Sponsored Link

リヴァプール移籍が噂のゲッツェ「クロップとはメッセージを送り合っているが…」

1
バイエルン・ミュンヘンMFマリオ・ゲッツェは、ボルシア・ドルトムント時代の恩師であるユルゲン・クロップ現リヴァプール監督と連絡を取り合っていると認めつつ、「特別な話はしていない」と強調している。

昨年10月、ドイツ代表の試合で内転筋の損傷を負ったゲッツェは、12日に行われたブンデスリーガ第26節、ブレーメン戦で54分までプレー。この一戦でついに念願の実戦復帰を果たした。ドイツ『ZDF』のインタビューで、次のように喜びを語っている。

「最高な気分さ。誰でもそうだけど、こんなに長い間離脱すれば、また戻ってプレーすることができて、フィットネスも回復していくのは素晴らしいね。またプレーできたことを喜んでいるし、ブレーメンに大勝できたこともうれしいよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160315-00000029-goal-socc
ブレーメン戦以前の5試合ですでにベンチ入りしていたゲッツェだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督は起用を見送っていた。
1
「僕の負傷の場合、リハビリも長かったし、複雑だったんだ。だから楽な状況ではなかった。(監督が起用しなかったことは)もちろん長い期間だったので理解している。だけど、やはりサッカー選手である以上、2、3分でもプレーできたらという気持ちもあったね」

夏からバイエルンを率いることになるカルロ・アンチェロッティ氏とは、まだ話をしてはいないという。同氏と話し合う必要について問われると「今大事なのは、プレーして良い状態でいること」とコメント。「それ以外のことはいずれ分かるだろうね」と焦らない様子を見せた。

イギリスメディアでは、リヴァプールがゲッツェの獲得に乗り出す可能性が報じられている。だが本人によれば、具体的な動きはないようだ。リヴァプールを率いるクロップ監督と最近話したかと聞かれると、このように返している。

「時々メッセージを送り合ったりしている。ドルトムントでは僕の監督だったんだから当然のことだよ。だけど特別な話はしていないね。リヴァプールに来るように誘われたかって? それはないよ」
1
2013年にドルトムントからバイエルンに加入したゲッツェだが、同クラブではあまり本領を発揮できずにいる。来季は心機一転、新たな挑戦に臨むことになるのだろうか。今後の展開に注目したい。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月16日 06:22
    • ID:IgHK88BM0
    • 連絡とるだけならグロクロさんも取ってるらしいからな…
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月16日 08:31
    • ID:DGwlwvND0
    • 股関節やってるゲッツェが荒い&日程キツいプレミアでやっていけるとは思えない
      環境でいえば比較的クリーンなブンデスで医療設備良好のバイエルンほどゲッツェに合ってるクラブはない
      が、そこで定位置を確保できないならそこまでの選手だなぁ
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月16日 09:10
    • ID:7GeLBF1P0
    • コイツは出戻り不可能な選手だからなwww
      バイエルン追出されるとかざまぁwww

      せいぜいプレミアで頑張れ

    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月16日 17:35
    • ID:DoOs4eIj0
    • お前の移籍は忘れない
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月17日 00:07
    • ID:mj.ABHuG0
    • こいつドイツのHEROだし、ドルファン以外は再起を願ってる
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ