Sponsored Link

アニメとアトムがつないだ日本との縁…J入りを熱望するエムボマのいとこ

1
ギー・ムッシーという選手は、日本でほとんど無名の存在だ。だが、突如来日し、本人はJリーグ入りを熱望している。

かつてG大阪で活躍したパトリック・エムボマのいとこでもあるこの選手は、なぜ日本に興味を抱いたのだろうか?

http://news.livedoor.com/article/detail/11312984/
超日本好き、“アトム”がつないだ縁
1
―ギー選手はフランスでプロデビューしたあと、イングランドへ渡りました。現在はフリーとのことですが、日本との接点はどこで?

「とてもシンプルだ。昨年1年間HJKヘルシンキでプレーし、アトム(田中亜土夢)と出会ったからさ。それまでJリーグのことはあまり知らなかったんだけど、アトムや(ハーフナー・)マイクは遠征などでホテルにいるとき、いつもiPadでJリーグを見ているんだよ。それを見せてもらったとき、スタジアムが満員で素晴らしい雰囲気だし、たくさんの人が試合を楽しんでいた。

 日本人選手のレベルも高かった。僕はプロになる前、アトムたちと出会う前にもル・マンにいた松井大輔がトリッキーで好きだった。それに名前は忘れてしまったけど、2008年に日本人がアンジェに1週間ほどトライアル(編注:1年半後にアンジェと契約した鈴木規郎のことと思われる。現在はフィリピンでプレー)を受けにきたこともある。その彼は契約に至らなかったんだけど、すごくうまかった。

 イングランドでもレスター時代のアベ(阿部勇樹)と対戦したことを覚えている。そうやって何人かの日本人選手と接することで日本の文化も好きになって、言葉を勉強してみたいと思うようになった」

―ヨーロッパにいながら日本語の勉強をするのは難しいのでは?

「そうでもない。勉強を始めたら日本人の友達を作るんだ。すると彼らは僕に『Jリーグでプレーすべき』と言ってくれるんだよ」

―その友人が田中選手だったということですね。

「親友でもあるアトムは何とか日本の言葉を教えようとしてくれた。僕が『NARUTO』や『BLEACH』、『ワンパンマン』のアニメを見ていたからね。すでにちょっとした単語は知っていたんだけど、より多くのことを学んだ。アニメをきっかけに日本の文化を好きになったし、リスペクトするようになったしね。

 それに実はコンディションの維持に努めながら昨年の12月にパリで日本語を習っていたんだ。週3回のペースで通っていた。レッスンが終わったあとすぐに習った言葉を使ってアトムにメッセージを送りまくっていたよ(笑)」

―現在はフリーですが、Jリーグでプレーすることも視野に入れていますか?

「もちろん! そのチャンスがあれば本当に嬉しい。日本の文化に直接触れられるし、高いレベルでサッカーができるのは素晴らしいことだね。Jリーグではただプレーするだけになりたくない。僕の愛する日本文化とプレーする喜びをミックスできると信じている」

―田中選手からJリーグについてどんなことを聞いていますか?

「優れたチームや選手たちがいて、スタジアムの雰囲気も最高だということ。アトムはJリーグの魅力を僕に教えようとしてくれたわけじゃなかった。彼が見ているものを僕がいつも一緒に見ていた感じかな。

 それで僕もゴールハイライトを見ていたんだけど、ファンの人たちがビッグフラッグを振っているよね。それに日本のファンは世界中で自分のチームを応援する。ヘルシンキにも来ていた。それで日本のファンはみんなフットボールを愛していると知れたんだ」

―ご家族も日本に縁があるそうですね。

「実は僕、パトリック・エムボマのいとこなんだよ。彼がJリーグでプレーしていて、日本でレジェンドになっていることも知っていた。彼とも話したんだけど、日本のことを本当に愛しているんだよね。いまエムボマは指導者になっていて、Jリーグで監督をやりたがっているんだと思う」

―エムボマからは日本についてどんなことを聞きましたか?

「彼はガンバ大阪でプレーしていたよね。タイトルも獲得して、いくつも美しいゴールを決めていた。クラブのレジェンドだということも聞いた。彼からではないんだけど、ヘルシンキにいた時『BBC』で1人の日本人選手を取り上げていたんだ。

 もうすぐ50歳でJ2でプレーしているというストライカー……そう、カズだ。昨シーズンは48歳でゴールを決めたそうだね。エムボマより年上だし、興味をそそられた。すぐにPCを開いていろいろ調べたよ。彼は日本のレジェンドで、本当に尊敬されている選手だとわかった。

 ジュビロ磐田にいるジェイ・ボスロイドとも話した。彼とはイングランドで何回も対戦したことがあって、最近もどうしているか追っていた。直接チャットしたけど、彼は日本についてたくさんポジティブなことを言っていたし、大好きみたいだね」

―Jリーグを2試合スタジアムで観戦しました。実際に生で見た日本のサッカーはどうでしたか?

「とても大きなスタジアムだった! イングランドのスタジアムは小さくてサポーターとの距離が近く、うるさいんだ。FC東京のスタジアムはとても美しかった。イングランドとの違いは陸上トラックの有無だよね。

 向こうだとサポーターがすごく近いから何を言っているか聞こえるんだ。そういえばFC東京のサポーターは『You'll never walk alone』を歌っていたね。浦和レッズのスタジアムも素晴らしい雰囲気で、ビッグフラッグも迫力があった」

―ピッチ内のフットボールにどのような印象を受けましたか?

「FC東京対ヴィッセル神戸はとてもタイトな試合だった。僕は浦和レッズ対アビスパ福岡がよかったと思う。浦和はとても攻撃的で感銘を受けた。コンビネーションの質が高くて、激しいプレッシングを組み合わせながら試合を通じてうまくボールをキープしていたと思う」

―2試合を見て印象に残った選手はいましたか?

「浦和のウィンガーを務めていた24番(関根貴大)。ワンタッチでストライカーにボールを届け、ゴールに繋げた。スピードがあってクレバーだと思う。2ゴールを決めた30番(興梠慎三)も好きだ。彼は動きの質が高く、いつもいいスペースに走っていた。DFは対応に苦労したんじゃないかな。

 もちろんキャプテンのアベもよかったね。あまりきついプレッシャーを受けていなかったから浦和のDFとアベにとっては簡単なゲームだったかもしれないけど、逆に彼らは相手に対し厳しくプレスをかけていた。あと10番(柏木陽介)も印象的だった。いいプレービジョンを持っている」

―もしJリーグに移籍したらどんなプレーを見せられるでしょうか?

「僕はこれまでたくさんの国でプレーしてきた。日本のスタイルに似たフランスで育ち、イングランドやフィンランドへ行って異なるスタイルとメンタリティを身につけた。イングランドでは6年間で9人の監督の下でプレーした。彼らは僕に対してボックス・トゥ・ボックスのスタイルでプレーすることを求めた。

 その中で最も得意なのは4バックの前でプレスをかける役割だね。もし僕が浦和と対戦したらちょっとフラストレーションを感じる。福岡の選手たちはボールに対して行きすぎていた。時には後ろに引くことも必要だ。

 浦和の選手がヘディングしたところにプレスをかけなければいけなかった。たとえばバルセロナ相手にプレーしたらどんなチームでも引いて構えるだろう。でも、そういうチームとの試合は必ずある。相手を支配するタイプのチームにはスペースを与えてはならないんだ」

―相手のタイプによって戦い方を変えられないことが日本サッカーの弱点ということでしょうか?

「そうではないと思う。2試合だけしか見ずに決めるのは難しい。開幕から3試合だとチームは勢いに乗ろうとしているタイミングだし、それにはさらに時間が必要な場合もある。浦和は福岡よりずっといいチームだったけど、1ヶ月も経てば福岡はもっと良くなるさ。

 実は弱点を見つけるのは簡単なんだ。でも選手たちが最適なポイントを見つけ出し、ベストを尽くせば弱点はカバーできる。Jリーグはとてもレベルが高いと思う。優れた選手たちで、彼らは皆頭がいい。日本の選手たちは数年も経てば世界でもっと知られた存在になるだろうね」

―最近はヨーロッパで活躍する日本人選手が増えてきました。

「アトムの例を挙げると、彼はヘルシンキで非常にクレバーなプレーを見せていた。でも順応までに少し時間が必要だった。僕は彼をハリルホジッチ監督に推薦したい。ヨーロッパの多くの人々は日本人選手が非常に優れていることを知らない。

 ハリルホジッチ監督が日本人選手の魅力をヨーロッパに伝えれば、もっと多くの選手がより高いレベルのリーグでプレーできるんじゃないかな。もちろんすでに岡崎や吉田がプレミアリーグで活躍していて、本田や長友はセリエAに、ドイツやオランダにも多くの選手がいるよね。

 ひとつ課題を挙げるとすれば、ヨーロッパのいくつかの国では労働ビザを取得するのが大変なこと。イングランドでは代表チームでの実績がなければプレーできないよね。それが移籍を難しくしている。

 フランス人選手はヨーロッパなら労働許可証を申請する必要はないからどこにでもいるだろう? 日本人は非常に優れているけど、機会がないだけさ。アトムだって代表での実績さえあればイングランドでも十分に通用する」

―フィンランドではハーフナー選手とも一緒にプレーしていました。

「マイクとは6ヶ月間しかプレーできなかったけど、彼とは日本語でしゃべったり、動画を撮ったり、日本語で歌ったり……エキサイティングないい関係だったね。弟がいることも知っているよ。たしかDFでマイクより背が高くて、いまはオーストリアでプレーしているんだよね(編注:SVホルン所属)。

 そういえばマイクに会いに来た日本人サポーターが、僕が『NARUTO』好きなことを知っていてフィンランドまで雑誌を持ってきてくれた! 日本に来てから渋谷で再会したけど、こういう出会いって本当に素晴らしいよね」

―最後に、ギー選手は日本でどんなことを成し遂げたいですか?

「僕は『競争者』だ。日本で優れた選手だということを示したい。ただ日本にいるだけではなく、ハードワークしてJリーグ最高の選手と言われるようになりたいね」
ギー・ムッシー(Guy Moussi)1985年1月23日生まれ、31歳。2004年にアンジェ(当時仏2部)でプロデビューし、ノッティンガム・フォレストやミルウォール、バーミンガム(いずれも英2部)で実績を積む。2015年はHJKヘルシンキで田中亜土夢やハーフナー・マイクとともにプレーしCL・EL予選を経験。187cm82kgの体躯を生かした守備が持ち味のMFで、好きなものは日本のアニメやマンガ。『BLEACH』の更木剣八がお気に入り。ツイッターは@Guy_Moussi

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 12:49
    • ID:jVWL9SuO0
    • 鉄腕かと思ったわ
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 12:55
    • ID:KvQV4gwI0
    • 俺もだ。ナルトは好きになってもアトム繋がりでアトムを好きにはならなかったのかなw

      本当に日本に関わる知り合い積極的にコミュニケーションをとってるんだね。日本を好きになってくれたのは嬉しいことだと思う。ただ、今フリーってことはフィンランドで契約延長までもっていけなかったってことだよな。それが気になる。どれくらいのレベルの選手なのか…
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 13:00
    • ID:F8QhPrF50
    • 勉強してるな
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 13:33
    • ID:3VEykM3S0
    • おお、松井大輔を…それは嬉しいな。
    • 5
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 13:34
    • ID:jf.CbHwz0
    • 「アンジェに来た日本人」は「すごくうまかった」んでしょ?
      本当に鈴木規郎かねえ?
    • 6
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 14:11
    • ID:LlkKxHVb0
    • Jに来てほしいね
    • 7
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 14:35
    • ID:R8WBFqj.0
    • 日本詳しすぎだろこの人w
    • 8
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 14:51
    • ID:0gRlEw640
    • サイズあるボランチだし(というかアンカー寄りか)j2辺りで見てみたい
      でも動画だと裁けるというか打開しようとするタイプぽイから
      1ボランチだと奪われてカウンターの餌食になりそう 
      なんにせよ運動量さえあれば面白いと思う
    • 9
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 15:07
    • ID:xEOLpvLM0
    • アニオタが日本まで来たのかと思ったけど日本人選手にかなり詳しくてワロタw
      年齢がネックだが日本語を習得してきてるのはデカイべ、あとは運動量さえ衰えてなければな
      Jも外国人枠があるし基本的に求められる役割が得点力のFWオンリーだからそこはJ1は厳しいかな
      けどJ2でセレッソとかエスパルスあたりに入れれば昇格してJ1でプレーも出来るかもしれない
      外国人ボランチってかなり珍しいからどっか取って試して欲しいね。新しい開拓になるかもしれん
    • 10
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 15:15
    • ID:S4ItQYUO0
    • 分析力に優れた頭のいい人だね。
    • 11
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 16:06
    • ID:RhD2okv00
    • これはガチだな
      あ言葉の壁がないなら意思疏通には困らなそうだし、Jに対してリスペクトしているなら、新たに学ぶって言うことに抵抗は無いだろう
      値段次第だけどなかなか良さげじゃないかな
    • 12
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 16:59
    • ID:ugNTTAHv0
    • ファジアーノにこないかね
    • 13
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 17:46
    • ID:mRm4CT840
    • へー
      こんな選手がいたのか
      フリーみたいだし、欧州でもプレー経験あるならいきなりJ1は難しいかもしれんが
      J2のクラブとか取って見る価値はあるんじゃないかな?
      もしかしたら凄い掘り出し物かもしれないし
      頭良さそうだし、日本に対してリスペクトのある選手って成功率高い気がするんだよね
    • 14
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 18:02
    • ID:lMtdwBVd0
    • アトムって鉄腕かと思ったわ、日本好きって書いてあるし
      苦しい時の振る舞い、お金次第ではJリーグも可能じゃないかね
    • 15
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 18:32
    • ID:KvQV4gwI0
    • まて、ワンパンマンそんなに有名なのか
    • 16
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 19:00
    • ID:DpcCmGAK0
    • 日本人選手世界中で色んなつながりがあるんだな
      他意は無いけど韓国選手だらけにはちょっとあきてるんだよね
      やっぱり珍しい国の選手が見たい
    • 17
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 19:02
    • ID:1V.05GW70
    • イングランド2部で実績ある選手ってだいたい活躍するよね
    • 18
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 19:33
    • ID:Z1oZ.CYV0
    • 頭よすぎ
    • 19
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月19日 22:56
    • ID:R5eU4TS20
    • 31だからまだまだいけるだろ、どっか契約しよう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ