Sponsored Link

先発の乾は2戦連続弾ならず…エイバル、下位ラス・パルマスに屈し2連敗

2
リーガ・エスパニョーラ第26節が26日に行われ、MF乾貴士が所属するエイバルとラス・パルマスが対戦した。

前節セルタに敗れて7位に順位を落としたエイバルは、ホームでの一戦で白星を取り戻したいところ。セルタ戦で今シーズン3ゴール目をマークした乾は左MFで3試合連続の先発出場を果たし、2戦連続の得点に期待がかかる。一方、18位に沈むラス・パルマスは残留に向けて敵地で勝ち点奪取を目指す。

【スコア】
エイバル 0-1 ラス・パルマス
【得点者】
0-1 45+1分 ペドロ・ビガス(ラス・パルマス)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160227-00405610-soccerk-socc
激しい雨が降りしきる中キックオフを迎えた試合は、互いになかなかチャンスが作れない展開が続く。
2
ラス・パルマスが最初の決定機を迎えたのは20分。ショートカウンターで左サイドの裏へ抜け出したワカソ・ムバラクがエリア内左から左足で狙うと、グラウンダーのシュートは枠の右を捉えたが、GKアシエル・リエスゴが好セーブで凌いだ。続く23分には、左CKにアイタミ・アルティレスが頭で合わせたが、ここもGKに阻まれた。

エイバルは攻撃が中途半端に終わり、カウンターからピンチを迎える場面が目立つ。45分にも自陣でボールを奪ったラス・パルマスが速攻を仕掛け、ジョナタン・ビエラとナビル・エル・ザールがミドルシュートで立て続けにゴールを脅かす。すると前半アディショナルタイム1分、この流れで得た右CKにペドロ・ビガスがヘディングで合わせ、ラス・パルマスが1点を先制して前半を折り返す。

同点を目指すエイバルは後半立ち上がりの50分、右サイドからのアーリークロスがゴール前に入ると、ボルハ・バストンがDFを背負いながら右足ボレーで合わせたが、ここはGKの正面に飛んだ。決定機が作り出せないエイバルは67分、乾に代えてサウール・ベルホンを投入した。

77分にはセルジ・エンリクとの交代でイゼト・ハイロヴィッチをピッチへ送り出したエイバルだが、大雨の影響で悪化したピッチコンディションにも苦しみ、シュートまで持ち込むことができない。ラス・パルマスも追加点こそ奪うことはできなかったが、ボールをつないで残り時間を消化すると、試合はこのまま1-0で終了。エイバルは連敗を喫し、ラス・パルマスは敵地で貴重な勝ち点3を獲得した。なお、乾は67分までプレーした。
次節、エイバルは3月2日に敵地でセビージャと、ラス・パルマスは同1日にホームでヘタフェと対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月27日 09:16
    • ID:hNdLoFim0
    • 降格争いのチームにホームで負けとか情けねぇな
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月27日 09:44
    • ID:pn1e66800
    • ※1
      そもそもエイバルはその降格圏にいるようなクラブだからな。今シーズン勝ってはいるが戦力的には最下位レベルだよ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年02月27日 11:13
    • ID:mQoYDStc0
    • まぁ連続ゴールはキツイわな
      一年目なのによくやってるわ
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ