Sponsored Link

ボルシアMG、シューベルト監督を解任…昨季奇跡の巻き返しに成功も今季は成績不振に

1
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)は21日、アンドレ・シューベルト監督(45)を解任したことを発表した。前日に行われたブンデスリーガ第16節のヴォルフスブルク戦を1-2で落としたことが決定打となったようだ。

2015年夏にU-23チームの監督としてボルシアMGに加わったシューベルト監督は、昨年夏にルシアン・ファブレ監督(現ニース)の後任としてトップチームの指揮を引き継いだ。当時、シーズン開幕5連敗で最下位に陥っていたチームを見事に立て直し、昨シーズンを4位の順位で終えている。

http://news.livedoor.com/article/detail/12448314/
昨季4位で出場権を獲得した欧州CLでも1次リーグ3位で敗退
2
だが2016-17シーズン、ボルシアMGはブンデスリーガで第16節消化時点4勝4分け8敗で14位と低迷している。バルセロナやマンチェスター・シティと同組だったチャンピオンズリーグのグループステージではセルティック戦での1勝にとどまり、インパクトを残せないままヨーロッパリーグに回ることになった。

マックス・エーベルSD(スポーツディレクター)はボルシアMGの公式ウェブサイトでシューベルト監督に感謝を告げつつ、「さまざまな要因により、我々の発展が失速し、後半戦の挑戦に向けてほかの監督とともに再スタートを切る決断を下した」と説明。シューベルト監督自身も「外からの新たな刺激が正しい処置になるかもしれない」と認めたうえで、感謝のコメントを残している。
1
なおシューベルト監督は今シーズンのブンデスリーガ1部のクラブで解任となった7人目の指揮官とのこと。後任人事については、ドイツメディアによると、ボルシアMGはこの秋にヴォルフスブルクで解任を言い渡されたディーター・ヘキング氏とすでに接触したという。

コメント一覧

    • 1
    • Posted by
    • 名無し△
    • 2016年12月22日 02:18
    • ID:S3Fue3cV0
    • 後任がヘッキングって笑
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
最新記事
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
おすすめRSS
ページアップ