Sponsored Link

浦和、李&興梠弾で2連勝!湘南はルーキー神谷がデビューも4戦未勝利

1
[3.20 J1第1ステージ第4節 湘南0-2浦和 BMWス]

浦和レッズはアウェーで湘南ベルマーレに2-0で快勝し、2連勝を飾った。16日のACL広州恒大戦(2-2)から中3日の厳しい日程だったが、リーグ戦は前節・福岡戦(2-0)に続いて2試合連続の完封勝利。3勝1敗の勝ち点9で2位をキープし、首位・川崎Fを勝ち点1差で追っている。

【スコア】
湘南ベルマーレ 0-2 浦和レッズ
【得点者】
0-1 41分 李忠成(浦和レッズ)
0-2 55分 興梠慎三(浦和レッズ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160320-01625615-gekisaka-socc
浦和、リーグ戦2連勝…敗れた湘南は開幕から4戦勝ちなし
2
DF遠藤航の古巣戦となった一戦は浦和が序盤から試合の主導権を握る。すると前半41分、相手陣内でMF柏木陽介が湘南のパスをインターセプト。中央のMF李忠成に預け、李はPA手前から思い切りよく左足を振り抜いた。これがDFアンドレ・バイアに当たってコースが変わり、ゴールマウスに吸い込まれた。

李の今季初ゴールで前半を1点リードで折り返すと、後半10分には中央から鮮やかに崩して追加点を奪った。MF宇賀神友弥の縦パスをMF武藤雄樹がヒールで流し、FW興梠慎三から柏木へ。PA内でキープした柏木の背後から右へ回り込んだ興梠が柏木からリターンパスを受け、右足でシュート。きっちりとゴール左へ流し込み、2戦連発の今季3ゴール目となった。

2-0とリードを広げた浦和はその後も中盤を支配し、試合を優位に運ぶ。湘南は後半25分にFW端戸仁とMF石川俊輝を同時投入。何とか反撃の糸口を探るが、なかなか決定機をつくれない。後半37分からはFW藤田祥史に代えてFW神谷優太を投入。青森山田高から今季入団したルーキーがJリーグデビューを果たした。

神谷は後半44分、FW下田北斗からパスを受け、PA手前からDF2人の間を通す右足ミドルを打ったが、GK西川周作が横っ飛びでセーブ。18歳の高卒ルーキーが積極的なプレーを見せたが、試合はそのまま0-2で敗れ、開幕4戦未勝利(2分2敗)となった。
次節、湘南は4月2日にヴィッセル神戸と、浦和は同1日にヴァンフォーレ甲府とそれぞれホームで対戦する。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月20日 19:38
    • ID:pCL0rrvX0
    • オウンゴールじゃね
    • 2
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月20日 20:16
    • ID:INKwZ3wv0
    • 弓矢ポーズに粘着広島サポが大量発生wwww
    • 3
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月20日 20:26
    • ID:3fOq.hwG0
    • 広島といえばジャガーポーズ
    • 4
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年03月20日 22:28
    • ID:95tA8t1b0
    • コオロキを代表呼ばないとかあり得ないだろ
      そして選ばれたのはハーフナー(笑)
      マジでハリル大丈夫なのだろうか
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ