Sponsored Link

ケーヒルが日本と縁の深い杭州緑城に加入…5カ月の短期契約後は豪州に帰還か

1
2月16日に中国スーパーリーグ上海申花を退団したばかりのオーストラリア代表FWティム・ケーヒルが、同リーグの杭州緑城と5カ月の短期契約を交わしたと米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が伝えている。

現在36歳のケーヒルはプレミアリーグのエバートンなどでプレーし、オーストラリア代表でも長年にわたって活躍している。特に日本のファンにとっては苦い思い出のあるストライカーで、2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第1戦では、終了間際に奈落の底に突き落とされる2ゴールを奪われた。

そんなケーヒルは昨年2月、前所属のMLSニューヨーク・レッドブルズから上海申花に新天地を求めた。しかし中国“爆買い”ブームのご多分に漏れず、上海申花は今冬の移籍市場でコロンビア代表MFフレディ・グアリン、ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスらを獲得。グレゴリオ・マンサーノ監督の構想から外れたことによって、ケーヒルは在籍1年でチームを去ることになった。

その後、移籍先としてJクラブや韓国Kリーグからも声がかかっていたようだが、上海申花と同じ中国リーグの杭州緑城との契約が決まった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160222-00010017-soccermzw-socc
ケーヒルは自身の「インスタグラム」で契約成立の写真とともに、以下のコメントを残している。
「私はサッカーができる状況に戻れて非常にうれしい。杭州緑城とは5カ月の契約をした。これによって将来は明るくなり、私のエナジーをすべてこのクラブとサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)に注ぎ込める」

ケーヒルが5カ月という短期契約を結んだ理由には、故郷のオーストラリアAリーグ移籍を見越した部分もあるようだ。Aリーグはヨーロッパと同じ秋春制で、10月に開幕を迎える。一方でオーストラリア代表は3月にW杯アジア2次予選、タジキスタン戦とヨルダン戦を控えているため、試合勘を鈍らせたくない思いが強いのだろう。
1
杭州緑城は12、13年に岡田武史氏、15年にはフィリップ・トルシエ氏とふたりの元日本代表監督が指揮を執り、今年は元韓国代表監督でJリーグでのプレー経験もあるホン・ミョンボ氏が監督を務める。日本に縁のある指導者が招かれるクラブで、“日本代表キラー”は短期間のうちに結果を残せるだろうか。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月23日 18:33
    • ID:r0ejMHxM0
    • 中国クラブにいい選手が集まってきて、日韓のクラブにとって厳しい状況なのは事実、でも絶対勝てないほどの力の差はまだないはず。勝てる。日韓のクラブがACLで中国クラブ相手に勝ち進んだときに「ざまぁぁぁぁぁぁぁぁwwwww」してやるのが楽しみすぎる「お金かけて勝てないクラブ作るのか世界のトレンドですかぁぁぁ?wwwww」ってやりたいぃぃ!
      日韓クラブまじで応援してる
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月25日 16:37
    • ID:uxrgqYbj0
    • 「ぁぁぁぁぁぁぁぁwwwww」とか「いぃぃ」とか、いい大人が使ってると思うと泣ける。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ