNXgs0
    • 岡崎は「献身性の天才」なんだよ
      だから岡崎にとっては献身性頼り=才能に溺れてるだけってことなんだろう

      そこから止めどなく努力し続けるからこそ凄い
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 19:53
    • ID:gsZFUSyJ0
    • FW自身の目線で言えば点を取るとこをおろそかにして献身性で勝負するなんてのは論外だけど、外野からすれば勝ち点につなげられるプレーを最もしてくれる選手を評価するべきだと思う。
      FWにとってのそれは点を取ることであるのは間違いないが、11人で攻撃も守備もする現代サッカーでは点を取るのはFWだけの仕事ではなくなっている。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 19:54
    • ID:FnwyWXBX0
    • チームが勝ってるから点取らなくても評価されてる。
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:03
    • ID:QiUB.L6d0
    • 負ける様になると真っ先に代えられるからな
      他が点取ってくれるから守備と撹乱だけしてても評価してもらえるけど
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:05
    • ID:O.iJ5qa90
    • なんにせよ向上心の塊
      岡崎以上を狙うFWはもっと出てきてほしい
    • 8
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:09
    • ID:9SC.b.o50
    • まあFwなんだから点取らなきゃ不安になるのは当たり前だわな
    • 9
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:11
    • ID:584rWLzc0
    • なんだかんだFWはゴールが全てだしな。今はチームがうまく回って勝ってるからともかく悪循環に陥った時真っ先に評価落とすのは岡崎。
    • 10
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:12
    • ID:DDlHMx330
    • 岡崎が献身的なプレイヤーじゃなくなったらパンキナーロになるのは明白。そうならないように頑張ってほしい
    • 11
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:13
    • ID:QTskOzOO0
    • 献身性は危険というのはまさにその通り。fwは得点か大量のアシストをしない限り、いつ替えられても文句は言えない。
      攻撃参加できるcfみたいなもんで、あくまでオマケ程度だと理解しておく方がいい。
    • 12
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:21
    • ID:.mTYIKeb0
    • 岡崎がこの歳でも上手くなり続けてる理由はこういう現状に満足しない所に拠るものなんだろうなあ
      まだまだ化けてくれることに期待してる
    • 13
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:38
    • ID:d48qQkBT0
    • 点とるけど守備しない選手に文句言ってるやついるけど点決めれなくて守備評価されてるFWも同様に文句いわれるべき。
    • 14
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:44
    • ID:YWJyRzed0
    • 覚えたてでつかいたくて仕方ないんだろうけどさ
      パンキナーロて(笑)

      プレイヤーだったりパンキナーロだったり、英語なのかイタリア語なのかはっきりしろよ
    • 15
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:52
    • ID:.DAJYJSC0
    • サッカーの献身性って、人を褒めるときの「いい人」みたいなものか。
      具体的に褒める点がないときに使われる言葉と考えると確かに危険な言葉だ。
      岡崎さんって、何気に頭いいな。
    • 16
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:57
    • ID:dHfSzmFW0
    • 点捕れるチャンスに入れないから球も来ない。
    • 17
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 20:59
    • ID:DDlHMx330
    • ※14
      日本語のみで話すのは難しいから勘弁して。パンキナーロはただ皮肉で言ってるだけだから。
    • 18
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 21:02
    • ID:YWJyRzed0
    • ベンチ要員のほうがわかりやすいからいちいちパンキナーロなんて理解できない人がいるような用語をつかうなってことだ。日本語かどうかなんて関係ないよ?
    • 19
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 21:06
    • ID:DDlHMx330
    • ※18
      だから皮肉で言ってるって言ってんじゃん。それ以上の意味はない
    • 20
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 21:08
    • ID:rlmQgQRV0
    • 危険信号と表現するのはすごく参考になったわ
      岡崎っていつでも自分を客観的に見ていられるね
    • 21
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 21:08
    • ID:HIKPf4bl0
    • とにかくゴールしかないんだよ。
      岡崎のポジションは。
      いくらなんでも少な過ぎ。
      だから本人は頑張るんだろうけどな。
    • 22
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 21:11
    • ID:lNVS1P.60
    • たった昨日ハリルが岡崎の献身性を褒めてる記事を見たからワロタ
    • 23
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 21:27
    • ID:4EOkyKq1O
    • 嬉しいなぁ、ここまでゴールに執着出来る選手が日本から出るなんてね
      師匠系のFWを全否定するわけじゃないけど、FWはやっぱり決めてナンボだよ
    • 24
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 21:32
    • ID:Pja4LUqw0
    • 良い心構えだ
    • 25
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 21:47
    • ID:d91lt1cM0
    • ※24 本当にそうだね。
      中堅を目指す降格争いクラブに移籍したんだなって思ってたら、いつの間にか優勝争いクラブのレギュラーだし。
      でもとっても冷静で集中してるのを感じる。
    • 26
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 22:23
    • ID:tcfUAkjc0
    • 岡崎の凄いところっていまだにちょっとずつ巧くなってて成長してるとこだよな~
    • 27
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月17日 22:31
    • ID:glqjlBr40
    • 分かってるなら大丈夫だ。
    • 28
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月18日 03:23
    • ID:tnhqP7m40
    • ※19
      何に対する皮肉か意味が伝わらないのにお前何いってんの?
      パンキナーロとイタリア語にすることでどんな皮肉効果があるわけ?
    • 29
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月18日 12:29
    • ID:dTPzCopo0
    • ※5,6
      その通りだと思う。
      でも年末年始にヴァーディマレズの得点力が鈍った頃に岡崎の調子が上向いた感じがあった。
      本人は守備は無意識って言うけどそこはやはり2人を見て仕事の割合を加減してる気がする。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ