Sponsored Link

チェルシーのトップ4浮上は絶望的と認めるヒディンク「ほとんど不可能なこと」

1
[3.5 プレミアリーグ第29節 チェルシー1-1ストーク・シティ]

5日に行われたプレミアリーグ第29節の試合で、チェルシーはホームにストーク・シティを迎えて1-1のドローに終わった。フース・ヒディンク監督は、来季チャンピオンズリーグ(CL)に出場できる4位以内への浮上がほぼ絶望的になったと認めている。

前半にMFベルトラン・トラオレのゴールで先制したチェルシーだが、85分に同点ゴールを許してしまい、逃げきれずドロー。ヒディンク監督就任以来の国内での無敗は継続したが、CL出場権は遠ざかる結果となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160306-00000015-goal-socc
1試合を多く残す4位マンチェスター・シティとの差が10ポイントに開いた状況について、ヒディンク監督は試合後の会見で次のように話している。
1
「(4位以内は)確かに難しい。ほとんど不可能なことだ。ほかのチームも狙っているわけだからね。今日のウェスト・ハムの結果を見てもそうだ」

「とにかくすべての試合に勝つしかない。だが一方で、我々が12月の時点でどういう位置からスタートしたのかも分かっている。その時点では降格圏と1ポイント差だったよ」

後半にMFオスカルがDFマルク・ムニエサに倒された場面でPKが取られなかったことには指揮官は不満を訴えた。

「試合のキーとなった場面が1つあったと思う。オスカルにPKが与えられなかったことだ。私はめったにこういうことを言わないが、どう見ても明らかなPKだったよ」

「もしエリア外だったというのなら、FKが与えられるべきだっただろう。だがそのままプレーが流されてしまった」
チェルシーの連勝記録は3でストップしたが、無敗記録は13(6勝7分)と継続している。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ